第二話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

27 名前: 徳島ヴォルティス@@サポ ◆K6QUBu7wQQ [sage] 投稿日: 2008/08/22(金) 21:27:37 ID:Vdl6qBan0
『建物(1/2)』

私が小学校の低学年だった頃。

いつものように授業が終わり、学校からの帰り道を一人で歩いておりました。
すでに自宅が見えており、もう100メートルも歩けば帰り着くというところ。
何の理由があったわけでもないのですが、ふと、左手側を見ました。

遠方に山が見え、中腹辺りには建物があります。
白い壁に囲まれており、距離が遠いため詳細は分かりませんが、一番目立っているのが
巨大なパラボラアンテナ。電波望遠鏡のようなその巨体(と言って、実際に電波望遠鏡を見た
事は無いのですが)を取り囲むように、白い壁やら、建物やらが建っておりました。

それを視認した後、私はまた前方を見ました。
そこで浮かぶ疑問。

……なんだ、あれ?

昨日まで、そんな建物、そこには無かったはず。いつの間にあんなものが建ったんだろう。
足を止め、また左手側を見ます。

……そこにはもう、何も無く。
ただ木が生えているばかりの山が、いつもの様に見えておりました。

さて、あの建物は一体なんだったのか。
あれから二十年近くが経ちますが、そのような建物が建つという話は聞きません。
ましてここは、四国の、何の変哲も無い田舎町。巨大なパラボラアンテナを建てても、
使い道が無いように思います。

そしてもう一つ、私は何故、それから目を逸らせてから、違和感を感じたのか。
……やはり、見てはいけないものだったのでしょうか。
(完)