※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

104 :唯に届け:2009/07/21(火) 17:47:40.82 ID:qGjR6UHA0
梓「私は最初から失恋するために、唯先輩をすきになったわけじゃない!」
憂「ようやくこうなってほっとしてる」


122 :唯に届け:2009/07/21(火) 18:05:57.72 ID:qGjR6UHA0

唯「『あずにゃん』って言ってみて?」
梓「え……なんで、わざわざ自分のことを?」
唯「いーからいーから。
なんで私が『あずにゃん』って呼ぶのか分かる?」
梓「……わ、わかりません。『あずにゃん』?」
唯「だめだめ。もっとちゃんと」
梓「……? 『あずにゃん』」
唯「――うん、正解」
梓「えっ?」
唯「――笑った」

(思い出される、けいおん部に入ってからのやり取り)

梓「ゆいせんぱい」
梓「好きですよ」

唯「……私もだよ」


128 :唯に届け:2009/07/21(火) 18:12:57.75 ID:qGjR6UHA0
梓(言うと、思った。そういう意味じゃないってば)
梓(でも、うれしいや)

梓「唯先輩、私は」
唯「ん~?」
梓「先輩の妹でもないし親戚でもないしただの後輩ですけど
それでもまた学校では――」
梓「……甘えてもいいですか?」
唯「……あずにゃん。さみしーこと言わない!」
梓の髪をわしゃわしゃとする唯。
梓「わっ!」
唯「……妹だと思ってるよ、あずにゃんのことだって」
梓「――妹、ですか」

134 :唯に届け:2009/07/21(火) 18:23:12.14 ID:qGjR6UHA0
唯「まあ、憂は別格だけどね!」
梓「妹ですかあ!」

梓(きっと、律先輩の前じゃもっといろんな顔を見せてるんだろーな)
(でも、うれしい。だいじにしてくれてるって分かる)

唯「あずにゃん!」
梓「――唯先輩! おめでとうございます!」



138 :唯に届け:2009/07/21(火) 18:31:53.48 ID:qGjR6UHA0
唯「あっ憂! 今、帰ってきたんだね」
憂「……梓ちゃんは?」
唯「ちゃんと、家まで送ってきたよ~!」
憂「それは良かった」

唯「あっ憂! 随分大きくなったね~!」
憂「ふふ、成長期だもん。お姉ちゃんのこと抜かしちゃうよ」
唯「ふーん?」
唯「……憂もあずにゃんも、あまり器用な方じゃないよね~。
――がんばれ」

唯「あずにゃんには憂の方が似合うよ」
憂「……姉さん」
唯(えっ、姉さん?)

憂「私も、そう思うんだ」

146 :唯に届け:2009/07/21(火) 18:54:56.21 ID:qGjR6UHA0
梓宅――
憂「ごめんくださーい」
梓母「ああ、憂ちゃん。梓どこに行ったか知らない?」
憂「えっ、まだ帰ってきていないんですか?」
梓母「そうよ。もう何やってるのかしら」
憂「――私、場所分かるかもしれません。
行ってみます」
梓母「えっほんとに? 嬉しいわー」

憂(たぶん、いるとしたら――)

桜丘高等学校。
その校門前に、梓は座り込んでいた。
憂「……慰めてあげよっか?」
梓「なんでここが分かったの?」
憂「はじめて梓ちゃんがお姉ちゃんと出会った場所だから」

しばし沈黙。その後、梓は切り出す。
梓「――憂なんでしょ? 唯先輩呼んでくれたの」
憂「……」
梓は想像して、憂に問いかける。
そして憂の無言の反応から、そうなのだと確信した。

148 :唯に届け:2009/07/21(火) 18:56:09.64 ID:qGjR6UHA0
梓「……嬉しかったよ、ありがとね」
憂「……」

梓「――憂の言ったとおりだったよ」
梓「かなうって本気で思っていたわけじゃなかったのかもしれない。
ほんとに……唯先輩は、ただ憧れの先輩だったのかも――」

憂「わかってるよ」

梓「……えっ?」
憂「ちゃんとすきだったって、わかってるから」

梓「……うっ」
こつん、と梓は憂にもたれかかる。
梓「……なぐさめてよ、憂……」
憂はそんな彼女を
やさしく、包み込んだ。

今年初めてとなる、雪の日の出来事――