【ラ=グース】



【作品名】虚無戦記
【ジャンル】漫画
【備考】空間支配能力
  • 支配した空間の中では物質も時間も意のままにできる。支配した空間内では神に等しいとも言われる。
 (台詞のみ。しかし地球に襲来したラ=グース細胞にそれらしい描写はある)
 対抗するには同等の空間支配能力が必要とされ、それ以外の者では支配空間内には
 なんの干渉もすることが出来ない。
 また空間支配は能力ではなく生態であり、支配の効果は恒常的に発生し続けている。

 支配空間は真田幸村、霧隠才蔵などが「支配した空間では何でも思うがまま」と言われているため任意全能
 支配空間に対しての攻撃の描写の例
 ・テンプレに記載されてるように支配空間に踏み込んだ人間は戦闘意欲を完全に無くし、
 幼児退行する者や必死に許しを請うものもでる。(美勒王)
 ・支配空間外からのビームが支配空間に触れた瞬間に消滅、もしくは吸収された(猿羅神、ラ・グース細胞)
 ・サイボーグの不意打ちに近いパンチが虎のオーラに触れた部分から腕が消滅していった。
 その後任意でサイボーグを吸収。(虎)
 ・触れたものが消滅する爆風を受けたが、本人の意思とは無関係に爆風のエネルギーを吸収した。
 爆裂自身がエネルギーを吸収したことがわからず驚いていた。(爆裂王)

 空間支配は常時発動型の能力であるが美勒や虎、ラ・グース細胞の描写からだと常時支配している空間は
 小さく(自分の周り程度)、戦闘の際にオーラ状の巨人や巨大な虎の顔の支配空間を展開しているように見える。
 支配空間でやれることは本人が無意識の状態でもやれる。作中でも本人に不都合なこと(敵が襲ってきたりなど)が起こったら発動した描写がある。
 全員支配空間を展開した状態で参戦

  • 支配空間は先鋒&中堅はオーラ状の巨人、次鋒は宇宙船のような形、副将は巨大な虎の顔の形をしている。
 上記の「物質も時間も意のまま」にできるのは支配空間の内だけだろうが、おそらく支配空間外にも
 ある程度の干渉ができるものと思われる。
 「むこうの人間(おそらく竜の民のことだろう)には凄いのになるとブラックホールを作り出したり
 1光年先の空間を捻じ曲げたり恒星を吹き飛ばす奴だっている」
 (台詞のみ、しかしそれらしい描写はある)
 また、数光年先をタイムラグなしで知覚することもできるらしい。

  • 空間支配能力を持つ者同士が戦った場合、支配空間の広さが勝敗の決め手になる。(描写から推測)
 美勒王(数百km)とラ=グース細胞(数百m)ほどの差があれば一方的に相手を消滅させられるが、
 それほどサイズ差がない場合、例えばラ・オウ(惑星ほどの身長)とラ=グース細胞(惑星サイズ)
 が戦った場合は支配空間同士の肉弾戦になっていた。

  • 世界観
 設定で虚無戦記の世界観は多元宇宙の概念で構成されると明言されている。
 作中登場した宇宙はエデン宇宙、メデューサ宇宙、菩薩宇宙、ドグラ宇宙、地球(兜卒天)がある宇宙
 他の宇宙を食い尽くして成長していくラ=グース宇宙(作中で言われている新しい宇宙?)
 メデューサ宇宙を滅ぼす過程での会話で滅ぼした宇宙も含め、全ての宇宙はラ=グースが創造し
 支配しているものだと言われている。
 また、虎やラ=グースの他の宇宙への移動描写から宇宙は隣接しているのではなく
 それぞれ別の次元に存在する模様。
 上記のことからラ=グースの空間支配の範囲は多元宇宙規模である。
 推測だがエデン宇宙はキリスト教系の天使などの宇宙、メデューサ宇宙、菩薩宇宙は仏教系の宇宙ぽい。


【参考テンプレ1】
【名前】羅生門(ラ・オウ)with御神器
【属性】 空間を制御する力を持った高度に進化した知的生物
【大きさ】身長(=支配空間)は惑星の直径よりやや低いくらい
【攻撃力】支配空間相応。ラ=グース細胞との戦いの煽りを食らって近くの惑星が砕けた。
【防御力】支配空間相応。惑星サイズのラ=グース細胞の攻撃がまったく通じない。       
【素早さ】ラ=グース細胞との戦いでは惑星間規模で動きまわっていた。
     (とある惑星上空で戦い、隣の惑星まで殴り飛ばす→すぐ追いついて追撃)
     また青龍鬼が羅生門の素早さは無限である明言している為、無限速。
     この無限速とは脱出を試みる際に言われた為、移動速度のことを指していると思われる。
     テレポート可能。テレポートの距離は星域規模
【特殊能力】美勒王、ラ=グースと同じ空間支配能力を持っている。(設定、描写から推測)
      宇宙でも活動可能。
【長所】常時発動型の空間支配による任意全能。
【短所】特に無し

