短発吉川っち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4 自分:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/03(土) 21:31:08.85 ID:eIB+33cZ0 [2/2]
吉川っち「…」
吉川っちが少し体をよじる。
俺はかまわずその大きなお尻をまさぐっていく。
その大きめのお尻はプリプリとした弾力で
俺の指を押し返してくる。

やがて俺の指は吉川っちのスカートの裾にかかる。
俺はそれを少しずつめくり上げて中に侵入する。
右手の指が吉川っちのパンティラインに触れた。

硬いパンティラインが吉川っちの尻肉を締め付けているのが分かる。
瞬間、スカートがずるりと降りてきて俺の指と吉川っちのお尻を隔離する。
次には吉川っちの指が俺の指に触れた。

つづかない
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。