※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

変態、気持ち悪い。
好きなだけ罵ればいい。

お前のそんな言葉を聞くと、俺はもっと変態なこと、
気持ちの悪いことをしてやりたくなる。
でも一つだけ訂正させてくれ。

お前はこれ、気持ち悪くなんてないだろう?
そうさ、本当は気持ちがいいんだ。

俺が動けば、声を出さないように口を押さえて。
それでも震える足の先はごまかせない。
俺に貫かれたまま、お前の先端を握ってやる。
ぷくりといやらしく先走りが溜まっているそこを
ぐりぐりといじってやる。
嫌です?やめてください?
馬鹿じゃねーの感じてるくせに。
何だ?泣いてんのか?
「・・・違いますっ!」
あ、そう。違うのか。へぇ。
俺は睨みつけてくる古泉の頭を抱え、
その瞳、違うと言い張る涙を流すそこへと舌を伸ばした。
眼球まで、舐めてやる。
「やっ・・やめ・・・変態ッ!変態めっ!」
ああ気持ち悪い。嘘つきの涙は本当に気持ちが悪い。