※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】酔歩する男
【ジャンル】小説
【名前】小竹田丈夫
【属性】タイム・トラベラ
【大きさ】成人男性並
【攻撃力】拳銃を持った成人男性並
【防御力】成人男性並
【素早さ】成人男性並
【特殊能力】タイム・トラベル
『時間を認識する能力』『時間を制御する能力』『波動関数を再発散させない能力』その他いろいろな能力を失ってしまった結果
寝たり気絶したり死んだりして一瞬でも意識が途切れると別の日に時間跳躍して目覚める
時間跳躍で過去に跳ぶか未来に跳ぶかはランダムで、大抵は数日から数ヶ月程度だが、数千回に一度数年から数十年の大跳躍が起きる
また、死んだ場合はそれ以降の人生が消滅しているため、必ず過去に時間跳躍する
過去に時間跳躍した場合、時間跳躍した先から未来になる時間の波動関数が発散して可能性の状態になる
未来に時間跳躍した場合、時間跳躍した間も小竹田丈夫は行動しているが、それは時間跳躍する前の小竹田丈夫と連続した存在ではない
【長所】死んでも波動関数が発散してなかった事になる
【短所】勝てない奴には何度やっても殺され続ける




1スレ目

656 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/09/07(日) 22:47:11
小竹田丈夫考察
タイムトラベルは逃亡扱いで

○マジック三井 拳銃の方が速い
×丸尾 鍛えた人の方が速い。サーブ負け

丸尾>小竹田丈夫>マジック三井