タバサ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】メイジ

【所属】トリステイン(?)

【解説】
年齢は15。タバサは偽名。本名は『シャルロット・エレーヌ・オルレアン』
ガリア王国の王族で、謀殺されたオルレアン公の娘。その際、母親も毒で心を狂わされている。
トリステイン学園でルイズの同級生。
二つ名は「雪風」。風・風・水のトライアングルで、氷雪系の魔法を得意とする。
キュルケの親友だが、非常に無口で自分のこともあまり語らない。
ガリアの北花壇騎士団に所属し、年の割には戦闘経験が豊富で、シュヴァリエの称号を持っていた。
そのため、戦闘の際作戦を立てることも多い。使い魔はシルフィード
青い髪と瞳を持つ。身長は142サントとかなり小柄で、スリーサイズもB68/W49/H67と細身。
体躯の関係上、大抵の人の目には本当の年齢より数歳幼く映る。好物ははしばみ草のサラダだが、出された料理は大抵ペロリと平らげる。
趣味は読書、放っておくと一日中読み続けるほど。
人付き合いを好まず、親しい人でなければ話しかけられても大抵は無視する上、読書の邪魔をする者には魔法の行使をも辞さない。
特技はサイコロ博打。嫌いなものは幽霊。
入学以来無愛想を通し、早々決闘を仕掛けられながら強力無比な実力を見せたこともあって、他の誰からも距離を置かれていた。
進んで友人を名乗ったのはキュルケただ一人だけで、彼女が困り事を持ち込む時には、力を貸したり冷静に突っ込んだりする。
だが小説外伝1話では、村人のヨシアと翼人のアイーシャの仲を取り持つ為の寸劇をノリノリで演じるという一面も見せていた。
この事から、幼少時からの性格は根本的に変わっていないと見られる。
騎士団として王家の命令に黙々と従い任務をこなす胸の内には、ジョゼフを初め王家への強い復讐心が秘められている。
やがて、友情を培ってきた才人達を裏切って戦うことを命じられるが、彼に大切な気持ちを気付かされたこともあって、遂に反旗を翻す。
その際(巻の九)シュヴァリエの称号を剥奪されることになった。
ラグドリアン湖近く、自身の母親が事実上幽閉されていた屋敷を捜索中に、エルフのビダーシャルと会敵する。
その際怒りによってスクウェアにも匹敵する強力な魔法を放つが、ビダーシャルの先住魔法の反射(カウンター)によって跳ね返され、敗退。
その後、エルフとガリアの国境地帯にあるアーハンブラ城に幽閉される。
母親と同じくエルフが作った薬によって心を消される直前、才人達によって救出された。
以降、今までよりはよく喋るようになり、才人にも字の読み書きを自分から教えるなど積極的にもなった。
実は、よくある「勇者に助けられる囚われのお姫様」になってみたいという夢を幼いころから密かに抱いており、自分を助けてくれた才人を勇者として崇拝している。
それが恋愛感情に発展するかどうかは、現時点では判然としていない。

以上、Wikipediaより抜粋。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。