※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

91 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:14:54.20 ID:JgNWRDNKO
澪「『 』?そんな奴いたか?」






梓「いたはずですよ!どうして覚えてないんですか!?」バン!

梓「最近私一人でギターやってることに違和感を感じていたんです!ちょっと前まで『 』先輩がいたはずなのに!」

紬「夢の話かしら…?でも、『 』なんて子は…」

律「梓、お前最近おかしいぞ?どうした?」

梓「…すいません…さあ、練習しましょうか」ガタッ
97 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:22:07.91 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪♪♪♪♪
澪「ふぅ、おつかれー。またなみんな」

律「おう、梓もその夢の話忘れろよ」

梓「…はい…」




梓「………なんだか、おかしい」

梓「誰も『 』先輩を知らないなんて…」

梓「…待てよ、先輩には妹がいたはずです」

梓「たしか…う…う…駄目だ、出てこない…明日探してみようかな」パフッ zzz…
100 :鶏肉 ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/01(水) 22:24:17.92 ID:8sSlH+LTO
 >>97
期待
101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/01(水) 22:26:13.46 ID:8sSlH+LTO
 >>99
今しがた言った期待という言葉を返せ

103 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:29:04.71 ID:JgNWRDNKO
 >>101
………ものがたりは ここで おわっている。


………つづきを かきませんか?

はい
ニアいいえ


つづきを かかないと ものがたりが ほうかいして しまいます。

…よろしいですか?
ニアはい
いいえ
104 :パッツンデレラ ◆oKtelO5smg :2009/07/01(水) 22:32:54.60 ID:uarkNRAoO
 >>103
散々スレを混乱の渦に巻き込んでおいてSSは人任せかよ

はんっ!









寿司食ったら続き書くわ
3番手くらいで
105 :鶏肉 ◆KXdf4vT3Ls :2009/07/01(水) 22:33:21.31 ID:8sSlH+LTO
 >>103
崩壊して欲しくないが俺にはどうしようもない
頑張れ麦茶
106 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:36:25.28 ID:JgNWRDNKO
………ものがたりは ここで おわっている。


………つづきを かきませんか?

はい
ニアいいえ


つづきを かかないと ものがたりが ほうかいして しまいます。

…よろしいですか?
はい
ニアいいえ

…ものがたり は ほうかいした!



憂「ふふ…これでいいのよ」カタカタ…

憂「お姉ちゃんは私だけのもの…誰にも触れさせない…!」カタカタ…

憂「さぁ…早く、私の世界へ…お姉ちゃん…」カタカタ
109 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:41:16.33 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪♪♪♪♪
唯「…憂ったらどうしたんだろ…最近出てこないよ…」

梓「ずっとカタカタ言ってますね…先輩、憂ってPC持ってましたっけ?」

唯「ううん、そんなことは…」

律「扉を開けようにも鍵がかかってるし…どうしたら出てくるんだろう」

澪「うーん…もう暗くなって来たし帰ろうか…」

律「そうだな…じゃあな、唯」

唯「うん、また明日ね」






唯「うい…」
115 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:50:03.07 ID:JgNWRDNKO
憂「チガウ…チガウ、チガウ!」カタカタ

憂「この世界もあの世界も…お姉ちゃんの周りにはいつも誰かがいる…!」カタカタ

憂「私は…ただお姉ちゃんさえいればいいの…誰とも関わらず、私だけに接してくれたらいいの…!」カタカタ

憂「壊してやる…まずは手始めに」カタッ




憂「『 』から…!」スクッ
118 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:54:48.57 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪翌日♪♪♪♪
梓「おはようございまーす…あれ?『 』先輩は?」

澪「それが、昨日からいないみたいなんだよ…どうしたんだろうな」

梓「そうなんですか…『 』先輩がいないと楽しくないですね…」シュン

唯「そうだね…『 』ちゃんどうしちゃったのかな」

澪「…まぁ、きっと明日にはくるだろうなぁ。今日はたまたまだよ、きっと」

梓「ですよね…練習しましょうか」
124 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 22:59:37.72 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪♪♪♪♪
ザーザー
憂「まだ…駄目なの…?」

憂「律さん…無駄死にでしたね、でもありがとう」グチャッ

はりつけに された りつ は はじけて つぶれた。
つぶれた がんきゅうは なにを みたのだろうか。



ザーザー
唯「…雨、かぁ」

唯「りっちゃん…」
130 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 23:06:02.01 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪翌日♪♪♪♪
梓「おはようございまーす…今日も律先輩はいませんね」

