※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2014年01月26日(SUN)/今日のまとめ
2014-02-21









【ニュース記事一覧】

施設給食や弁当14人食中毒症状、3人からノロ 名古屋:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1T73RHG1TOIPE01H.html

施設給食や弁当14人食中毒症状、3人からノロ 名古屋

2014年1月26日03時45分

名古屋市は25日、同市南区の社会福祉施設「ニコニコハウス」で22日に調理した仕出し弁当を食べた市立緑高校の教職員11人と、給食を食べた通所者3人の計14人が、23日以降に下痢や嘔吐(おうと)などの食中毒症状を発症したと発表した。うち3人の便からノロウイルスが検出されたが、全員快方に向かっているという。南保健所は25日、施設の飲食店部門を営業禁止にした。






安倍首相、インドの記念式典に出席 日本の首相で初:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V4VLVG1VUTFK007.html

安倍首相、インドの記念式典に出席 日本の首相で初

2014年1月26日20時40分

インドを訪問中の安倍晋三首相は26日、ニューデリーで開かれた共和国記念日の行事に日本の首相として初めて出席した。主賓席で昭恵夫人とともに、インド軍による戦車やミサイルなどのパレードを観閲。民族衣装に身を包んだ人たちの踊りや音楽も楽しんだ。

インドは記念日に例年、1カ国の首脳を主賓に招くが、日本の首相が招待されたのは初めて。安倍首相は出席後、記者団に「最大の民主主義国家であるインド最大の行事に主賓として招かれたのは日印関係にとって画期的だ。関係が発展している象徴だ」と語った。

シン首相は25日、安倍首相との会談後の共同記者発表で「安倍首相の参加で日印の戦略的パートナーシップが深まる」と述べていた。(ニューデリー=蔵前勝久)







「集団的自衛権、見直す時期」維新・松野氏:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V3RNHG1VUTFK003.html

「集団的自衛権、見直す時期」維新・松野氏

2014年1月26日15時08分

■松野頼久・日本維新の会国会議員団幹事長

日本の安全保障環境は、冷戦時代から今の尖閣の緊張関係まで大きく変わっている。一貫して政府は集団的自衛権を認めない方向でやってきたが、集団的自衛権はそれぞれの独立国であれば持っている。それを、権利はあるが、行使できないという、わけのわからない解釈でしばってきた状況を考えれば、見直す時期に来ている。

集団的自衛権や憲法改正については、与野党の垣根を越えて、胸襟を開いて今国会でも、また臨時国会でも結構なのでじっくりと話し合おう。ただ、集団的自衛権を認めたからといって、地球の裏側の戦争まで加担するという不安感を払拭(ふっしょく)しないといけない。(NHKの番組で)






「国土強靱化、公共事業バラマキだ」結いの党・小野氏:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V3RNJG1VUTFK004.html

「国土強靱化、公共事業バラマキだ」結いの党・小野氏

2014年1月26日15時09分

■小野次郎・結いの党幹事長

安倍首相の施政方針演説を聞いて違和感があったのは「責任野党とは協議する」とおっしゃったことだ。前国会は強行採決と、それに反対する怒号の中で終わった。年の初めには、どの野党ともしっかりと協議しましょうという姿勢を示してほしかった。財政再建に向けた政府の努力には一定の評価をしているが、国土強靱(きょうじん)化、公共事業バラマキの姿勢は変えていない。規制改革を徹底して進めることこそが日本の成長戦略になる。その意味では今回の予算案は不満な点が非常に多い。(NHKの番組で)







「安倍首相、国民の願いに逆行ばかり」共産・山下氏:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V3RNJG1VUTFK005.html

「安倍首相、国民の願いに逆行ばかり」共産・山下氏

2014年1月26日15時10分

■山下芳生・共産党書記局長

(安倍晋三首相は)「好循環実現国会」と言うが、実際にやろうとしているのは消費税の大増税だ。暮らしはますます大変になるし、中小業者の方々は廃業の心配をされている。これでどうして好循環実現などと言えるのか。

しかも、昨年の臨時国会では、国民の多くが反対、あるいは、慎重にと言っていた特定秘密保護法を強行(採決)した。今度の通常国会にも、原発の再稼働と新たな建設、そして、憲法9条を変えて戦争する国づくり。国民の多数の願いに逆行することばっかりだ。安倍政権というのは、アクセルを踏むばかりでブレーキが付いていない。暴走車になっていると言わなければならない。国民と共同して、安倍政権の暴走に正面から対決する。秘密保護法は、廃止法案を提案したい。(NHKの番組で)






「集団的自衛権見直し、とんでもない」社民・又市幹事長:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V3RNKG1VUTFK006.html

