大学生編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物

-主要-

  • 伊東千歳(旧姓 片桐)
 昭和55年2月5日生まれ。A型。本名は「千裕(ちひろ)」 だが免許証を覗き見した蓮太が「千裕」という漢字を「千歳」と読み間違えて読んでしまったことが原因でその後周囲からも「千歳」と呼ばれるはめになったため皮肉をこめて自身のハンドルネーム、ペンネームも「千歳」としている。愛称は「ちー」だがさらに略して「ち」と呼ぶ者もいる。兄が3人おり兄たちの影響を大きく受けていて少女コミックや恋愛ドラマに興味がなく男性向けの漫画、アニメの方を好んでいるため同性のクラスメイトとは話がうまくあわず、男子から「おまえの家は漫画も買ってもらえないのかよ」と言われ、性格が「お姫様」であることからあだ名は「貧乏姫」だったという。(小学生思い出編)これが高校生になって口達者になると毒舌をよく吐くことから「毒舌貧乏姫」と呼ばれそのことについて『世界でもっとも哀れみな姫だな。あたしらしくて嫌いじゃなかった。むしろ自分でもゲームとかでつかっている』と語っている。(ネトラジより) 幼少時代両親が離婚、片桐家の養女となったこともあかしており、そのことについては『もうそんなのどうでもいい。もらわれてなかったら今の人生はなかったし』とも語っているが、そのこと気にしている面も多々あり、出産後は『絶対手放すような親にはなりたくない』ともブログにつづられている。