※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Raptureでこの先生きのこるには


まだゲームシステムが良く分からない内は、下記のような事を念頭に置いて行動するといいかもしれません。


  • 敵は無限沸きです。
サクサクプレイしてると、まるでスクリプト沸きのように次々と遭遇することになりますが、
実際は「特定のポイントで必ず出現するスクリプト沸き」と「数が減るとこっそり補充される無限沸き」の組み合わせらしいです。
なので、敵を全滅してボーっとしてるとまた沸いてきたりします。

進退詰まったらとりあえず敵を狩って㌦集めも有り。


  • 攻撃の基本はPlasmidとの連携
チュートリアルでAtlusも言ってますが、基本はPlasmidを利用しての連携攻撃です。
特に、最初に言われる「電撃で痺れさせて殴り倒す」は、非常に効果的なので、
序盤の弾が少ないうちは積極的に狙っていくと良いでしょう。

他にも、「燃やして水に飛び込みに行ったところへ電撃」
「敵のグレネードをサイコキネシスで投げ返す」
「凍らせてレンチで破壊」といったネタは基本になりますので、
状況に応じて上手く使えるようになりましょう。


  • 弱点攻撃を狙おう
攻撃時、HPゲージが赤く光ることがありますが、
これは弱点攻撃が成功した合図です。

通常攻撃に比べて大ダメージが期待できますので、積極的に狙っていきましょう。
弱点攻撃には、いわゆる「ヘッドショット」のような弱点部位へのピンポイント攻撃の他、
「生命体へAnti-Personal Bullet」を使用しての攻撃、
「機械やBig-DaddyへArmor-Piacing Bullet」を使用しての攻撃等、
「相手の特性に合わせた弾丸での攻撃」が存在します。


  • 大量の回復アイテムには要注意
FPSにおけるお約束という奴ですが、
「回復アイテムが大量にある」=「回復アイテムの大量消費が見込まれている」
ということです。

妙にFirst-Aid kitやEVE Hypoを見かけるようなら、
セーブして警戒しておくと良いかもしれません。

  • カメラの使い道
敵を撮影することで研究が進み、ゲージが満タンになると、その敵に与えるダメージが増します。攻撃中に撮影することでボーナスが付いたりしますが、一人の敵に対する撮影上限枚数やランクについての条件は不明です。
フィルムは自販機で売ってますし、カメラで撮影することにより得られる特殊スキルもありますので、どんどん撮影しましょう。

  • 監視カメラ等の対応
監視カメラ、ガンタレット、セキュリティーロボは破壊せず、電撃で機能停止した隙に
ハッキングしましょう。無限沸きの敵を勝手に撃退するので弾の節約が出来ますし、
目標達成後(トリガー沸き)に敵が出てきても、タレットだけで対処できる事が多いです。

  • ビッグダディ対処法
基本は電撃ショットガン→Electric Boltのループです。痺れている間に装填しましょう。
最初に戦えるダディは打撃しかないので、階段を下りて左(ショットガンがあった部屋と逆)
に誘導し、しゃがんで入る換気口から攻撃すれば一方的です。