坂田銀時


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『万事屋 銀ちゃん』という何でも屋を営んでいる銀髪天然パーマの侍。
死んだ魚の様な目をしているが本人いわく、「いざという時はきらめく」
基本的に無気力でだらしがなく、余計かつ卑猥な言動が多く金に汚い。
甘いものを定期的に摂らないとイライラする程の甘党。そのため血糖値が糖尿病寸前の域まで達している。

自分が大切に思うものを守ろうとする時は普段の怠惰ぶりを感じさせず、きめるときはきめる。
勝負事に関しては自分なりの『武士道』を持っており、それを曲げる事を極端に嫌う。
攘夷戦争に参加した過去が有り、『白夜叉』の異名をとり敵からも味方からも恐れられた程の侍。

神楽の保護者として何度か顔を覗かせてはパフェやケーキを食べまくり、浦原やアソパソマソとの猥談で盛り上がっていた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。