伝説 競馬編その3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007秋~
☆菊花賞は懲りずにフサイチホウオー→復活ならず惨敗
☆天皇賞秋はアグネスアーク&カンパニーと迷ったがチョウサン→アグネスアーク2着、カンパニー3着。チョウサン惨敗。
☆AR共和国杯はカゼノコウテイ(福原と被る)→大外からビュッと来る!はずがまさかの大逃げで惨敗。
☆エリザベス女王杯当日11/11はアキアキの誕生日。ダイワスカーレット◎、イベントのため福島へ。→見事1着。しかし福島で馬インフル再発。
☆マイルCSはマイルの藤沢キントレ(注:キングストレイル)本命も見せ場なし
☆JCDはフサイチホウオーの単勝を100円購入
→4角最高方で11着惨敗もヘラヘラ笑いで鳳凰基地の反感を買う
☆JCは安定随一ドリームパスポート◎。タラモ17歳も気になる~→ドリパスまさかの14着大敗。タラちゃん糞騎乗連発

☆競馬連敗記録で38連敗という恐ろしい内容
☆本命にあげた馬が三回も骨折
☆超大本命でも東原が選ぶと惨敗
☆武豊をはじめ数々の騎手に自分が騎乗する馬は本命にしないでくれといわれる
☆二十連敗したときは新聞にまで報じられる
☆『スーパー競馬』のレギュラーになってわずか3ヶ月後に番組終了。『スーパー競馬』20年の歴史を閉じる
☆「ウオッカ以外の全馬の名前をデスノートに書いときます」→馬インフルエンザ蔓延。中央競馬中止。ついでにウオッカも故障
☆2007年7月1日放送の『ジャンクSPORTS』に出演した際、武幸四郎騎手から「もうカンベンしてください」
と懇願された東原は「名前いっぱい書いてやりますから!」と逆切れ。
2ヶ月後の9月9日、武幸四郎は札幌の利尻特別で落馬。検査の結果、全身打撲、左肺挫傷、左肋骨骨折の重傷と判明
☆彼女が北京入り→フサイチホウオーなんと種牡馬入り
☆『うまなで』で、カワカミプリンセスの秋華賞の時のプレゼンターを務めたと告白。当時無敗で走破タイムも優秀で敵無し。
☆秋華賞後のカワカミプリンセスは、エリザベス女王杯一着入線降着、ヴィクトリアマイル惨敗、故障発生と散々である。