※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無題 1 ◆WfkxWy5nfs

ジョン・マクレーンは、博物館のロビーでうんざりしていた。

彼はニューヨークの刑事であり、本来ならば所轄外であるこのセント・マデリーナ島には警察としての権限はない。
だが、警察官としての義務なのだろうか、たまたま通りすがったこの博物館の前で、乱闘寸前になっていた若者達を見つけ
それを武力的な方法で解決してしまった所為で、騒ぎを聞きつけた警察官に博物館のロビーで待っているように言われたのであった。

「だから俺は悪くねえって!こいつがいきなり噛みついてきたからよぉ!お返しに殴ってやったんだよ!」
先ほど博物館の前で暴れていた若者の一人が警察官の前で弁明していた。
「確かに噛まれているようだが、相手の目ん玉潰すほど殴ることはないだろ」
「ちげえよ、そいつはあこにいる自称ニューヨークの刑事さんがやったんだ俺は関係ねぇ!」
興奮状態にある若者は、さきほどからこのような主張を警察官に繰り返している

噛みついた若者の方は、先ほどからソファーに手錠をかけられたまま、もう一人の警察官に拘束されていた。
どうもこっちの若者はクスリでもやっているようで、まともな会話もできず、異常に強い握力で人に襲いかかろうとしていた。
警察官が付きっきりで拘束していないとかなり危険な状態である。
マクレーンの元にも警察官がやってきた。
「マクレーンさん、あなたの身元は先ほど無線で解りました。あのナカトミタワーのテロ事件の解決者でしたとは正直驚きましたよ。」
「ああ、そうかい。できればこんなしけた所に長居はしたくないんだがね」
「そうもいきませんよ、乱闘を止めてくれたのほいいですが片方はかなりの重症ですからね、事情聴取などもしなくてはいけませんし…」
確かに警察官の行ったとおりである、マクレーンは頭をかきながら、警察官に尋ねる
「重症の方は、クスリをやってたほうか?」
「ええ、この当たりは割と治安がいい方なんであんな奴いないと思ってましたが…、まああいつらそのまま署まで連行していきます。
マクレーンさんはどうします?署までいきますか?それともあとで署にきて聴取しますか?」
ロビーの周りを見渡したマクレーンは、少し考えた後
「いや、このまま博物館で少し芸術品とやらを見てから署に行くとする。ニューヨークにもいろいろあるがここはここで面白そうだ」
「そうですか、では」
敬礼をし、警察官は若者達をつれて博物館から出て行った。

(まったく、こんなとこにきてまで妙なことに巻き込まれるもんだ。)
マクレーンがこのセント・マデリーナに来た理由は、もちろん今のような乱闘さわぎをしにきたわけではない。
彼が例のナカトミタワー事件以前から、長年追っている犯人がこの島に来ているとタレこみを受けたからである。
ロサンゼルスに住んでいるホリーから何度か同居しないかと誘いが来ているが、今追っているこの犯人を捕まえるまでとてもでないが
ロサンゼルスに引っ越すわけにはいかないのである。

(ニューヨークから西海岸に来たってのに、こうもまあちんけな事件に巻き込まれるとは、まったく俺もついてねえぜ…)
博物館の中で展示物を見ながら、また愚痴っていたマクレーンだが、しばらくすると妙な事に気づき始めた。
(この島は観光が名所のくせに、博物館にしちゃあ、人が少なすぎじゃねえか?)
この島唯一の博物館である、観光産業に注力しているこの島にとっては不自然な光景である。
他にも先ほどいたロビーいくら乱闘さわぎを起こした奴がいたとしても、見物客一人いなかった。
さらに不自然なことに先ほどまで、先ほどまで聞かなかったサイレン音が博物館の周り、いや街中から頻繁に聞こえてくるのだ。

マクレーンはナカトミタワーの事件を思いだしていた。まさかこのセント・マデリーナ島でも同様の事件が起きているのではないか?
そうマクレーンは推測した。
(こいつは…まーたテロか?まったく糞ったれなテロリストどもめ!こんな島までテロの対象にしなくていいものを!)
ナカトミタワーの事件以来、テロはいたるところに頻繁に起きている。あの時のテロリストのようにビルに立てこもるのではなく
街中に爆弾やら、ウイルスやらを放ったテロリストがいてもおかしくはない。
(ならこんなところに、ぐずぐずしている場合じゃねえ!警察署に行って、俺も管轄じゃねえが協力しないとな!)
急ぎはやに展示場をあとに先ほどいたロビーに戻ろうとした、直後のことであった。

ガラスの割れる音とすさまじい衝撃が博物館の内部にこだまする。
ロビーに隣接している正面玄関に、観光バスが突っ込んできたのであった。
バスはそのまま、ロビーのソファや案内カウンター、観葉植物などを破壊しながら、マクレーンがいる展示場に突撃した。

