※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドワッジ改


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
223 MS-09H 図鑑:ドワッジ改
生産:ドワッジ改
兵器:ドワッジ改
ドワッジ強化型の開発 4000

出典:機動戦士ガンダムZZ
Height:18.2m
Weight:43.5t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
9 14 - 13 ドワッジの開発 -

MS-09Gの強化型を開発する。装甲やバーニアの強化により、基本性能を向上させ、
さらにビームカノンを装備することで大幅な攻撃力の向上を実現する。

開発期間 6 生産期間 3
資金 2000 資源 3350
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 8 索敵 C
消費 32 搭載 ×
機数 1 制圧
限界 170 割引
耐久 240 運動 29
物資 180 武装 ×
シールド × スタック

改造先:
なし

特殊能力:
なし

生産可能勢力:
ジオン公国軍
新生ジオン軍
ネオジオン・キャスバル
デラーズフリート
アクシズ
アクシズ・グレミー
ネオジオン

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
ビームカノン 190 60 1-2
スプレッドビーム 10 50 1-1
ヒートソード 108 80 0-0

攻撃 - -
移動 - - -

寸評:
指揮官用のドワッジとも言える機体。
開発には意外と高い技術レベルが必要だが、性能バランスと地形適性が良好なため使い勝手はいい。ただ、同時期に開発できるケンプファーには汎用性や機動性、パンチ力で水を開けられてしまっている。その代わりに、こちらは間接攻撃が可能なので、ドム・トローペン等と組んで支援に徹するのもいい。

新生ジオンとデラーズフリートでは、開始時からこの機体が配備されている。その時点ではかなりの高性能機なため、序盤を支える重要な戦力となる。ダメージに気を払いつつ、上手く運用していこう。