※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスター

2P分のシールドがある

コメント:ジュニア用のカード。特にこれといって能力はなし。



ブラックマスター

特技

マスターアタック 2P 使用ストーン 3個

バーサクパワー  3個
かまいたち    3個
大地の怒り 3P 6個

コメント:はっきり言うとシニアが一番、能力をフル活用できる。
     プロになるとHPが10になるために、特技を使用するタイミングがつかみづらい。



ホワイトマスター

特技

マスターアタック 2P 3個

鉄の盾  2個
ウェイクアップ 2個
ヒーリング 2HP 3個 

コメント:防御系マスター。シニア、プロともにブラックよりは使いやすい印象。



ワンダーマスター

特技

マスターアタック 2P 3個

ローテーション 3個
竜の盾  2個
↓選択特技
ヒーリング 3個
ウェイクアップ 2個
ドロー5 2個
リ・シャッフル 1個
上の二つの特技を除いた特技はこの中から(変更可能)

コメント:比較的に使いやすいマスター。ローテーションが使えるので
     戦力が大幅にアップする。
     さらに選択特技でこのマスターの系統が変わる
     ヒーリングなら防御系になりホワイトマスターよりは使いやすいかもしれない
     ウェイクアップなら速攻向きのマスターになる。
     ドロー5とり・シャッフルの場合戦況に応じて手札が補充、変更できるので
     使いやすいけれど普通のマジックから微妙に得と損がある
     ドロー5なら1枚の損をし,リ・シャッフルなら1枚の得をする



グレートマスター

特技

マスターアタック 2P 3個

呪縛 2個
↓選択特技
誘惑 3個&二重の盾 3個
かまいたち 3個&リフレッシュ 2個
リターン 3個&ヒーリング 3個
水晶の壁 3個&特技封じ 2個

呪縛を除いた特技は上記の4つから選択(変更不可能)

コメント:選択する特技によって全然変わるマスター
     誘惑・二重の盾なら防御に属している
     リターン・ヒーリングならこれも防御系であり
     上の誘惑・二重よりは守りづらい(僕的には
     水晶の壁・特技封じはそれといって防御ができる
     がそれなりに微妙
     かまいたち・リフレッシュが一番の微妙なところである
     特技が特技リフレッシュのストーン使用量が1上がった
     ことである。



添付ファイル