※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あなたも強情ですよね、古泉さん」
拘束されて芋虫のように床に転がる彼を見下ろしながら、
わたしは冷たく言い放つ。
「素直にあなたの組織の事を話した方が良いと思いますよ?」
靴先で古泉さんの顎を持ち上げると、彼はわたしを睨んできた。
彼は表向き温和な態度を取っているけれど
根は信念を強く持った強情な人である事を、わたしは知っている。
彼の機関への忠誠心もなかなかのものだとも。
でも、時と場合って言葉がありますよね。
「どうなっても知りませんからね」
わたしの合図で、組織の尋問担当者が室内へ入ってくる。
あの機関に属する彼を、わたしたちと違いずっと表舞台に居た彼を
これから自由に出来るなんて、なんて楽しい事でしょうか。