※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――学校に通うためとはいえ、窮屈な満員電車は苦痛だがそうも言っていられない。(まあこう言う割にすぐに慣れてしまったのだが)
だが苦痛はそれだけには止まらず、これが卒業まで続くとなると頭が痛くなるという表現ではたりなくて、きっと僕の頭は割れてしまうことに相違ない。

この路線に乗るようになってから、近くに姿を見せるようになった彼は明らかに異様な雰囲気を纏っていた。しかも今日は背後に位置していて僕の神経も過敏になっていた。加えて僕は扉と向かいあっていて前方には誰もいない。
案の定、彼の手はちらちらと僕の尻を撫で摩り僕は見かねてカバンを後ろ手にもち防ごうとしていたが、この混み具合に対しては無理な話だ。
毎日、乗る車両を変えてみても同じ車両に乗り合わせていてされるがままになっていた。自分も男なのだし、気味が悪かったが尻くらい好きにさせてもいいかなどと諦めていた。
だが今日は様子が違うようだった。
その男は身長で言えば僕の肩口にちょうど息がかかるほどの差で、ときには耳に吐息がかかるのでやめて欲しいなどと考えていた。
「…っあ!?」
せつな、電車が大きくゆれ首筋に生温いものが触れた。
きっと彼の唇だろう。故意ではないと思いたいが、それは確率にすればどれほどだろうか。
だが揺れのお陰で後ろに手を組み直すことを許され、カバンでガードされるから容易く触られることはないだろうと安心する。
次の駅まで到着までそろそろだ。
そう思った瞬間、手首にひやりとした感触、そしてカチャリという金属音。
(嘘…ですよね…)
男は遠慮なしに手を前にまわしベルトに手をかける。ファスナーを下ろし容赦なく下着の中に侵入して這うようにモノを愛撫する。その刺激に息を殺し、顔をあげていることすら難しかった。
(こんな場所で…こんな…)
静かで確実な動きに僕自身も応えて育っていく。先から滴る液体を持て遊ぶように指がからみつく。指は輪郭をなぞり根本にたどりつき翻弄する。脚の付け根から後ろの口に指を擦って刺激され、根本を絞められる。達する直前
「だめだ。」
そう言ってリングを根本に固定されイクことすら許されない。
ファスナーだけではなくボタンまで外されたものだから、自分で押さえていなければ衣服が、重力に逆らわずに地に着いてしまう。それどころではないというのに。
もうすぐ、駅だ。着けば最悪な状態であったとしても解放される…ほら減速に入ったみたいだ。
『踏み切りの警報機故障のため、しばらく停車いたします』
そう耳の奧で響くアナウンスに、理解したくもない男の言葉が重なる。
「これが何かわかるか?」
ひやりとしたものが下腹部に触れる。それが何かわかるはずもなく、わからないほうが幸せだっただろう。新たにザリ、という感触。「カミソリ。」
「……っ!!」
「大人しくしてないとパンツに血がにじむぜ?」
幼な子をあやすようにやさしい口調で残酷に言い放つ。