※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一段階:エッチなことを覚えさせる

「お兄ちゃん…」
か細い声で目が覚める。寝ぼけ眼で部屋の入り口に目を向けると、
なぜか半べそで一樹が立っていた。枕をぎゅっと抱きしめ、今にも泣き出しそうだ。
「ん…どうしたんだ一樹、こんな朝早くに。怖い夢でも見たのか?」
時計を確認すると午前4時を少し回ったくらいだった。
起きる間際に一樹がやって来て、一緒に二度寝するのは珍しくない……
というか日常茶飯事なのだが、こんな時間に、しかも泣き出しそうな表情でやってくるのは
初めてだった。
俺の問いかけに、一樹はやっぱり泣きそうな声で答える。
「ううん、違うんです…あのね…パンツに変な白いのがついてて…僕…」

夢精ktkr

「そっか、それで目が覚めちゃったんだな。びっくりしただろ…ほら、こっちおいで」
「はい……」
苦節●年、この時をどれほど待ちわびたことか!
俺は焦る気持ちを抑え、「普段通り」一樹を布団の中に招き入れる。
「普段通り」その小さな体に腕を回して、優しく抱き締めてやると
よっぽど不安だったのか、一樹は俺の胸にすり寄ってきたハァハァ。
おっといかん素が出た。
「大丈夫、兄ちゃんが治してやるから」
「本当?お兄ちゃん!」
「ああ、兄ちゃんに任しとけ」
性的な意味で。
宥めるように背中をさすっていた手を、徐々に下に向ける。
「一樹が見たの白いのはな、おちんちんから出てくるんだ」
「ひゃあっ!? お、おちんちんから…? でも今までは出なかったよ?」
言いながら服越しに小さなちんこをやわやわとさすってやると、
一樹は可愛らしい声を上げた。まさにKY。
「一樹が大人になった証拠なんだよ」
「ふぇ…そうなんですか?」
「ああ。で、あの白いのは定期的に出さないと体に毒なんだよ」
嘘は言ってない。が、怯えた表情になる一樹の頭をさすりながら俺は話を続ける。
「ていきてき…って」
「朝晩、1日2回出さなきゃだめなんだ」
「そんなに…ですか?僕、怖いです…」
俺のパジャマをぎゅっと握りしめて見上げてくる一樹。
やめてくれ歯止めが(ry
「ああ、だから兄ちゃんが出してやるよ。朝と、寝る前な」
「じゃあ…」
「これからは一緒に寝よう。その方が楽チンだから」
そう言うと不安に曇っていた一樹の顔がぱあっと明るくなった。
可愛いな一樹はハァハァ。
「とりあえず今日は一日分のを今やっちゃおうな」
「えっ? そんなこともできるんですか?」
「ああ。でも難しいから兄ちゃん以外の人にはやらせるんじゃないぞ」
「はいっ!」
「いい返事だな。よし、じゃあ始めるから…
痛くしたりは絶対しないから、兄ちゃんのやるのを邪魔しちゃだめだぞ」
「はい、お兄ちゃん」
一樹のパジャマの中にするりと手を忍ばせる。
「あっ…!?」
「こうやっておちんちんをこすこすするんだ」
そのままブリーフの中まで侵入、小さなちんこを優しく握りしめてしごいてやる。
「あ、お兄ちゃんっ、なんか変なかんじだよぉ…」
刺激に一樹が腰を引くが、もう片方の手でそれを阻止する。
「痛いか?」
「んん…、痛くは…あっ、ないです…っ」
「どんな感じか兄ちゃんに教えてくれないか」
「あっ、あ、おちんちん熱いよぉ…なにこれ…っ」
初めての快感に耐えらないのか、一樹は俺にぎゅっと抱きついてきた。至福。
手の中のちんこはすっかり勃起してふるふると震えている。
「お兄ちゃん、おちんちん気持ちいいよぉ…っ!」
「じゃあもっと気持ちよくしてやるからな」
言って手の動きを早くする。
「あっあっ、お兄ちゃんっ…なにか、くるよぉ…っ」
「我慢するなよ、気持ちいいのに集中するんだ」
「はい、っあ、あ、あああー………っ!」
呆気なく一樹は射精した。ふむふむ、一樹はこんな顔でイクのか…KYにも程がある
ハァハァと荒く息をつく一樹の頭を(汚れていない方の)手で撫でながら、
一樹の精液を受け止めた方の手を持ち上げ見せてやる。
「ほら…これが今一樹のおちんちんから出てきたんだ」
「ふえぇ…みせないでお兄ちゃん…恥ずかしいよ…」
言葉では恥じらいながらも俺の手のひらに興味ありげに見入っている一樹。

