※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ

ポケモン界とはポケモンたちだけで住んでいる世界。しかし例外なこともありますが・・・
そしてポケモン界とは違う人間界。そこに1人の少年がいた。その人の名は室崎 剛毅。ニックネーム「ゴウキ」。
あの人は成績優秀でスポーツ万能である。そこにゴウキと並ぼうとする少年がいた。
その人の名前は南 善樹。ニックネーム「ヨシキ」
その少年は元不良であって1年半まで不良であった。しかし2年の前期のテストで運命は変わったのである
善樹は普通通りの低い点であったが何か人が剛毅に集まっていたのだ
それは剛毅の点数はすべての教科全部100点だったこと。そして善樹はこう思った
「(これじゃ誰にも自慢できない・・・・くっそー室崎めー)」
そして善樹は出て行ったのである
「なんなんだーあの人は・・・・」
そして善樹は家に入ったとたん自分の部屋を閉じこもって必死に勉強したのである。そして連絡もせず・・
それから後期前半のテストの日また善樹が登校してきました。しかし前期とはまったく悪い気配は無いようだ
そしてテスト終わって返したとき剛毅はいつものどおり全教科100点、善樹は・・・なんと
剛毅と同じ全教科100点である皆はビックリしたのである。すると善樹はこう言ったのである
「家庭教師という教師を助けにこんなに点取れた。なぜならお前を越すためにな」
 そしてこういって2人は3年生になった。その年は試験戦争のまった中である
善樹は遊びよりも勉強の時間を広げて勉強していて剛毅はいつもより必死に勉強していた
しかし剛毅はその日の夜悲劇は起こった
その夜、夜中3時、剛毅は寝ていた。すると誰かの声がしたのである
「(誰か助けて・・・・何者かに追われているんだ・・・・)」
すると剛毅は起き上がった。しかしあんまり正気ではないようだ
「誰かが呼ばれている・・・・・助けに行かなければ・・・」
すると行ったところはベランダである。そして下を見渡したとたん落ちた。すると正気に戻ったのである
「あれ、僕はいったい・・・ってうわあああああ」
すると不思議な力で衝撃をやらわげ、そしてたたき落とした
ドン
「(まさか死んだのかな)」
「誰か血まみれの倒れているぞ。まだ息はある。しかし危険な状態だ。誰か救急車呼んでくれ」
「(まだ生きているんだ。しかし危険な状態だな)」
「救急車来たぞ。早く運ぶんだ」「大丈夫なのこの人」「この子は完全に意識が無い早く応急処置しなければ」
「(早くしないとやばいよ・・・ってあれ?皆の声が聞こえなくなった・・・死ぬのは嫌だぞーーー)」
そして剛毅が聞こえる声が聞こえなくなった。果たして運命は・・・・
そのころポケモン界の未来では・・・
「さあお前は死刑するんだ。もう希望は無いさ」
「だまれ!ヨノワール。俺の希望の人はもう届いたさ。だから、うおおおおお」
リーフブレードで縄を解いた
「何!」
「じゃあな。お前がしばいた縄は簡単に取れたよ」
「なんだとー。待てージュプトル」
「待てるかよ。それじゃ」
ジュプトルは次元ホールへ入ったのである 
「くそっ」
「早く現代に来てくれ。ゴウキ」
何故ジュプトルが剛毅を知っているのか。そしてポケモン界の異変とは・・・

