伝説 北京五輪編その3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

帰国後
☆レスリングで松永が銀メダル
☆男子100×4 400mリレー他チームのミス連発により決勝進出
【五輪/陸上】男子4x100mリレー、日本(塚原・末続・高平・朝原)は2位で決勝進出!米国など3カ国がバトンミスの波乱
1 :(´・ω・`)@知らんがなφ ★:2008/08/21(木) 22:03:46 ID:???0
<北京五輪:陸上>◇21日◇男子400メートルリレー予選
日本は塚原直貴(23=富士通)末続慎吾(28=ミズノ)高平慎士(24=富士通)
朝原宣治(36=大阪ガス)が走り、38秒52のシーズンベストで2着に入り決勝進出を決めた。
日本は第4走者の朝原につなぐ時点で、5番手と苦しい展開だったが、米国、ナイジェリア、
南アフリカの3カ国がバトンミス。正確にバトンをつないだ日本が浮上するかたちになった。


☆日本では関東から東北にかけて異常気象が続く
☆星野ジャパンに金メダルフラグ・・・と思われたが呪いが払拭できなかったのかメダル獲得すら逃す。
☆女子ソフト:無敵の米を倒して初の金メダル、日本の団体球技としては32年ぶりの金
☆男子陸上四百リレー:あり得ないレベルの数々の好運も重なり史上初のメダル獲得(銅)