今日の夜がたのしみだ。


第二段階:乳首&アナル開発

一家団欒の時間を過ごし、風呂から上がって今は午後9時前だ。
まだまだ早い時間ではあるが、俺はもう寝間着に着替えていた。なぜなら…
「お兄ちゃん…入っていいですか?」
控え目なノックの後、小さな声が扉越しに聞こえた。
我が弟ながらなんという礼儀正しさだろうと自慢げな気持ちになりつつ、
俺は扉を開いて一樹を部屋に入れる。
「今風呂に入ってきたのか?」
湯上がりだからか普段より血色がいい。乾かしたてでさらさらの髪を撫でてやると、
一樹はとても嬉しそうに笑う。
「はい、お父さんと一緒に…」
…まさか父さんを羨ましいと思う日が来るとは。
「なぁ一樹、今度兄ちゃんと一緒にお風呂入ろうな」
「えっ、本当!? 約束だよ!」
「ああ、約束約束」
俺の腰に飛びついて、満面の笑みではしゃぐ一樹。

計  画  通  り

「じゃあ、体が冷えないように早く寝ようか」
「あ…はい」
珍しく一樹が口ごもったが、すぐに俺についてきて
二人で布団に入った。枕元に置いていたリモコンで部屋の電気を消す。
「おやすみ、一樹」
「おやすみなさい…」
シャンプーか石けんか分からないが、やたらいい香りがする一樹を抱き締めて目を閉じた。

そう。
今夜はとりあえずなにもしないつもりだったんだ(1日2回と言った手前)。
だがそこで予想外の展開が待ち受けていた。
「……」
「…………お、お兄ちゃん…?」
「ん……?」
おずおずと一樹が俺に話しかけてきた。
「あの…お兄ちゃんのあれは、2回よりたくさんしたら体にわるいんですか?」
「…いや、やりすぎはよくないけど、基本的に体に悪くはないな」
この時点で俺は密かな期待を抱いていた。だが待てよ、そうホイホイ俺に都合のいい
展開があると思うか? いやないね。
そんな理性と本能の静かなせめぎ合いに、一樹の言葉がとどめを刺した。
「お、お兄ちゃんにしてもらったの…すごくドキドキして気持ちよかったから…
いまもしてもらいたいの…ダメですか?」
なぁ。
こんなこと言われたら理性も爆発するってもんだ。
俺は一樹の体にむしゃぶりつきたい気持ち(と股間)を必死に抑え、
興奮にうわずる声を努めて普通通りに発声しながら
一樹に話し掛けた。
「ちがうこと?」
「ああ、気持ちいいのはおちんちんだけじゃないんだ。
一樹は気持ちいいのが好きみたいだから、いろいろしてやるな」
「はい……ありがとうお兄ちゃん…」

…幸せだけど、生殺しにも程がある。(性的な意味で

「じゃあ、パジャマの前を開いてごらん」
「はい…」
おとなしく従う一樹。ボタンをすっかり外すと、小さく平べったい乳首が見えた。
そこを人差し指で優しくさすってやる。
「ひゃぁ! そこ、くすぐったいよぉ…」
「一樹、ここの名前言えるか?」
両方の乳首をくりくりしながら尋ねる。おお、勃ってきた。
「そこ…ちくび、です」
「正解。一樹は物知りだな」
「えへへ…ありがとうございます」
「ここもいっぱいくりくりしたら、おちんちんみたいに気持ちよくなるんだ」
「へえ~、そうなんだ」
流石にまだ乳首はくすぐったいだけみたいだな。
勃起していないし、しゃべりも普通だ。
次は…
「やっやだっお兄ちゃん、汚いよう!」
「大丈夫大丈夫、風呂に入ったばかりだから」
じたじたと足を動かして一樹が反抗する。
ここ…アナルも流石にまだ無理があるか…
だがそこで諦める俺でない。つうかアナル開発しないと俺が死んでしまう。
自分で指を舐め、ほんの少しだけアナルに埋め込み、すぐに引き抜く。
「お兄ちゃん…ダメ…」
「一樹、落ち着いて。ここも気持ちよくなるんだぞ」
「う、嘘…ですよね?」
「本当だよ。怖がらないで、兄ちゃんの指がちょっと入った時にお尻を締めてごらん」
「うん…やってみます」
一樹は本当に素直でかわいいな。
アナルも指が触れたくらいできゅっと敏感に反応している。
俺に言われたとおりにアナルを締めていると、うっすら快感を感じ始めたようで
一樹のペニスが頭をもたげ始めた。
「あ…っ、うん…っ」
「一樹…どうだ? お腹が気持ちよくなってきただろ?」
「は、い……なんだかすごく…変な感じです…」
とろんとした瞳で俺を見上げる一樹。予想通り、資質は十分なようだ。

その夜はアナルに優しく触れながらちんこを扱いて射精させた。
お兄ちゃん、と叫びながら射精する一樹はそりゃもう殺人的なかわいさだったさ。