※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年08月27日/アイドルマスター アニメ第5話の感想
2011-08-27



【リンク】
THE IDOLM@STER


※ネタバレ注意



第4話に続けて更新です。
ニコニコでの配信の前に絶対記事にするぞっという謎の焦りがありました。
この回、かなり良かったと思います。水着回なのに水着の出ない後半の方が面白く感じましたねー。
しかし今回も感想っていうか番組のまとめみたいになっちゃってますね。
感想は気持ちのままに書くと納め所が分からなくなるので、どうしてもこういう感じになってしまうんですよね。
特にアイマスみたいなものが対象となると、どの言葉を使っていいかも分からなくなる。
まーこれはこれで。画像集みたいな記事でも良いじゃない。







第5話 みんなとすごす夏休み






暑さでグデーっと。クーラーも故障中で扇風機頼み。




“△”な口かわいい。
今回の社長の字は「忍耐」。

亜美「涼しくなるシリーズ~ 白いもの~」
亜美「カキ氷~」
真美「杏仁豆腐~」
亜美「白熊~」
真美「白イルカ」




扇風機に向かって
響「あ~つ~い~ぞ~」




伊織に怪談話を聴かされるゆきまこ。
怖い話って実際涼しくなるもんなんですかね?。
あれか、かゆいところを痛くしたり冷たくすると感覚を誤魔化せるみたいな事か。




亜美「冬のマッターホルン~」
真美「シベリアのブリザード~」
亜美「ん~とぉ~・・・真っ白のスケジュール~」
春香「(苦笑)…ある意味 それが一番涼しくなるよねぇ~」



真美?「壊れたエアコン!」
亜美?「オンボロのエアコン!」
真美?「役立たずのエアコン!!」




エアコンさんは明後日に修理される予定だが
亜美真美は怪獣ヘドロンになっちゃうそうで。




「ぬるいな…」「ああ…」と言って欲しかった。




Pさんアイス買ってきた。
ゴリゴリ君ソーダ味、とスイカバー。
亜美真美が食べていたオレンジ色のはパピコ系でしょうか。
Pもオレンジのを食べていましたが形状が違うかな。




響の実家が海の近くで、ちゅら海が恋しいって話からPに慰安旅行で海へ行きたいと希望。
小鳥さんも後押しし、行く事になりました。




OP。




電車で出発。てってってー♪。
P「仕事が無いものって声掛けたら・・・全員来てるし」
律子「実際ヒマなんだからしょうがないですよ」
P「律子もか?」
律子「私はその… プロデューサー1人で大変だろうと…」
あずさ「みんなで旅行なんて、楽しいですね~」
P「まぁ、そうですね」




春香「私マーメ~イ♪」
焼いてきたクッキーを千早に。




亜美「はるるん!これと換えっこ~」
真美「手持ちのチョコを2払い、はるるんのクッキーを4召喚する~」




冷凍ミカン貰うやよい。




駅弁買う響。
3人前と袋。貴音が2つ分食べるのかな。




嬉しそうに看板に手を振る貴音。
メガネ買った方がいいぞと響は言うが、視力のせいなのか…。




電車でも怪談話。ブルーバック。
昼の電車内でやっても余り怖くなさそうですが。
やよいの位置にも声は届きそうですけど気にしてないのか怖くないのか。
伊織の迫り方が情緒ある。




