第五十三話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

183 名前: ASIAN ◆cnH487U/EY 投稿日: 2008/08/23(土) 01:34:26 ID:Kciij6DJO
【便所紙】

その…なんていうか……下品なんですけどね。…うん〇こ、の話なんですよ。

さっきさ、我慢出来なくてうん〇こ、しに行ったんですよ。
オレの部屋、二階。便所は一階。

真っ暗な階段を降りて、真っ暗な渡り廊下を歩いて、真っ暗な便所に到着。

我が家の排泄機構は未だにぼっとん。それじゃダサいから、上に洋式便座のフェイクを乗っけて形だけヨーロピアンにしてある。

個室の中は豆電球。一日中灯ってる豆電球。でも今日に限ってついて無い。

ここでつけたら負けかな、と思った。だから真っ暗闇の中、うん〇こした。

すっかりすっきりして、トイレットペーパーに手をだしたら、なんかヌルッとした。

感触的にヌルッとした。

うわっ、カエルか!?

いや、違う。便座紙が湿ってる。マジかよもう梅雨開けたぞ。

仕方ないから予備の真新しい便所紙を出してそれで尻を吹いて退室。そそくさと二階へ。

蝋燭の明かりの中、煙草をつけようとして手元に目がいって、そいで気付いた。

オレの手、何で髪の毛絡まってんの?

【完】