※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:42:17.52 ID:BoLWIFlsO
紬「麦茶さん」

麦「何だいムギちゃん?」

紬「実は私ゴキブリなの」グチャグチャゴボ

紬の皮を剥ぎ、中から巨大ゴキブリが出てきた。
そして、怯える麦茶にゴキブリがのし掛かった。

650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:54:04.92 ID:s8fGcq/EO
紬「ドブラビッチェゴボラガズボ」
律「きっ…きめえ…」
唯「みんな!ここは危険だよ」
梓「はっ早く逃げなきゃ…」
澪「あうあうあ」ガクガク
紬「ヂブラガッズガガアヤマュバナ」グチャグチャ
律「あぐっ…ぐえっ」
澪「うわぁっ!律が…律が…」
唯「りっちゃんが捕まっちゃった…」
梓「先輩たち!何やってるんですか!早く!」
唯「うん!ごめん…澪ちゃん!」
澪「律…律…」
梓「ダメだ…聞こえてない…」
紬「バルルルルルルル…」バキッグシャ
律「………」
唯「ほら、澪ちゃん」ガシッ
澪「な、なんだよ!やめろ!離せ」
唯「ダメみたい…」
紬「グフーーッ…ガルルルル」
梓「た、大変…早く逃げなきゃ」タッタッ
唯「あっあずにゃん………」
唯「ごめんなさい、澪ちゃん」タッタッタッタッ

653 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:58:25.29 ID:s8fGcq/EO

澪「うぎゃあああぁぁぁぁーーー」

唯「澪ちゃん…」タッタッ
―――――――――――――――――――
唯「ここまで来れば大丈夫かな…」
唯「あずにゃんどこ行っちゃったんだろ…」
唯「……………」

ガシッ

唯「ひゃっ」
梓「しーっ…静かにして下さい、先輩」
唯「うん、ごめん」
梓「とりあえず玄関まで一度行ったんですが…ダメでした」
梓「木の板が打ち付けられててどこも開かなくて…」
唯「えっ…それじゃあ」
梓「はい………どうやら閉じ込められたみたいです」

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 00:19:12.81 ID:oCe/aGSGO
唯「じゃあどうすれば…」
梓「ムギ先輩を…あの化け物をどうにかしなきゃダメですね」
唯「でもどうやって」
梓「とりあえず武器になりそうなものを集めましょう」
唯「でも…そんなのでどうにかなるかなぁ…」
梓「私もどうなるかはわかりません」
梓「でも、今やれることをやってみましょう」
唯「うん、そうだね」
梓「とりあえず私が今考えた作戦は三つ」
梓「一つは二人で玄関を突き破る」
梓「二つ目は一人がおびき寄せてもう一人は玄関を壊す」
梓「もう一つはムギ先輩の暴走をどうにかして止める」
唯「フムフム」
梓「………」
唯「フムフム」
梓「………」
唯「フムフム」
梓「いや、あのどれがいいですか?」
唯「フムf…ああごめん」
唯「二つ目のやつでいいんじゃないかな」

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 00:25:53.89 ID:oCe/aGSGO
梓「まあそれでいいでしょう」
梓「次はどちらが囮になるかですね」
唯「はいはい!私やるよ!」
梓「大丈夫なんですか?先輩鈍いし…」
唯「失礼な!大丈夫だよ」
唯「それにあずにゃんのことあまり危険な目に遭わせたくないんだ」
梓「先輩………」
梓「ありがとうございます。絶対に生きてここから出ましょう」
唯「うん!約束だよ」
梓「はい」

ズルッ…ズルッ…

唯「…この音…」
梓「はい…奴が来た…」

ズルッ…ズルッ…

唯「こっちに向かって来てるよ」
梓「とりあえず今は逃げましょう」
唯「そうだね」

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 00:35:57.89 ID:oCe/aGSGO
 >>682
この続きはお前が書け、そうお前だ

682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 00:43:05.40 ID:epMYwxIw0
俺「――はっ!? ……何だ夢か」


Fin