※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

携帯が鳴る。機関からの電話だ。
しかし今日は閉鎖空間は発生していない。
つまりこれは。
「御呼ばれよ古泉」
「・・・了解しました」

迎えに来てくれた荒川さんのタクシーに乗り期間へと向かう。
前回の召集はいつだっただろうか。
上層部の人達の手が、僕の体を這い回るのを思い出して悪寒が走る。
「顔色が宜しくないようですが」
運転席から荒川さんが声を掛けてきてくれた。
「いえ・・・・・・大丈夫です」
そう、僕に拒否権は無い。