パッケージ選び


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • RPM Fusion には、本家のリポジトリに収録されていないパッケージを含むリポジトリが公開されている。特に、nonfree なパッケージを集めた rpmfusion-nonfree は欠かせない。リポジトリは簡単にダウンロード、インストールできるようになっている。
  • 上記 RPM Fusion の rpmfusion-free-release と rpmfusion-nonfree-release を入れる。
  • gnome 関係はできるだけ入れる。
  • compiz-fusion-extras, compiz-fusion-extras-gnome, fusion-icon を入れる。
  • 描画が nvidia の場合、関連パッケージを入れる(yum で入れられる)。パッケージ名は xorg-x11-drv-nvidia で、rpmfusion-nonfree-updates リポジトリに収録されている。
  • 筆者は nvidia のグラフィックカードを使っているのだが、この環境で compiz でデスクトップをぐりぐり動かすためには、xorg-x11-drv-nvidia のインストールが必須。