電車から海が見えるとそのまま海の場面へ。




新曲『神 SUMMER!!』




前回に続きケツ春香さん&どんがら。
雪歩に心配される。




ちゃんと準備体操するやよい。
空気入れる伊織。
荷物を管理する律子。
足取りゆっくりの千早。




巨乳勢3人が千早の回りに…。




胸見て「くっ」。




折角なので画像2枚を合わせてみる。
美希やよいの方は水のところがズレてしまいます。
春香は肌上の水しぶきをちょっとだけ加工して違和感無くしました。




浮き輪でゆったり伊織。
でも亜美真美に水をかけられ邪魔される。
この水かかる作画が中々良いと思います。




画像で見ての通り、競争です。
海に飛び込む時の画の胸が薄くてなんとも…。




ムービーを回すP。
Pも言っておりましたが、これだけアイドルが揃って全く気付かれないのはマズイよねぇ。
そして砂を掘る雪歩。なんか彼女の習性みたいに思われそう。




浮きトリオ。




ハム蔵はお休み。
水を置いてあるのがいいね。




亜美真美に連れられ埋められ、ナマコとアメフラシを近づけられるP。
自分はナマコは触れますがアメフラシは抵抗があります。




パラソル下で本を読む千早を誘う春香。




嫌そうな千早を脱がす。




カメラは律子へ渡っていました。
その映像はBDの特典でお願いします。




『挑戦!ジャンボラーメン3杯!!』に貴音挑戦。
3杯が少なく思えるのは何故だ。
観衆「王女だ!銀色の大食い王女だ!」




まだ掘る雪歩。
雪歩「よっつ四葉のクロ~バ~♪」




ナンパに遇う美希。
その様子を見せないため、やよいの目を隠す伊織。




美希「向こうの岸まで速く泳げた方と一緒に食べよっかな~」
ナンパを退け、イカ焼きとヤキソバを入手しました。
伊織「とんだ小悪魔ね…」




真が海から出てくるところ。
水跳ねエフェクトがちゃんと入っていて、
目にも白い色を足し潤いを与えています。




岩に先に付いたのは真でしたが、響は鯛を獲ったゲロ~。
…道具無しでか。仮に道具があっても普通の人には獲れんだろう。




もう夕方です。
砂の城に忘れられるP。




後半へ。




『UNIVERSAL GOLD HOTEL』、の横の『あづま宿』へ。
亜美真美は女風呂を覗けるかチェックするために一番乗り。




女将さん。




今回は「756プロ」じゃなくて良かった。




部屋。広い方でしょう。
響とハム蔵が入るなりでんぐり返し。
わざわざハム蔵にもさせるのが拘りですね。




美希「たたみって寝心地いいよねー」




雪歩「おちつく~」




貴重品として金庫に入れられそうになるハム蔵。
ギャグか天然か。




混浴じゃなくて「チッ!」。いやいや。




Pの一人用部屋。
亜美真美が階段を上っていたので2階にあります。
P「俺だけ一人で寂しい~…」




小鳥「私が一番寂しいですぅ~」
社長から電話が入る。“LINE NI-54 シャチョウ”。
例の企画の話。




机の上の企画書類。
ユニットメンバーの名前と年齢、そして趣味。
「人気歌番組「アミューズメントミュージック」でのデビューを目指します!」




浜でバーベキュー。
律子の位置がマジPよねぇ。
ハンディカムのもじりメーカー名は…無い。




響の獲った魚も焼いております。




牛、牛を食べる。
やよい「美味しいですぅ~。本当に美味しい…♪はぅぅ~」
可愛すぎてコッチの腹も脹れる。




貴音食べるの速い。雪歩も見惚れる。
肉足らないな。




亜美真美が肉希望。
あずさ「野菜も食べなきゃだめよ~」




焼き肉焼くのを替わりましょうかと春香。




Pが春香の申し出を断ったら、だったらとお肉アーンのサービス。
が、美希に阻まれる。アホ毛も潤う。そのままの意味で肉食系。
ここPがそのまま顔を前に出してたら美希にキスできたよね。
まぁその気が無ければ止めるのが普通なので。




肉は逃したが千早が飲料を勧めてきました。
Pはビールを。
この画像2枚だと千早が凄く小さく見えてしまいます(背の事ですよー)




花火開始。




花火中に小鳥さんから電話が。
花火空を見る顔から心情が窺えますね。




風呂。エロさが無くて良かったです。人によっては残念か。




ちゃんと日焼け止め塗ったのに肌が沁みる雪歩。
砂が影響したかな。
私的に雪歩には日焼けさせたくないなぁ。




御機嫌律子。メガネ&髪を解放してます。
もっと見たかった。




巨乳2人に挟まれ「くっ」。
前回からスタッフによる千早いじめが止まないです。EDでも。




Pはハム蔵と風呂。
響と一緒じゃないんだね。Pにもある程度懐いているのでしょう。
ハム蔵がPと同じ動きをしているので、人のマネをするのが得意なのかも。
ここに美希が間違えて入ってきました。
気にせず湯船まで入らせる…のは同人がやればいい。