【参考テンプレ2】
【名前】無幻美勒(美勒王)
【属性】 空間を制御する力を持った高度に進化した知的生物
【大きさ】人間並、支配空間は惑星規模
【攻撃力】九龍覇剣 虚空斬破という空間を斬って飛ばす技。
     これは空間そのものが移動するため斬れないものはない。
     他に御神器も持っており、これは山脈破壊レベルの範囲、攻撃力を持つ光の剣。
     また防御の方にも書くが、体のまわりの空間を完全に支配出来るため、
     その範囲内に入った物質も全て支配が出来る。
     範囲は最大で大気圏も越えて宇宙からもよく見えるような感じ。
     昔の人は小さな星なら飲み込むほど、美勒らはそれよりはちいさい。
     全キャラ最強スレのラ=グースの縮小版と言えば分かりやすいか?
     またその範囲に踏み込んだ人間は戦闘意欲を完全に無くす。
     幼児退行する者や必死に許しを請うものもでる。
     更に体には龍が纏わり付いており、これによって人の意識や体を飲み込む事も可。
     この龍は近づいて攻撃を仕掛けて来た奴もノーモーションで首を飲み込んだ。
【防御力】非常に高い空間支配能力を持っているため手出しすること自体が非常に困難。
     その空間支配でブラックホールを取り込んだラ=グース細胞を消し去った。
【素早さ】大気圏を超えた辺りの宇宙から瞬時に地上に戻ってきた。
【特殊能力】空間支配による任意全能。
      範囲はラ=グース細胞が「昔の竜の民はみんな惑星くらいなら支配していた」と発言、
      そして美勒はその竜の民最強の戦士であるから、最低でも惑星サイズはあると推測できる。
      宇宙でも生存可能。
      魂、霊体吸収能力あり。
【長所】とにかく難攻不落である点。 常時発動型の空間支配による任意全能。
【短所】素早さが微妙。




【名前】ラ=グース
【属性】意思を持った空間(創造神との説もあり)
【大きさ】複数の惑星間にまたがるくらい
【攻撃力】空間の振動で物体を崩壊消滅させる。
     近ければ近いほど威力は上がり、体内に侵入した80億の仏の軍団は、
     全員の力を結集させてバリアを張っていたにもかかわらず、長・羅王を除いて完全消滅。
     テレポーテーションで難を逃れた羅王ですら粉々になり再生に20年の時を要した。
     攻撃範囲はさほど広くなく太陽系一つを飲み込む程度だが、物質だけでなく空間ごと
     消し去る力がある。
     プロセスは不明だが今まで宇宙のかなり広範囲を消してきたらしい。
     ラ=グースの細胞一つでも支配した空間内では、時間も物理法則も物質も何でも
     自由にできるのでそれと同じ力はあるはず。
【防御力】非常に高い空間支配能力を持っているため手出しすること自体が非常に困難。
     『虚無戦史MIROKU』の主人公無幻美勒は先祖である美勒王の力を取り戻し、空間支配で
     前述のラ=グース細胞を消し去った。その美勒王に近い力を持っているものが多数
     いるであろう80億の仏の軍団でもラ=グース本体はどうにもならなかった。
【素早さ】別の宇宙に移動してきているのでワープは使える模様。(描写あり)
     反応速度は上記のラ・オウを含む80億の仏の軍団が手も足も出なかったくらい
【特殊能力】常時発動型の空間支配による任意全能。支配範囲が多元宇宙。
【長所】とにかく難攻不落である点。作者がオチをつけられなかった(倒し方を思いつかなかった)点。
【短所】気が長い。数千年間何もしないで眠りについたり平気でする。
    一応、中心部の空間を固定して許容量以上のエネルギーを送りこめば倒せるという弱点もあるらしい。
【備考】物語が完結したら弱体化するかも


まとめ
【名前】ラ=グース
【属性】意思を持った空間
【大きさ】複数の惑星間にまたがるくらい
【攻撃力】攻撃範囲は太陽系一つを飲み込む程度で空間ごと消し去る力がある。
     80億の軍団が、全員の力を結集させてバリアを張っていたにもかかわらず完全消滅。
     ラ=グースの細胞一つでも支配した空間内では、時間も物理法則も物質も何でも自由にできる
【防御力】空間支配能力を持っているため手出しできない
     空間支配でラ=グースの細胞を消し去った美勒王並の力を持っているものが多数
     いる80億の軍団でもラ=グース本体はどうにもならない
【素早さ】ラ・オウを含む80億の仏の軍団を簡単にあしらえるくらい
【特殊能力】時間も物理法則も物質も何でも自由にできる、全能の空間支配能力。支配範囲は多元宇宙規模。

63スレ目