課題04


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

------------------------------------------------------------------------------------------------
[概要] 色々な数の計算

万有引力の計算: r [m] 離れた質量 m1 [kg], 質量 m2[kg] の物体
の間に働く万有引力

        G m1 m2
   f = ---------  
          r*r

の値[N]を計算し, G, r, m1, m2 の値と f の値を表示せよ.

ただし,
                  24                                  3
     m1=5.974 x 10  [kg], m2=1.0 [kg], r=6367.447 x 10 [m]

                                -11      2  -2
     万有引力定数 G=6.67259 x 10     [N m kg  ]

とせよ. 数値の表示の際には,
    printf("G=%g\n", G);
という %g 変換を用いること. 意味は C文法要約の7ページの表を参照.


[説明]
  大きな数や小さな数は, 指数をつけて表現する. 指数の表現方法は
C文法要約1ページの左下に説明がある.
  上記の万有引力定数は, プログラム中では
      G=6.67259e-11;
となる.
  Cでは, プログラム中に浮動小数点数の定数を記述すると, それらは
通常すべて double 型(倍精度浮動小数点数)となる. float 型定数を
明示するには, 定数の最後に F をつける.


[手順]

(1) 浮動小数点型の変数 f, r, m1, m2, G を用意し, それぞれに
値を設定した後, f の値を計算し, G, r, m1, m2, f の各値を表示
するプログラムを作成し, kadai04.c というファイル名で保存せよ.

プログラムの構成例

   /* 学籍番号, ローマ字氏名, 漢字氏名, 日付 */
   #include <stdio.h>
  
   int main() {
       float f, r, m1, m2, G;
       r=6367.447e3;
       m1=5.974e24;
       m2=1.0;
       G=6.67259e-11;
       f=....
       printf("G=%g\n", G);
       printf("r=%g\n", r);
       printf("m1=%g\n", m1);
       printf("m2=%g\n", m2);
       printf("f=%g\n", f);
   }
   /*
      実行結果
    */

(2) cc kadai04.c とコマンドツール内で実行し, a.out を生成せよ.

(3) コマンドツール内で, ./a.out とキー入力し, リターンキーを押す.

(4) kadai04.c のファイルの先頭に学籍番号, ローマ字氏名, 漢
字氏名, 日付がコメントとして記されていること, および, 最後
に結果がコメントとして記されていることを確認せよ.

(5) HIPLUS で kadai04.c のファイルを提出.

------------------------------------------------------------------------------------------------