※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺と古泉は海の家に居た。
無論、海で泳ぐためだが、古泉は着替え終えた後――と言っても、お互い事前に海パンを着て来たから服を脱いだ後、と言ったほうが正しいのかもしれないが――日焼け止めクリームを塗っている。
「……女じゃねーんだから、少しぐらい日焼けしていいんじゃねーの?」
「日焼けは皮膚ガンの元なのですよ。健康第一ですからね」
言うことは最もかもしれないが、若い身空でガン予防とか爺臭く感じてしまうし、何より俺はこの土方焼けを消すほうが先決だった。
「手が空いているのなら、背中を塗って頂けませんか?」
「ったく、しゃーねーな」
断ったところでこの部屋を出るのが遅くなるだけだと判断し、奴から日焼け止めクリームを受け取る。
「あーあ、何で野郎の背中を塗ってるんだか」
俺はこれ見よがしに文句を言いながら日焼け止めクリームを塗りたくるが、
「どうせなら朝比奈さんの背中に塗りたかったぜ」
古泉は俺のそんな戯れ言も意に介さないようで、
「それは奇遇ですね。僕も出来たら朝比奈さんに塗ってもらいたかったですよ」
口元を手で押さえながら笑っている。
本当にああ言えばこう言う奴だ。
「塗り終えたぞ」
塗り終えた俺は、古泉に日焼け止めクリームを返す。
「ああ、すみませんでした」
古泉はそれを受け取るが、その際にふと奴の手首にある腕時計に目が移る。
奴は俺の視線の行く先を察したのか、
「メンテナンスから戻って来たのですよ。防水仕様ですから、海でも大丈夫です」
片手を挙げて腕時計を見せた。
毎度ながら厳つい時計だな――
ふと思い立って腕時計に手を掛け、奴が驚いている隙に素早く腕時計を外し取る。
「えっと……その腕時計はめてみます?」
古泉は俺の意図が掴めないようでキョトンとした表情でいるが、
「いや……」
俺は奴の腕を取ると、腕時計焼けを舐め始めた。
「何で腕時計焼けなんて舐めているんです?」
「ここだけ日焼け止めクリーム塗ってないから」
古泉の怪訝そうな問い掛けに、答えになっているようでなっていない返事をする。
「そう…ですか」
奴は声のトーンを落としてつぶやくと、そのまま黙りこくっていた。

それから少し時が経過しただろうか。
「……いつまで舐めているんですか?」
古泉は少し緊張した声で尋ねるが、俺はその声を無視して舐め続ける。
「あの……ですね」
奴の腕が徐々に熱を帯び、かすかに震えている。
「……日焼け止めクリームを塗っていない場所は…他にもあると思うのですが」
俺は腕時計焼けから顔を離すと、そっと見上げて奴の表情を伺う。
「例えば?」
「ええと……その……」
古泉は頬染めながら言い淀む。
「どこだ? 言ってみろ」
「うっ……」
そんなに口で言うのが恥ずかしいのだろうか。
奴は尚も頬を染めた状態で、潤んだ目を泳がせている。
「………」
折角だから直接言ってほしかったが、この調子だと奇をてらって足の裏とか言いかねない。
「ここか?」
業を煮やした俺は、古泉の顔を引き寄せてそっと唇を重ねる。
そして、ゆっくりと重ねていた唇を離すと、奴は恥ずかしそうに更に頬を染め、今にも消え入りそうな声でつぶやく。
「……はい」

本当に、ただ唇を重ねただけのキスだけど、今の俺たちにはこれで十分だった。