魔法少女リリカルなのはStrikerS第19話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第19話【ゆりかご】

はやて「地上本部と機動六課壊滅の日から一週間。傷ついた隊員たち、奪われたもの。
     部隊長としての失態。悔やむのと責任をとるのは、事件が全部済んでから。
    四年前に決めた…事件があるならそこにまっすぐ向かって行くこと。
    任務に最適なエースとストライカーたちを、そこに向かわせてあげること。どんな邪魔が入ろうと、
    そこだけは譲れへん。一秒でも早く、こんな事件を終らせるために」

アルト「ヴァイス陸曹。手術、お疲れ様でした。機動六課の、私たちの704式ヘリは壊れちゃいましたけど、
    ヴァイス陸曹のストームレイダーは無事でしたよ。シグナム副隊長がちゃんと持ってきてくれました。
    後のこと、何も心配ないですからね。落ち着いて、ゆっくり休んでて下さい。ヴァイス先輩の後輩として、
    六課のロングアーチスタッフとして、皆を運ぶ仕事は、私が引き継ぎます!」

フェイト「ルキノ、コントロールは大丈夫?」
ルキノ「はい、フェイトさん!この子の、アースラのことは、隅から隅まで知ってますから」
フェイト「そう…」

なのは「アルトは療養中のヴァイス君に代わってヘリパイロット」
フェイト「ルキノはアースラの総舵手」

はやて「ちょうど良かった。今、機動六課の方針が決まったところや」
グリフィス「地上本部による事件への対策は、残念ながら相変わらず後手に回っています。
      地上本部だけでの事件調査の継続を強行に主張し、本局の介入を固く拒んでいます。
      よって、本局からの戦力投入は、まだ行われません。
      同様に、本局所属である機動六課にも捜査情報は公開されません」

はやて「そやけどな。私たちが追うのは、テロ事件でもその主犯格としてのジェイル・スカリエッティでもない。
     ロストロギア、レリック。その捜査線上に、スカリエッティとその一味がおるだけ。
     そういう方向や。で、その過程において誘拐されたギンガ・ナカジマ陸曹となのは隊長とフェイト隊長の保護児童、
     ヴィヴィオを捜索・救出する。そういう線で動いていく。両隊長?意見があれば」
なのは「理想の状況だけど、また無茶してない?」
フェイト「大丈夫?」
はやて「後見人の皆さんの黙認と協力は、ちゃんと固めてあるよ。大丈夫。何より、こんな時のための機動六課や。
     ここで動けな、部隊を起こした意味もない」
なのは「了解」

フェイト「なら、方針に依存はありません」
はやて「おしっ。ほんなら、捜査・出動は本日中の予定や。万全の体制で、出動命令を待っててな」
一同「はい!!」

なのは「ティアナ、スバルはまだ」
ティアナ「はい。本局のほうに、でもっ、午後にはこっちに合流できるそうです」

スバル「ごめんね、マッハキャリバー。私のこと、怒ってるよね?」
マッハキャリバー「「怒る」という感情が、私にはおそらく存在しません。心配は不要です」
スバル「マッハキャリバーは、AIだけど心があるって、一緒に走る相棒だって、言ったのに。私あの時、
     マッハキャリバーのこと全然考えてなかった。自分勝手に、道具扱いして。こんなに、傷つけちゃった」
マッハキャリバー「いいえ!問題があったのは私のほうです。あなたの全力に応えきれなかった、私の力不足です。
           もう一度、私にチャンスを下さい。今度は必ず、あなたの全力を受け止めます。
           あなたが、どこまでも走れるように」
スバル「うん!今度は絶対、一緒に走ろう!マッハキャリバー」

なのは「訓練データの移行、大丈夫だった?」
レイジングハート「問題なく完了しました」
なのは「うん」

リィン「あ、なのはさん、レイジングハート」
なのは「リィン。怪我はもういいの?」
リィン「はいです!おかげさまで、完全回復です!」
なのは「そっか」
リィン「シャーリーから、クロスミラージュたちのファイナルリミッター解除を頼まれたですよ?」
なのは「うん。私がお願いしたの。…本当は、もう少し慎重に行きたかったんだけど、そうも言ってられない状況だからね」
リィン「でも皆、きっとちゃんと使いこなせるですよ」
なのは「だね」

