RR-Zチューン・パーツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チューン


どのチューンも全車種共通で施すことができる。
費用はチューンごとの固定ではなく、車体価格に対する固定%となっている。

本編中では「ポート研磨」と「トラクション・C」はオートマックスではやってくれず、
練馬オートが登場するドライコース優勝後まで施すことができない。

  • CPUチューン
これを行わないと、他にどんなチューンをしようと180km/h以上は出ないので
車を買ったら真っ先に施すこと。
費用は車体価格の5%。

  • ボアアップ
全域のパワーが上がる。
費用は車体価格の15%。

  • ポート研磨
エンジン回転数が10000回転まで上がるようになる。
費用は車体価格の20%。

  • 軽量化
見た目にはまったく効果がわからないが、とにかく多少早くなるらしい。
4WD以外の車でアイスコースを走る場合は施さないほうがグリップがきくと言う噂もあるが
真偽のほどは不明。
費用は車体価格の12%。

  • エアロチューン
軽量化と同様、見た目には効果がまったく出ない。
車体グラフィックの変化も一切ないのは手抜きとしか思えない。
高速域で効果を発揮するとのことなので、金のない序盤は後回しでいいかも。
費用は車体価格の8%。

  • トラクション・C(TCS)
スタート時やウェット・アイスコースでのホイルスピンをある程度防ぐ、
初心者救済とも言えるハイテクチューン。
しかし費用が車体価格の2倍という超高値のため、おいそれとは施せない。
そういう意味では「金で解決」的なチューンである。
ストーリーモード限定チューンで、VSモードには登場しない。



パーツ


これも全車種共通で、すでに買ったものは所持するすべての車に使い回せる。
ターボ・チャージャー類が同種を3つまで買える以外、すべて一つずつしか持てない。

レインタイヤとスタッドレスタイヤは練馬オートでしか売っていないが、
それ以外のパーツはすべてオートマックスでも売っている。

  • タイヤ類
路面ごとに対応した物を使えばグリップ力が上がる。

 ・ノーマルタイヤ…非売品、全車種での標準装備。
 ・スリックタイヤ…ドライコース用。20万円。
 ・レインタイヤ…ウェットコース用。25万円。
 ・スタッドレスタイヤ…アイスコース用。30万円。

  • ターボ類
それぞれ異なる回転域のパワーを上げる。基本的にドライ・ウェットコース用。
カードモード以外ではビッグターボ一択で。

 ・スモールターボ…1個30万円。
 ・ミドルターボ…1個60万円。
 ・ビッグターボ…1個100万円。

  • チャージャー類
中低速域のトルクと出力を上げる。ウェットやアイスコースで使う。
使う場合は効果の高いハイパーのほうを。

 ・スーパーチャージャー…1個50万円。
 ・ハイパーチャージャー…1個90万円。

  • インタークーラー
ターボ・チャージャー類の効果を倍にする。
「つけてないとターボ・チャージャー類の効果が半分になる」とも言う。
しかしこれ単体では効果がないので、真っ先に買うようなものでもない。
価格は40万円。

  • トランスミッション
シフトの段階数を変える。MTは手動式、ATは自動式。(ゲームでは完全な自動ではない)
基本的には段階数が多いほうが良いが、アイスコースでは少ないほうが良いという人もいる。

 ・5速MT…ほとんどの車での標準仕様。非売品。
 ・5速AT…クラッチ操作が不要で、上下ボタンの操作のみでシフトチェンジができる。65万円。
      FTOは本来これが標準装備なのだが、ゲームではなぜか5速MTになっている。
      操作は楽だが2速スタートができないなどの弱点があるので、普通は使わない。
 ・6速MT…GTOのみ標準装備。操作が面倒だがドライコースでは必須。38万円。
 ・4速MT…シフト操作の回数が減らせるので、初心者向きとされる。25万円。


スーパーEFI

ストーリーモード限定のパーツで、設定はけっこう面倒だが、きちんと設定すれば
車の性能(主にパワー)を通常の限界以上に引き出せる。
一度つければセッティング時にいつでも設定を変更できるが、外せないので注意。

ストーリーの展開上、1個は必ず買わされるが、使わなくてもチャンプには勝てるので
ゲームに慣れてくると設定が面倒だし使わなくなる。
そういう意味ではこれもTCSと同様、初心者救済パーツと言える。
ウェットコース優勝後に登場する、藤春商会で買える。価格は1個50万円。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。