第五十八話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

201 名前: 水妄想 ◆2nGALdxPuM [sage] 投稿日: 2008/08/23(土) 02:14:40 ID:JKE+jwOn0
霊媒体質の友人が、二人揃って我が家に泊まっていった翌日の話です。
夜遅く仕事から帰って、とても疲れていたのでシャワーを浴びて、すぐに
ベットに入りました。
たぶん明け方だったと思いますが、ものすごい金縛りで目が覚めました。
あいつ等!連れて来て置いて帰ってくれたな、と気が付きましたが後の祭りです。

部屋中が重苦しい淀んだ空気に満たされて息苦しく感じ、なんとか金縛り
から逃れようとしていたら、低い話し声が聞こえてきました。
というか、私に向かってなにやら話しかけて来ている感じ。
何を言っているのかなかなか聞き取れなくて、一生懸命神経を耳に集中
させていると・・・
苦しそうな老婆の声で「・・に・・・を・・投げ・・られて・・・!」
と言うのが解ったので、思わず「え?何?」と声に出して聞き返してしまいました。
なんで声が出たのか不思議なんですが、とにかく大きな声が出てしまい、自分でも
ビックリしました。
すると、私の問いに答えるように
「・・嫁に甲冑を投げつけられて・・●□▲※(この後聞き取れず)」
と今度はハッキリと聞こえました。
その後もブツブツと言っているのですが、何度繰り返されても
「嫁に甲冑を・・」の部分しか聞き取ることはできませんでした。
とにかく鬼嫁について延々と私に愚痴っているような、そんな感じを受けて
(ああ、本当に大変だったんですねぇ・・)と本気で思った瞬間、金縛りが
解け、同時に淀んだ空気も消えていました。

ソレを連れて来ただろう友人に「いったい何を連れて来てくれたんだ!」と怒ったの
ですが、私の話しを聞いても笑うばかり。
まあ、確かに甲冑を投げる鬼嫁の図を想像すると、怖いより笑えるのですが、
投げつけられた老婆の気持ちはいかばかりかと・・・
私に散々愚痴ってスッキリ成仏してくれたのならいいのですが。