リィン「なのはさんとレイジングハートのほうは…」
なのは「……」
リィン「ノーマル状態のエクシードはともかく、ブラスターモードは…やっぱり危険ですから!」
なのは「使わないよ。ブラスターは、私とレイジングハートの…本当に最後の切り札だからね」
レイジングハート「その通りです」
なのは「エクシードだけでも、充分すぎる威力があるんだし、それでしっかり、最後まで決めてみせるよ」
レイジングハート「Yes」
なのは『もうすぐだよ…。なのはママが、すぐに助けにいくから!』

シグナム「テスタロッサ、おまえか」
フェイト「どうも、うちのエリオがお世話になってます。シグナム師範代」
シグナム「すまんな。おまえの判断を仰がなかった」
フェイト「エリオが言い出して、あなたが受けてくれたんですから。
いいですよ、私は。ちょっと、寂しいですけど」
シグナム「エリオなりにおまえに、母親に心配かけたくない一心だ。察してやれ」
フェイト「はい、大丈夫です。エリオ、成果のほうはどうです?」
シグナム「悪くない…というか、あの成長速度には、正直驚かされるな。基礎しか知らん子供のわりに、
      見切りと覚えの速さは凄まじい。思考と行動の瞬発力もある」

フェイト「なのはが、そういう風に教えてくれてるんです。基礎と基本でしっかり固めた頑丈な土台と模擬戦から学ぶ、
     瞬間の判断力と応用力。今まで積み重ねた練習と経験はあの子達が、
     これからももっともっと強くなっていくための準備。
     皆が自分で思い描いた通りに、昨日よりもっと今日よりずっと、強くなっていけるように、って」

ヴィータ「シャマル~、まだかぁ?」
シャマル「うん、もうちょっと」
ヴィータ「仕事溜まってんだよ。さっさと済ませてもどらねぇと」
シャマル「後少しだから、じっとしてて」
ヴィータ「傷の治りが遅くなってんのとか、蓄積ダメージが抜けづらくなってんのなんて、
      もう何年か前から分かってることじゃんかよ~」
シャマル「再生機能だけじゃないのよ。守護騎士システムそのものの異常も不安なの。
      私たち同士の相互リンクも弱くなってるし、緊急時のはやてちゃんからのシステム復旧とか、
      魔力供給も…だんだんできなくなってきてる」
ヴィータ「別に、そんなん日ごろからしっかりやってりゃなんの支障もねぇ。もういいな?行くぞ」
シャマル「ヴィータちゃん」

ヴィータ「あたしらの身体の異状さ。たぶんこれ、守護騎士システムの破損とか異変とか、そういうんじゃねぇと思うんだよ。
      あたしたちが闇の書の一部だった頃から、心のどこかで望んでたことが、叶い始めてんだ。
      死ぬこともできずにただずっと生きてきたあたしたちが、最後の主の…はやての下で、
      限りある命を大切に生きられるようにって。初代リィンがあたしたちにくれた贈り物。それの続きさ。
      いいじゃんか。怪我したらなかなかなおらねぇのも。やり直しがきかねぇのも。何か、普通の人間みてぇでさ」
シャマル「うん。シグナムもザフィーラも、同じこと言うのよね。最初で最後の私たちの命。
      大切に、だけど精一杯使って生きればいいって…」
ヴィータ「シャマルは?」
シャマル「私も同じよ。危険は怖くないし、永遠になんて興味ない。でも、私たちの優しい主、はやてちゃんのことと同じくらい、
      私はヴィータちゃんやシグナム、ザフィーラたちが心配。皆で一緒に、誰もいなくならずに、
      はやてちゃんとリィンちゃんのこと、ずっと支えていきたいから」
ヴィータ「なら、心配ねぇ。二代目祝福の風が、リィンが力を貸してくれる。あたしとシグナムは絶対に落ちねぇ!
      ザフィーラもきっとすぐに目を覚ます。10年の間に守らなきゃならねぇものが随分増えちまってなぁー。
      きっちり全部守って、ちゃんと元気で帰ってくるさ。心配性で料理が下手な湖の騎士を、泣かせたりしねぇようにな」
シャマル「馬鹿ね」

