課題02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

------------------------------------------------------------------------------------------------
[概要] まず, 前回説明した a=3.5, b=1.5, c=a+b を計算する
プログラム

     /* 05D8101001A KUSANO midori 草野 みどり 5/17,2005
     プログラミング演習1
     課題02*/

        #include <stdio.h>
        int main() {
        float a,b,c;
        a=3.5;
        b=1.5;
        c=a+b;
        printf("a=%f b=%f c=%f\n", a, b, c);
    }
を kadai02.c という名前のファイルに作成し, それをコンパ
イルして a.out を生成し, ./a.out を実行する. つぎにこれ
を修正して, a=100000, b=0.001 と値を変更せよ.  kadai02.c
というファイルの最後に, コメントとして実行結果を転記せよ.

[手順]

(1) a と b の値の和を計算するプログラムを作成し,
kadai02.c というファイル名で保存せよ.

(2) cc kadai02.c とコマンドツール(ターミナルエミュレータ)
内で, コマンド文字列 「cc kadai02.c」を入力し, 実行可能形
式のファイル 「a.out」を生成せよ.

(3) コマンドツール(ターミナルエミュレータ)内で, コマンド
文字列 「./a.out」(実行可能形式のファイル名に等しい)を入力
し, 実行可能形式のファイルを実行せよ.

(4) a と b の値を変更し, 再度コンパイルし, 実行せよ.

(5) 実行結果を kadai02.c のプログラムの最後にコメントとし
て付加せよ. 提出すべきプログラムは, a=100000, b=0.001 とし
たときのプログラムである.

プログラムの先頭は次の項目を含むコメントにすること.
最初の行は, 「学籍番号」, 「ローマ字氏名」, 「漢字氏名」,
「日付 (月/日, 2005の形式)」. 2行目以降は適宜記述すること.

(6) HIPLUS で kadai02.c のファイルを提出せよ.


------------------------------------------------------------------------------------------------


ソース


    #include <stdio.h>

     int main()
    {
        float a,b,c;
        a=100000;
        b=0.001;
        c=a+b;
        printf("a=%f b=%f c=%f\n", a, b, c);
    }

  /* 実行結果: a=100000.000000 b=0.001000 c=100000.000000 */