※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バウンド・ドック


図鑑番号 形式番号 正式名称 開発プラン名 開発資金
116 NRX-055-2 図鑑:バウンド・ドック
生産:バウンドドック
兵器:バウンド・ドック
NT用可変MSの開発 7000

出典:機動戦士Zガンダム
Height:27.3m
Weight:82.7t

必要基礎技術 必要MS技術 必要MA技術 必要敵性技術 関連機体条件 特殊条件
17 24 24 24 ギャプラン オーガスタ研究所の設立

オーガスタ研究所から提案されたNT専用可変MSの開発を行う。
サイコミュを搭載することで、ニュータイプ能力者の高い戦闘能力に対応する。

開発期間 8 生産期間 3
資金 8500 資源 11000
資金(一機あたり) - 資源(一機あたり) -
移動 6 索敵 C
消費 60 搭載 -
機数 1 制圧
限界 180 割引
耐久 580 運動 48
物資 350 武装 ×
シールド × スタック

改造先:
なし

特殊能力:
変形可能(バウンド・ドック(MA形態)
サイコミュ搭載

生産可能勢力:
地球連邦軍
正統ジオン軍
ティターンズ
ティターンズ・シロッコ

武器名 攻撃力 命中率 射程距離
メガリュウシホウ 288 65 1-2
ビームライフル 90 70 1-1
ビームサーベル 170 75 0-0
クロー 70 75 0-0

攻撃 -
移動 - -

寸評:
耐久力の高いニュータイプ用MS。
運動性も良好で間接攻撃も可能。性能の似ているメッサーラと比較すると、距離2での火力が劣る代わりに格闘戦に強い形になっているが、決定的な差はなく、どちらも強力な機体である。ただ、こちらはコストが高い分サイコミュが付いているので、覚醒済パイロットを乗せるなら、こちらの方が1ランク上の攻撃力と生存性を期待できる。しかし登場時期はメッサーラの方がかなり早く、この機体が提案されるのと同時期には、強力無比なインファイターのジ・Oが開発可能となるので、今ひとつ影が薄くなってしまう。
添付ファイル