※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分の部屋の姿見の前に座り込む。
裸の下半身とひんやりとした床が触れ合い、肌が粟立った。
姿見は普段ある場所から動かしてある。
僕のすぐ後ろには壁があり、壁と鏡に挟まれて座っているのだ。
鏡の中の自分を見つめる。物欲しそうに息を荒げる自分に見つめ返された。
膝を立てて、見せつけるように大きく左右に開く。
まだ何もしていないのに性器は微かに頭をもたげ、視線に反応するようにアナルがひくつく。
(こんなことをして興奮するなんて……なんていやらしいんでしょう、僕は)
我慢できなくて、シャツの下でうずく乳首を布地の上から引っ掻いた。
「ひあ……っ! うあ、あん…」
待望の刺激に体は貪欲に反応する。
(やば……気持ちいい……)
「はあっ、ああ……っ」
自分が望むままに指で乳首をこねくり回す。
指で挟むようにして摘んでやると、堪らなく気持ち良くて腰が浮いてしまう。
「あっあっ……いや、ああっ」
鏡の中の視線にあの人の視線を重ねる。
こんな自分を見られたらどう思われるだろうか。
(乳首をいじるだけで勃起させて、アナルをひくつかせて……)
そう妄想するだけで更に体は高ぶる。
ペニスももう完全に勃起して、先走りをだらだらと垂れ流していた。
片手をペニスに添え、欲望のままに扱く。
「ああっ、うああ、あっ…あ、」
胸からペニスからの刺激に、もう頭は快楽を追うことしか考えられなくなっていた。
壁に寄りかかり、気持ちがいいようにめちゃくちゃに手を動かした。
(気持ちいい…気持ちいい!)
「んああっ、あっ、ひああっ」
ペニスを扱いて先走りにまみれた手をアナルに伸ばす。
乳首をいじる手はそのままだ。
ペニスを扱けないのは寂しいが仕方ない。
「んあ……あうぅ……ん」
僕はアナルの縁をなぞると、人差し指をゆっくりと挿入した。
慣れたもので、痛みもなくすっぽりと収まってしまった。
鏡に視線をやれば、口を開いて指を飲み込むアナルが見える。
何回か抜き差ししながら、中指も添えて2本での抽挿を始めた。
「あっあ……うんっ! ふあ、あああ…!あ!」
前立腺を刺激すると腰が跳ねた。
乳首を摘んでいた手をペニスに添えると、射精すべく両手を動かす。
視線は鏡の中の自分に固定する。眉を寄せ、顔を真っ赤にした
いやらしい顔で喘いでいる。
視線を下に落とせば、限界ギリギリのペニスと貪欲に指を飲み込むアナルが見える。
もう何も考えられなくて、両手を激しく動かす。
「あうぅっ、んあっ、あふっ、あ、あっダメ…出、る……っあああああっ!」
絶頂はすぐだった。
上下に腰を激しく振りながら、僕は声を上げて射精した。
びゅくびゅくと放出された精液が鏡、そして鏡の中の自分を汚す。
「あ………ふ…」
僕はくたりと壁にもたれ、息を整える。
こうやって鏡の中の自分を汚す度に考えてしまう。
自分ではなく、あの人にめちゃくちゃに汚して欲しいと……