唯「でも、『 』ちゃんがいないね…」

梓「はじめはイヤだったけど、楽しい時間をくれる人だったのに…」

唯「…練習、しようか?」

梓「…はい…」




唯「三人での練習もつまんないね…」
132 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 23:09:48.59 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪♪♪♪♪
ザーザー
憂「…紬さん。あなたさえいなければ、お姉ちゃんは私と一緒にいられるはずなんです」

憂「でも、願いは叶いませんでした。役立たずはいりません、消えてください」グチャッ

いきおいよく けられた はらから ないぞうが とびだした。
かなしげな ひとみは そらへと むけられている。






唯「今日も雨か。…ムギちゃん…」
135 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 23:15:25.90 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪翌日♪♪♪♪
梓「おはようございまーす…」

唯「…あずにゃん」

梓「…『 』先輩は?」

唯「いないよ…どうして?何でみんないなくなっていくの?」

梓「…わかりません」

梓「『 』先輩はみんなのお姉さんみたいな人だったのに…」

唯「…あずにゃん」

梓「…はい?」

唯「きっと。きっとみんな、帰ってくるよね?」

梓「…そうですね…私もそう思いたいです」

唯「じゃあ、みんな帰ってきたときのために練習…」
137 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 23:21:16.66 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪♪♪♪♪
ザーザー
憂「…どうして」

憂「最近、お姉ちゃんの目に光が見えない。…私が、あなたたちに劣るとでも言うの?」
ういは かおを あげた。
はりつけに された なきがらが かぜに ゆられている。
憂「ムカつく…ああ、ムカつく…あなたたちさえいなければ!」ボグッ
くびが ふきとぶと どうじに ながくて くろいかみが かぜに たなびいた。
なぜか かおは わらっていた。







唯「あめ…憂鬱だなぁ」
唯「…澪ちゃん…」
139 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 23:28:36.40 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪翌日♪♪♪♪
唯「おはよー…」ガラッ

律『遅いぞ唯!なにしてたんだよ!』

澪『まぁまぁ…いいじゃないか』

紬『唯ちゃん、何がいい?いつも通りレモンティー?』

梓『やああ、先生やめてくださいぃ!』

唯「みんな…!遅れてごめ…」
シィーン…
唯「…何だ、見間違いか…」

唯「…それにしても、一人は暇だなぁ…」スタスタ

憂「………」スゥ

唯「あ、憂…もう学校に出られるようになったんだ?よかったぁ…」

憂「…………」スタスタスタスタ

唯「…え、何…?怖いよ…きゃああああ!!」
144 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 23:45:23.37 ID:JgNWRDNKO
♪♪♪♪♪♪♪♪
ザーザー
唯「…………ん」ムクッ

憂「ようやく、目覚めた?」

唯「憂………!?何、この臭い…」

憂「はじめは、一人の犠牲者からだった」スタスタ

憂「元気いっぱいで明るく、友達思いの女の子。だけど…」

唯「………!うそ、りっちゃん…!」

憂「次に、狩人は新たな獲物を捉えた」

憂「優しさの固まり、と言った方がいいかな。そんな子も今では…」チラッ
唯「ムギちゃん!…うっ、うええ…」
149 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/01(水) 23:53:54.32 ID:JgNWRDNKO
憂「それでも、本当に狙っていた子は喜んでくれなかった。」

憂「そこで、みんなに人気のある女の子を襲った」

唯「これは…澪ちゃん…!?」

憂「首はここにあるよ、お姉ちゃん」スッ

唯「ひっ!?」

憂「それでも、やっぱり喜んでくれない。だから最後の獲物を狩ることにしたの」

梓「むぅーっ!むぐむぐ!」ジタバタ

憂「梓ちゃん、なぜあなたを最後にしたかわかる?…あなたが一番、影響力がなさそうだと思ったから」

憂「…でも、そんなことはなかった…」スタスタ

梓「んぅ!?むぐぅ!」ジタバタ
157 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/02(木) 00:04:31.78 ID:ia2Ab+FVO
憂「喚くな、黙って死ね」ゴリュッ

梓「~~~~~~~!!!!」ショロロロ…

憂「汚いわね…ほかの先輩たちは普通に死んでいったのに」

憂「何度思い出してもムカつくわ…くそっ!」ガシッ!

梓「」

唯「あず…にゃん…」ドサ

憂「…まだそんな顔してるの?駄目だよお姉ちゃん」
憂「  笑  え  よ  」

唯「は…あは…ははは…」ヒクッ…ヒクッ…

憂「…もういい。そんな笑顔しかできないお姉ちゃんなんていらない」

憂「だから………」スタスタスタスタスタ

唯「ひ…ひゃっ…あは、あははははは!!!!!」
160 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/02(木) 00:06:47.45 ID:ia2Ab+FVO
唯「ふふ、これでいい」

唯「何も、いらなかったんだ。何も」

唯「これからは、私一人。わたしが…ゆい」