「集団的自衛権見直し、とんでもない」社民・又市幹事長

2014年1月26日15時11分

■又市征治・社民党幹事長

憲法解釈は長年の国会や国民的論議の中で確立し定着したものだ。一内閣の判断で解釈を変えるなら法治国家ではない。くるくる変わってしまうことになってしまう。今、同盟国アメリカを日本の集団的自衛権を行使して守らないといけない問題があるのか。そんなことはないのに、結局は、へりくつをつけて米軍とともに海外で戦争が出来る国にしてしまうことになりかねない。

平和憲法に基づき、専守防衛に徹して、非軍事的手段によって平和を構築し、世界から尊敬、信頼されてきた戦後の歩みを覆すことになる。今、中国包囲網をつくるような動きをやっておいて、この中で集団的自衛権を見直すことはとんでもない。(NHKの番組で)






「研究していきたいのは最低賃金」みんな・浅尾幹事長:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V3RNGG1VUTFK002.html

「研究していきたいのは最低賃金」みんな・浅尾幹事長

2014年1月26日15時12分

■浅尾慶一郎・みんなの党幹事長

4月から消費税が8%に引き上げられる。それに対してしっかりとした経済対策を取ることが重点の国会になる。賃金をどうやって上げるか。研究していきたいのは最低賃金だ。都道府県別、産業別になっていて、細かく見るとサービス産業の比率が高くなっているが、代替性がないようなものは、人があまり集まらないにもかかわらず最低賃金が抑えられているところもある。そういったことについて具体的な提案をするので、与党側も真摯(しんし)に受け入れていただきたい。(NHKの番組で)






「消費増税の原点、忘れては困る」大畠・民主幹事長:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V3RNGG1VUTFK001.html

「消費増税の原点、忘れては困る」大畠・民主幹事長

2014年1月26日15時13分

■大畠章宏・民主党幹事長

石破(茂・自民党幹事長)さんに申し上げたいが、どうして消費税を上げる決断をしたかの原点を忘れてもらっては困る。社会保障の充実、年金や医療、介護、子育てや教育、こういう部分の予算の充実を図ろうと努力したが、財政的に足りなかった。将来の日本を考えたとき、こういう部分に手当てしてこそはじめて国民が安心して暮らせる。こういうために消費税を上げようと決断した。

ところが今回の予算案は社会保障の充実に1兆円と考えていたところ5千億円しか手当てしていない。そうすると消費税を10%に上げたときに、どんな予算の使い方をするのか見えなくなるわけですね。原点を忘れてもらっては困るという観点から考えていきたい。(NHKの番組で)





兵器取引は「安保理決議違反」 パナマで拿捕の北朝鮮船:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1T3WFMG1TUHBI00Q.html

兵器取引は「安保理決議違反」 パナマで拿捕の北朝鮮船

2014年1月26日13時47分

キューバから申告していない兵器を積み、パナマ運河を通ろうとした北朝鮮籍貨物船「清川江(チョンチョンガン)」が昨年7月、パナマ政府に拿捕(だほ)された問題で、国連の専門家パネル(委員団)が、キューバと北朝鮮の取引は安全保障理事会の北朝鮮制裁決議に違反すると結論づけたことがわかった。

安保理理事国関係者によると、3月上旬までに安保理に報告され、安保理は再発防止へ向けた措置を取るという。積み荷の兵器は核や弾道ミサイルではなく、旧ソ連製の「時代遅れ」のものばかりだったため、関係者の間では、議長声明や非難決議で両国を注意するにとどまる可能性もある、との見方も出ている。

安保理の下部組織で北朝鮮制裁決議の履行状況を監視する北朝鮮制裁委員会が今月24日、今年初の会合を開催。決議に違反するかを調査してきた専門家パネルが、昨年末にまとめた最終調査報告書を説明した。






NHK会長発言を一斉批判 韓国与野党「無知の極み」:朝日新聞デジタル

ttp://www.asahi.com/articles/ASG1V63LTG1VUHBI011.html

NHK会長発言を一斉批判 韓国与野党「無知の極み」

2014年1月26日23時21分

NHK新会長の籾井勝人氏が25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」などと発言したことをめぐり、韓国の与野党は26日、論評などを出して一斉に批判した。

NHK籾井新会長「従軍慰安婦、どこの国にもあった」

与党セヌリ党のスポークスマン、閔炫珠(ミンヒョンジュ)議員は「人権に対する基本的な概念すら持ちあわせていない、無知の極みに達した発言だ」と非難。最大野党・民主党議員団スポークスマンの朴洙賢(パクスヒョン)議員は「日本の公営放送の最高責任者の妄言に驚きを禁じ得ない。軍国主義の影を追う安倍政権のラッパ吹きになるのではと心配でならない」とした。

韓国政府は公式見解は示していないが、外交省当局者は「安倍政権下にある日本の指導層の歴史認識が、どれだけ危険な水準に達しているのかを如実に示すものだ」と指摘した。(ソウル=中野晃)








名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