RR-Z・VS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「VS」


対戦モード。
ミニゲームの対戦はここには含まれず、レース関連の対戦のみとなる。

  • 「ノーマルモード」
距離・コース・車を自由に設定して、最大4人でタイムを競う。
一人だとタイムアタック、もしくは最高速アタックとなる。
タイムアタック・最高速アタックの好成績は距離・コース別に記録される。

通常のレース画面は2台までが限界なので、3人以上の同時プレイだと
レースが俯瞰視点になる。
「ミニストーリー」モードでは一人プレイでも俯瞰視点になる場合があるので
3人以上の対戦が可能な環境なら、ここで慣らしておきたいところ。



  • 「カードモード」
車・セッティングがランダムで固定された「カード」を出し合って、その車で速さを競う。
「カードモード」は2人対戦のみだが、人間が一人でもCPUと対戦できる。

さらにコースを固定して戦う「ノーマルバトル」と、1戦ごとに走るコースが
ランダムで決定される「ランダムバトル」が存在する。

実力はもちろんながら最初に配られるカード運、弱い車をいかにうまく使うかの戦略、
そしてとくにランダムバトルの場合、普段なら絶対使わない車やセッティングの
組み合わせを乗りこなす臨機応変さが求められるなど、一風変わった面白さがある。

隠し車であるゼロワンやファニーカーも、普通の出現率で登場する。


カードにありがちなパターン


 ・CPUチューンだけされてなくて、他フルチューン・フルパーツ
 ・CPUチューンだけされてて、他ノーマル

両者とも、ゼロワンやファニーカーでよく見かけるパターン。
ファニーカーに限っては「CPUチューンのみ」のほうが速い。

  • ドライコースで使うべき車
車の基本性能+ターボ類の多さで強さはたやすく判断できるだろう。
CPUチューンがない車は他がよくても速さに限界があることに注意。
非4駆や性能的に劣る初期車はなるべくここで優先的に使うこと。

  • ウェットコースで使うべき車
4WDは非四駆が相手ならばそれだけである程度の性能差を埋められる。
非4駆はレインタイヤを履いてないなら捨て駒を出したほうが良い。
半端な性能の4駆はここで使うと良い。

  • アイスコースで使うべき車
ウェット以上に4駆のアドバンテージは大きくなる。
すっぴんのレガシィでも、半端な装備のスープラやNSXには勝てる。
4駆以外を走らせるのは無謀だが、カード運的にそうも行かない場合が多いのが辛い。
せめてスタッドレスタイヤを履いた車を回したいところ。




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。