|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ラボ研/ラボ研トップ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

研究責任者 漣

ラボ研目次



研究の紹介

研究テーマ

 テーマ:ケミカルラボの効果に関する基礎的研究
 略して「ラボ研」


研究の動機

 軽いテイストで箇条書きすると,こんな感じです.

  • TSで成長合成は 超・重・要!
  • しかしネイトへぼいよ へぼいよ へぼいよ
  • 何とかならんのか・・・

  • 素敵スキル ケミカルラボ があるじゃないか!
  • ラボってさ.効果あんの?
  • …さぁ?
  • それじゃ,折角だから自分で調べてみようではないか!

 簡単にまとめると,次のようになります.


研究内容

 本研究の注目点は次の2つ.
  • ラボ習得の有無によって,成長合成の適用数値に差があるかどうか調べること.
  • ラボ習得時のステータスの差異によって,成長合成の適用数値に差があるかどうか調べること.

 そのために,次の3つの条件でそれぞれ100スロットずつ成長合成をして,結果を解析します.
  • ラボなし,低感知
  • ラボあり,低感知
  • ラボあり,高感知


実験について

 2008/2/1 7:30-12:45にかけて実験を実施,無事に終了いたしました.
実験結果の速報についてはこちらからご覧いただけます.


超簡単・一言結論

 本研究の結論を一言でまとめると,こんな感じ.
  • ラボに感知依存性はない.
  • ラボを取得しても,成長合成結果の平均値が上昇すると言えるような,劇的な変化は期待できない.
  • ラボ習得で44以下の数値が出る確率が10%下がり,50-57が出る確率が10%上昇した.(カラスの爪の場合)
  • 最低値のすぐ近く・58以上の高数値の出る確率はほとんど変わらない.



研究論文

 研究の背景から結論までを書いた正式な文章は,こちらからご覧いただけます.
  論文タイトル:ケミカルラボの効果に関する基礎的研究
  第1章 はじめに
  第2章 比較実験の方法
  第3章 比較実験の結果と考察
  第4章 結論
  第5章 おわりに


その他の成長合成関連の話題







本研究に対するご質問,ご意見等はこちらにお願いします.

お名前:


最終更新: 2008-06-04 20:16:43 (Wed)


メニュー

 ギルド5周年ありがとう!

6周年まであと 日



<企画もの>


  • 今更復活!エンゼル☆ブログ
  ゆったりまったり
  (ももゆず)
☆過去記事をさらしているだけです(ノω`)プププ

   






リンク





TS関連



その他(素材等)




カウンタ


 合計: -
 今日: -
 昨日: -



最近の更新

取得中です。