※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第6話「時空の叫びC」
トゲトゲ山
マリルはかなり険しいところに着いてきたのである
「ここがトゲトゲ山よ」
「トゲトゲ山・・・・・すごいところだ・・・・・」
その山はナエトルとゴウキにも驚くほどであった
そしてナエトルは決心した
「いいとも。ゴウキがいればなんでもいけるさ」
ゴウキは
「あはは・・・ナエトル・・・・僕を頼る気?」
ナエトルは「そうとも・・・・」と言ってゴウキは呆れた
マリルは
「早くルリリをたすけてください」
ナエトルとゴウキは了承した
「わかりました」
そして  ポケダンズはトゲトゲ山をいくのであった


移動中、ナエトルは移動していても怒りをあらわになりながら進んでいた
「スリープめーかわいいルリリちゃんを何しているんだ」
ゴウキはこう思った
「(ナエトルは今怒りをあらわにしている。どうすればいいのだが)」
「変なことがあったら絶対倒してやる」
「(もう知らない・・・・・・・・)」


そして、最上階までついたのである
そこにスリープとルリリがいるのである
「ルリリ、ひとつ頼みたいことがある」
「なんでしょうか。つか、りんごは?」
「りんごはあとでみつけるよ。そこの穴をみるのだ」
そこに小さい穴があった
「その穴をどうする気?」
「キミが入るのだ」
ルリリはビックリした
「入るの!!何故!!」
「キミの体は小さいから入るの簡単だからだ」
「入る理由を聞きたい」
「それは、この穴を抜けるとすごいお宝があるんだ。だからはいるんだ」
ルリリは断った
「いやよ!!宝のために入るのは!りんごは?」
「りんごりんごってウザいな。早くやらないとおしよきするよ」
「た・・・・・・助けて!!」
するとポケダンズがやってきてナエトルは言った
「おい!スリープ!よくも僕達をだましたな?」
スリープは言った
「ばれましたか・・・・まさか指名手配のやつがきたのか」
ナエトルは怒鳴った
「そうさ。おかげで今の機嫌が最悪だー 絶対倒す」
ゴウキはしゃべる言葉も無かったのである
「(もう・・・・ナエトルは止められない。戦うしかないな)」
「いくぞ!ナエトル!」
「やる気満々で行くぜ!」
スリープもやる気満々であった
「まあいいぜ~とことんあそんでやるぜ」
そしてポケダンズとスリープの戦いが始まった

その数分後、ゴウキは倒れ、ナエトルは頑張っていた
「体当たりだー」
「無駄よ」
ドシーン
「うわ!」
ゴウキは
「(ナエトルが危ない・・・・どうすれば・・・・・)」
するとルリリの声が
「ゴウキーあきらめないでー」
するとルリリの声を答えてゴウキは異常行動が起こった
「(ルリリ・・・・・)」
「ボーチャー」
すると大きな水砲はスリープにあたったのである
「うわああああ」
そしてスリープは倒れたのである
「ゴ・・・・ゴウキ・・」
ゴウキは気がついたのである
「ナ・・・・ナエトル!あれ?スリープが倒れている」
「ゴウキーお前が倒したんじゃないか」
「そ・・・そうか?」
するとジバコイルがやってきた
「指名手配者発見!取り押さえろ」
するとコイルがやってきてスリープを動かなくなった
「ポケダンズだって。ご協力感謝する」
そして、ギルドに戻ったのである
そして、ジバコイルから報酬をもらったのである
「これが報酬です」
3000円をもらった
しかし、3000円をへラップを没収されて300円になった
そしてビックリした
「これがギルドのルールだ!我慢しておけよ」
ナエトルは
「は・・・・・はい・・・・」
そして、今日の仕事は終わったのである

第7話「見張り番」

翌朝・・・・・
「こらあああ起きろーーーーー」
ドゴームの叫び声からはじまった
ナエトルは
「おはよう・・・・・・ゴウキ・・・・・」
「おはよ・・・・う・・・・」
そして、中央で朝礼をしてそれぞれの仕事に取り掛かった
するとドゴームからポケダンズへこういったのである
「お前ら!コッチに来い」
ポケダンズはドゴームがいるところに行った
そしてその場所についたのである
するとディグダはこういったのである
「すみません・・・・お父さんからの呼び出しで今日は見張りできないんだ」
「ということなのでお前達が今日は見張り番をさせる」
するとナエトルは
「ちょっとまって!どうすればいいのか分からない僕達になにを」
ドゴームはあるものをだした
「この本を先に渡す」
ポケモン全集の本をゴウキに渡した
その本の重さは異常であった
「お・・・・・も・・・・い・・・・」
「当たり前だ!この中に詳しい情報があるからな。しかし、調べるの時間かかる
でも見てから答えるまでの時間は30秒だ」
ポケダンズはビックリした
「30秒!!!」
「当たり前だ。時間かかると大変なことになるからな」
ゴウキは
「別にいいよ。頼まれたものは絶対やり遂げなければな」
ナエトルも
「そうだな。やってみるか」
そして、ポケダンズは見張り番をやることになった


そのころ人間界では
とある病院の病室でゴウキは寝ていた
その横に善樹がいたのである
善樹はこう独り言を言ったのである
「俺はお前を見て思ったんだ・・・・まともに勉強して高校へ進学しようとかんがえたんだ」
すると、ゴウキは泣き声で言った
「でも今は・・・・・お前が寝ている間俺はまともに勉強しているけど大半は剛毅の病室
そう、剛毅が起きるの待つだけ・・・・う・・・・・」
善樹は泣いたのである
「この状態じゃ・・・・力自慢できないや・・・・」


そのころ、ポケモン界は結果発表していた
ぺラップが仕切っていた
「結果は・・・・・・」
ポケダンズとドゴームは静まりかえった
そして・・・・・
「合格だ!!しかも全問正解だ!!!」
ポケダンズとドゴームは喜んだ
「やったーーー」
ドゴームは
「さすが弟子ポケダンズ。やれるものだねー」
ぺラップは
「これからも頑張ってくれよー」
ポケダンズは
「はい」
そのよる・・・・・
ナエトルは
「初めての見張り番だったね」
「うん・・・・・」
「明日も頑張ろう」
ナエトルとゴウキは寝たのであった