マクレーンはバスが正面玄関をやぶるのを見ながら、すぐに展示場の奥へとダッシュで逃げた。
「やばい!やばい!やばい!ロビーから離れろ!」
展示場に残っていた数人の観光客が怪訝な顔でマクレーンの姿に着目する。
そして、マクレーンの後ろにある暴走バスをみると、すぐに奥に逃げだした。

マクレーンの足が悲鳴を上げる。
(こんだけ全力で走るのはナカトミ以来、半年ぶりだぜ!勘弁してくれ!)
声には出さないが猛ダッシュで展示場を走っていく、暴走バスは、マクレーンの必至のダッシュより早いペースで迫ってくる。
突如マクレーンの後方で、鈍い轟音が聞こえた。それ轟音は巨象の模した銅像にバスは衝突しためで生じたものだった
そのせいでバランスを崩し、バスは横滑りをしていく。
100キロ以上のスピードを持ったバスは次第にスピードを落とし、そしてマクレーンが展示室の最奥にある休憩室に飛び込むのと同時に
バスは停止した。
「あんた、大丈夫かい?」
休憩室に転倒するように入り込んだマクレーンに逃げ込んでいた男性の一人が話しかけた
「ひでえ気分だぜ…大丈夫だ、こうゆうのは一回したことがあるんでね…」
息を切らしながらマクレーンは返答する。
「こっちにベンチがある、あんたそこで休めよ」
「すまねぇな…」
この休憩室には、ベンチと自動販売機、そして非常用の出入り口があるようだ。
すでに出入り口から何人か抜け出したような跡がある…
マクレーンはそのまま倒れこむようにベンチに横になった、(考えることは山ほどありやがる…、きっとこのバスも外の騒ぎのせいでこうなったにちげえねえ…)

マクレーンがベンチで休憩している間に、休憩室に逃げ込んでいた人々はバスの中から生存者を捜していた。
不自然なことに先ほどから、サイレン音が聞こえるのに、この場所に消防車や警察が来る見込みはない。
横転したバスは、運転席付近の窓は血だらけ、そして周りには、バスが止まった衝撃で外へ飛び出した乗客の死体が散乱していた。
そのバスのあり様は一見生存者など存在しないように思えるが、みな懸命に生存者がいないか探した。

「おい!ここに生きてる奴がいるぞ!」
転倒したバスに近づいていた男性が叫ぶ。
そこには足の一部がバスの座席に挟まっているだけで、もがいている乗客がいた。

「大丈夫か!」
声をかけながら、救助しようと男性がその乗客に近づく、だがその時である!

「がぁ!」
突如、乗客が救助しようとした男性の首に噛みついたのである!
かまれた首筋から大量の血が流れる、たちまち噛まれた男は血の気を失い倒れた。
「なんてこと…」
噛まれた男を介抱してやろうと近くにいた女性が駆けつけるだが…

マクレーンはベンチで横になりながらその様子を見ていた。
「なんじゃありゃあ…」
横転したバスの中から、すでにこと切れているはずの乗客達が次々とはい出てきたのである。
先ほど生存者らしきものに襲われてこと切れていた男性も、起き上がりそして近くにいた女性を襲い始めた
救助活動をしようとした人々は、そのありさまをみて、さきほどとは違った恐怖を感じ取りまた非常口に逃げだした。

休憩室に一人残ったマクレーンは、その異様な様子を観察していた。
死んだと思われていた者たちが生き返り、生きている者を襲い始める…
「はっは、笑えねえ…アクション映画の次はゾンビ映画かよ…」
マクレーンは、ベンチから立ち上がり胸のホルダーに止めておいた愛銃のベレッタM92を確認する。
あのナカトミ事件でもお世話になった銃だ。マガジンに装てんしてある15発の弾を確認し、銃を握りしめる。
「さぁーて今度の相手は、テロリストさんじゃなくてゾンビさんかい?どっちでもいいぜ覚悟しやがれ!」

ジョン・マクレーンの最悪の1週間は始ったばかりである。

【F-06/博物館(館内)/1日目・昼】

【ジョン・マクレーン@ダイハード】
 [状態]:疲労(小)、興奮状態
 [服装]:Tシャツにジーパン
 [装備]:ベレッタM92FS
 [道具]:たばこ、運転免許証、財布、博物館パンフレット(簡単な周辺マップあり)
 [思考]
 1:博物館から脱出する
 2:ゾンビを倒す
 3:警察署に行く
 4:生存者を捜す

※F06に留まっています
※博物館はバスが突入したため、玄関、ロビー、展示室は壊れています
※マクレーンは警察官ですが、地元の警察官との知り合いなどはいません、ナカトミタワーの事件の関係者であることぐらいしか知りません
※ちなみにマクレーンの設定はダイハード1から2の間です