※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ、あのっ・・・ぼ、僕、何かいけないこと・・・しましたか?」
「どうして?」
「・・・・・・だってっ、その、おちんちん・・・いたっ・・・」
「やあだ、一樹くんのマッサージよ?ここに疲れが溜まるからね、ここから毒を吐き出すの」
「そうなん、ですか・・・?お姉ちゃん、その・・・おちんちんに痛いことしてるから、僕何かだめなことしちゃったのかなって・・・」
「そんなことないよ、・・・ほら。気持ちよくない?」
軽く上下に動かして、上目遣いに僕を伺う。
キャミソールから見えるお姉さんの胸に、どきどき、します
「・・・っ!あっ、あぁっ」
「そうそう。そうやって声は出しちゃいなね」
「あぁあ・・・っ、はぁ、んぁっ」
「こら一樹くん、足は閉じちゃダメよ」
「・・・ぁあっ、だって・・・は、はずかしっ・・・・・・ふあぁっ!!」
「もう、顔も隠しちゃダーメ・・・こんなに可愛い顔してるのに」
「あぁああ!!だめっ!だめ、早く、しないっ・・・れ・・・・・・はぁ、はひっ」
はじめての感覚に足がひきつって、僕の爪先は畳をひっかく。
「もうちょっと、ね」
「あぁぁ!やらっ・・・・・・だめ、だよぉっ、ぁう、あぁあぁぁぁっ!!」


「きゃ、・・・あら一樹くん。こんなに溜まってたのね」
全部自分の顔にかけちゃって、かわいい。とお姉さんは僕のあごをひとなめして僕にそれを口移ししました。
「・・・うぁ、ま・・・じゅ・・・・・・ん、んぅ」
美味しくない、です。
「こおら、こぼしちゃめっ。よ」
「は、はいぃ・・・ちゅ・・・んく、」

「・・・。よし一樹くん、いいよって言うまで目つむってもらえる?」
「は、はいっ」

「ん・・・ちゅ、ぅ、・・・」
「んっ、うぅ、ぅっ」
僕の口の中に何か、入ってきました。
目を開けちゃいけないから見えないけど、・・・・・・お姉さんのにおいがします。

「一樹くん、今お姉さんに夢中になってなかったでしょ」
「えっえっ、あ、のっ・・・ぼく・・・、あぅっ」
お姉さんのこと、考えてたのに・・・
おちんちん、ぎゅって握ったら痛いです・・・
「お仕置き、よ。四つん這いになってお尻こっち向けなさい」
「え、」


ズボン、さっき脱がされちゃったのにこんな格好したら、お尻の穴とかが丸見えです・・・、恥ずか、しい・・・。
「はーやーくぅ」
「う、は、はい・・・・・・」
外の空気に晒されて、お尻の穴がきゅうきゅうします。
お、ちんちんも・・・寒いし、恥ずかしいです・・・
「ど、どうしたら・・・・・・い゛っぁぁ!」
「・・・・・・んむ、ぐちゅ・・・ちゅっ・・・えぅ・・・んぐ、」
お、お尻の穴に、ベロが!!変です、いやだ!
「き、きたない・・・です・・・」
今までにない経験で、力が抜けてしまいます。
気持ちよくないわけじゃないけど、気持ち悪いわけでもなくって、変です・・・
「あぁぅ・・・・・・きたな、いぃっ・・・お、ねえひゃっ、ああぅ・・・」
「ちゅむぅぅ・・・っ、ぐ、ちゅ、あむ・・・」
お尻に・・・ベロ、入れられて、うぅ、変になりそうです・・・なんだか、どうしてか力が抜けちゃい、ます・・・。

「・・・ちゅ、あら、手の力なくなっちゃったの。一樹くんお尻の穴で気持ちよくなっちゃった?」
「ちから、がでないです・・・、そこなめられるとっ・・・変なんです」
「一樹くんのお尻の穴、ぽっかり開いちゃってるもんねぇ。・・・栓しないとだね」
「・・・せんですか?」
「うん、こうやって」
「あぁっ!」

「だめだめ、ダメです!・・・っ!・・・あぅぅ、あっ、抜き差し、っしないでくらさ・・・っ!」
「・・・やだ、気持ちいいの?一樹くん素質あるわ」
「・・・なんか、あう、・・・変っ、です!あっ、あぁっ」
入り口を出たり入ったりして、ふちに引っかかる指が、なんだか気持ちくておかしくなりそうです。
「こんなとこでよがってたら・・・うーん。・・・ここらへんかなあ」
更に中に指を入れて、いろんなところをこすったり、押したりして何かを探してるみたいです。
「・・・ふぅっ、うーっ・・・ぁぅ・・・う」
こんなにぐりぐりされたら、お尻の穴が、広がっちゃいそう・・・

「・・・・・・・・・っ!!あぁ!!」
何ですか?何ですか?今、なんか、変でした!
体全部が飛び出しちゃいそうな、変な・・・
「ここか!」
「あぁぁあ!!・・・ああ、だめぇっ!変だよ、お姉さ、こわ、・・・いよぉ・・・あぁ、うぁあっ」
ずっとずっとぐりぐり刺激してきて、気持ちいいのを通り越してしまいそうで怖いです!
おかしくなりそうで、いやだ!
おちんちんだって大きくなって、どうして?
さっき毒が抜けた時より、鼻につうんときて胸がどきどきします
不安なまま叫んでいたらお姉さんはやっとやめてくれて。
「あぁああ!ごめんね!・・・はじめてだもんね。・・・そっか、うーん。一樹くん、もうちょっとだけガマンしててもらえない?」
まだ、するんでしょうか
「するけど、それじゃ怖いんだよね」
「は、い」
お姉さんでも、怖いです・・・
「だからね、おちんちんをさっきみたいにぎゅっぎゅってしながらにしてみて?」
もしかしたら中和されるかもよ。


もうぐりぐりされるのはちょっと怖いけど、さっきみたいにおちんちんが・・・気持ちかったら、出来るような気が、します
でも、毒はさっき抜けたんじゃないかな・・・。
少し不安だけど、がんばろう。
「はい・・・僕、がんばります」








「あ、あぁあああ・・・っ、ふ、ぅっああぁ」
「一樹くん、どう?」
「・・・きもちぃ、おちんちんぎゅって、はぁっ・・・してたら、お尻がっきゅってなって・・・・・・あぁ、ああっ」
「そう、よかった。ん・・・」
「あぁぁぁ!!おちん、ちなめないでっ!おしり、ぃあぁっ・・・きもちぃ!はふ、ふぁぁっ・・・やだ!やだ!」
おかしく、なる!!!!

「あぁぁあああ!!!」
びくびくって腰が揺れて、お尻の穴でお姉さんの指をぎゅうと締め付けて、
またおちんちんから毒を出して、床を汚しちゃいました。

でもそんなの気にならないくらい気持ちくて、僕は少しの間口が閉められなくって・・・よだれもちょっと垂れちゃいました。
・・・・・・お姉さんは、どうかな?
倒れている僕は後ろを振り返り、お姉さんをちらっと見ると、微笑んでいました。
「・・・うふふ、一樹くんってえっちだね」
「な・・・ど、どうして、」
「うーん、一部始終を見て。それとも気持ちよくなかった?」
にやりと笑って僕をみる
「・・・きもちよかった・・・です」
僕は恥ずかしくて目をそらす


「じゃあ、もっと教えてあげる」
そう言ってお姉さんは、倒れてる僕におおいかぶさった。