女風呂へ向かう美希のタオルが落ちた時、
Pがニュータイプ的な表情をしているように見えます。
美希「イヤーンなの★」




コーヒー牛乳を一気飲みする2人。
この2人がコーヒー系飲料って少し意外。
自分も一度やってみたいですね。外出して風呂とか殆どしないからなぁ。




卓球する亜美真美とマッサージイスに座るあずささん。




雪歩が浜辺にケータイ置き忘れてきたので、3人で探しに。
この伊織の風呂上りの髪が目新しくていい。




真が雪歩携帯に電話をかけたので直ぐに見つかりましたが
伊織が怪談の続きを始めてしまいます。




怪談の途中で話に出てくるような人を見つけ、ギャー。




幽霊的な何かは月を見ていた貴音でした。
長々を見ているので響は少し飽きていたようですが、
貴音に口説かれ?一緒に見ます。




はるちはも夜風に当たって月見。
春香にみんなで旅行したりするのは苦手か尋ねられ
千早「わからない…でも、歌の仕事を貰えないのは私に実力が無いせいだと思う。
今は遊ぶよりレッスンの方が大切だと思えるから。
でも…こうやって静かに波の音を聴くのは嫌いじゃないわね。」
春香「…そっか」




逃げ帰る怪談組。尻。




酒飲み中。缶いっぱい。
この缶の元ネタは、エビスと氷結かな。
「MINASE BEER」「氷果」。




律子にも酒を勧めるあずささん。
律子「あんまり、飲み過ぎないでくださいよ」
更に歌い始める。
あずさ「ねこねこにゃんにゃん♪」




律子「私、これからガンガンいきますよー。見ててください!」
酒のつまみに律子の笑顔。




寝姿。




雪歩は怪談の影響が取れないようです。「おばけ・・・怖い。」
雪歩と真が同じ布団で。本が薄くなるな。




やよい「おにぎりの具はー」
美希「イチゴババロアぁ」
春香「www会話してるww」
千早「(笑)」




来年の私達の話。ここでの会話がいいのよねー。
春香が千早に話しかけ、真と伊織も加わる。
話の内容を書き出してみました。(ミスは無いと思いますが…)
会話中の画像は下にまとめて。


春香「千早ちゃん、起きてる?」

千早「ええ」

春香「今日楽しかったねー。なんだか、修学旅行みたいで。」

千早「(にこり)」

真「来年も、来れたらいいよね。」

春香「うん♪」

春香「…ねっ、来年の私達って、どうなってるのかな?」

真「…んー…やっぱり…仕事もだんだん増えてきてて…って感じかな?」

春香「うんうん、レギュラー番組、持てたりしてると嬉しいよね?」

真「ちゃんとライブやったり、CDもっと出せたり」

春香「ひょっとしたら、トップアイドルになってるかも♪」

真「おお~。それでレースやフリルの入ったステージ衣装を着て♪」

春香「うんうん♪」

伊織「あんた達はお気楽ねー」

春香・真「えっ」

伊織「もっと現実を見なさいよ。律子はともかく…あの頼りないPよ。期待どころか、会社の存続が心配だわ」

春香「そうかなぁ?。一生懸命頑張ってると思うけど。」

真「あ。そういえばこの前寝ぐせのまま会議に出てたっけー」

春香「あはははw」

伊織「ふぅ…まぁ、あんなPだからこそ、私達みんなでフォローしていかないとね。」

春香「伊織…」

真「そうだね。そうすればきっと、さっき春香がいってたみたいな事も」

春香「あるかも♪」

春香・真「えへへへへ」

春香「…でも、もしそうなったら、みんな揃ってこんな旅行とか、もう出来なくなっちゃうのかな?」

真「ぁ…」

千早「…」

伊織「ばかね。そういう事はなってから考えなさいよ」

春香「うふ…そうだね」

真「(笑顔)」

伊織「おやすみなさいっ」

春香・真・千早「おやすみ」




会話の後の表情もまた良いのよね。




まだ月を見ている貴音。
この流れで見ると彼女もシリアスパートがあったりしそうな感じも受けますね。




帰還。さっき修理が終わったばかりのエアコンが効いています。




ハム蔵は日焼けしたが、貴音は全然焼けていない。
貴音は日焼け止めを塗らなくても焼けない気がしてしまう。何となく。




社長「…私が色々と走り回っていた間に、随分とリフレッシュできたようだね。」
社長も行きたかったんだろうなー。
あずささんがお土産持ってきてPの緊張感を緩和。




竜宮小町の始動が正式に決定したと発表。
あ、ここの画像の上にもう1台エアコンがありますが、
それは故障したままっぽいです。




みんなの表情。




写真と書類。




ED。新曲『MOONY』。




予告は亜美?真美?。WEBで確認。



名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