第1話「探検隊での初めての冒険」

ここはポケモンの世界。そこはポケモンがいっぱいいて自然豊かな世界である
しかしその日は大変な大嵐が起こって皆は避難していた
大嵐を起こったその雷でなにやら出てきた
「う・・・一体ここは・・・・・何なんだ・・・・」
そして倒れてしまった。倒れたポケモンはポッチャマだったってこと
その翌日、大嵐はまるく収まって晴れた朝、探検隊本部ギルドの前にいたのはナエトルであった
「今日こそ探検隊に入るぞ。・・・ってあんまり自信がないよ・・・」
そして扉の前に行くと・・・
「侵入者発見。侵入者発見。足形はナエトル、ナエトル」
ナエトルは驚いた
「うわあああ。やっぱ探検隊になれる勇気ないよ」
するとナエトルは何か出してきた
「これは僕にとって大切で珍しい宝なのに見せられないって、ちょっと残念だな」
そしてナエトルはギルドを後にした。すると悪いポケモンが現れた
「うひひひひ。みてよ。あれはめっちゃ売れるぜ。な、ドガース」
「確かにあれは珍しいぜ。ズバット、あの宝は取りますか?」
「いいねえ~とりましょう」
そのころナエトルは海に来て眺めていた
「やっぱりこの空はいいねぇ~。僕が勇気が出ないときはこの海を眺めるのが1番だ」
ナエトルは左を見ると何か倒れたポケモンの姿が
 「誰か倒れている。大丈夫か」
ナエトルはポッチャマを揺らした
「本当に死んでいるの、大丈夫か」
するとポッチャマが起き上がった
「う・・・・うう」
「たすかったー。もう死んでいるかとおもった」
するとポッチャマは驚いた
「ポ・・・ポケモンが・・・しゃべっている」
ナエトルは普通に言った
「大丈夫なのか。しかも見かけないポケモンだな」
「実は僕は・・・・」
ナエトルは思いかけないほど驚いた
「えー人間なの」
「うん。しかし人間だったころベランダに落ちたころしか覚えていない」
「そうなんだーでもでもキミポッチャマだよ。最近悪いポケモンが増えているからなー。」
「えええ」
ポッチャマは全面調べた
「本当にポッチャマになっている」
「大丈夫なの?」
「・・・・・・どうしよう・・・・・」
「それじゃ僕と探検隊やらないか」
 「探検隊?・・・・」
「探検隊本部ギルドに言って修行させるのさ」
「そういうものなのか・・・・」
「あっそうだ。キミの名前は何ですか」
「僕の名前はゴウキ」
「ゴウキというのか。かっこいい名前だね。それじゃ」
すると横から誰か当たってきた
ドン
「おっとすまんよ」
すると宝が出てきた
「おっと落としてしまった」
「待って」
「何だねきみは」
「それは僕のものだ!返して」
「ふーんキミのだったんだでもキミは弱虫だよね」
「そ・・・・それは・・・・」
「取り返してみたければ取り返してみろ。じゃあな」
そしてあの2匹はどっかへ行ったのである
「ゴウキ。ひとつ頼みたいことがある」
「なんですか」
「僕が大切にしている宝物取り返したいから僕と組んでくれる?」
「別にいいよ」
「ありがとう。それじゃ取り返しに行こう」
行ってから数分後奥地にて
「やっぱり来ないね」 
「逃げただろ。弱虫だから」
すると誰から大きな声が出た
「来たぞー」
「やっと来たか。それじゃこの宝を取り返したければ戦って倒すがいい」
「おう」
「つばさでうつ」
そしてナエトルとゴウキが吹き飛ばされた
「うわああああ」
「やっぱり弱虫だなはははは」
「うううう」
「(ナエトルが落ち込んでいる何とか何とか・・・・)」
するとゴウキの体に異変が・・・
「な・・・・・・・」
「ポ・・・ポヂャ」
ドーン
「ぐああああ」
ドガースがやられてしまった
「なんという力だ」
「ゴ・・・・ゴウキ・・・・」
「ポ・・・ポヂャ」
ドーン
「ぐはっ」
「くそ今日はこれぐらいにしたるからなあばよ」
そして宝が落としたのである
「ふうこれで結果オーライだなゴウキ」 
ゴウキは正気に戻ったのである
「はっ今まで何を」
「あれ覚えてなかったの。まあいいやギルドへ行こう」
そしてナエトルとゴウキはギルドへ向かうのであった
次回へ続く