ウェンディ「いやぁ~、データ蓄積のおかげで随分楽に動けるようになったッスね~。ね!
オットー、ディード!そう思わねぇッスか?」
オットー・ディード「……」
ウェンディ「うっ、くっそぉ。こいつら苦手ッス」

ウーノ「失敗の目立つ人造魔道師と比較して、私たち戦闘機人はトラブルが少ないですね」
スカリエッティ「元は最高評議会主動で、管理局が実用寸前まではこぎつけていた技術だからねぇ。
         それから私が随分と時間をかけて改良したんだ」
ウーノ「良質なはずです」
スカリエッティ「人造魔道師の製造もまた、ゼストやルーテシアが長期活動してくれたおかげで、
         随分と貴重なデータをとることができた。彼らの失敗と成功のおかげで、聖王の器も見事完成をみた」
ウーノ「この聖王のゆりかごを発見し、触れることができて以来、その起動はあなたの夢でしたから。
    そのために聖王の器たる素材を捜し求め、準備も整えてきた。夢が、叶う時ですね」
スカリエッティ「まだまだ~。夢の始まりはここからなんだよ、ウーノ。古代ベルカの英知の結晶。
         ゆりかごの力を手にして、ここから始まるんだ。誰にも邪魔されない!楽しい夢の始まりだぁ!」

シャッハ「こんな、洞窟の奥に?」
ヴェロッサ「僕の猟犬を発見して、その上一発で潰した。並みのセキュリティじゃない。ここがアジトで間違いないね」

シャッハ「凄いですね、ロッサ。こんな場所、よく掴めました」
ヴェロッサ「シャッハ、いいかげん僕を子供扱いするのは止めて欲しいなぁ。
       これでも一応カリムやはやてとおんなじ、古代ベルカ式のレアスキル継承者なんだよ」
シャッハ「無限の猟犬、ウンエントリヒ・ヤークト。あなたの能力は、存じ上げていますよ」
ヴェロッサ「ま、今回の発見は、フェイト執務官やナカジマ三佐の部隊の、地道な捜査があってこそのものだけどね」

ヴェロッサ「はやて!こちらヴェロッサ。スカリエッティのアジトを発見した。シャッハが今、
       迎撃にきたガジェットを叩き潰してる。教会騎士団から戦力を呼び寄せてるけど、
       そっちからも制圧戦力を送れるかい?」
はやて「うん。もちろんやけど」
シャーリー「戦闘機人、アインヘリアルから撤収。地上本部に向かっています。
       あの騎士も、別ルートで本部に向かっています」
シグナム「……」
ルキノ「廃棄都市から別反応。エネルギー反応膨大!これは、戦闘機人!こちらも、地上本部に向かってます!」

スカリエッティ「さぁ、いよいよ復活の時だ。私のスポンサー諸氏、
        そしてこんな世界を作り出した管理局の諸君。偽善の平和を謳う聖王教会の諸君も、見えるかい?
        これこそが、君たちが忌避しながらも求めていた絶対の力!旧暦の時代、一度は世界を席捲し、
        そして破壊した。古代ベルカの悪魔の英知」
ヴェロッサ「聖王の、ゆりかご」

スカリエッティ「見えるかい?待ち望んだ主を得て、古代の技術と英知の結晶は今その力を発揮する!」
ヴィヴィオ「ママ。う、うぇぇん…痛いよぉ、怖いよぉ~!ママー!ママー!!」
なのは「ヴィヴィオ」
スカリエッティ「さぁ!ここから夢の始まりだ!はははは!あーははははは!!」

次回予告
はやて「予言に出ていた聖地より帰った船」
フェイト「ゆりかごを得て、スカリエッティの計画はついに最終段階に」
はやて「次回、魔法少女リリカルなのはStrikerS第20話」
フェイト「無限の欲望」
はやフェ「Take off!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。