※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:34:11.05 ID:jNpGLKSS0
澪「ふぅ、思わず大長編読んでしまったぞ(終わりのクロニクル)

澪「唯ー、生きてるか?」

唯「ふっ……ふっ……」

澪「うわぁ……すごいな、おちんぽにゴミ袋かぶせといてよかったよ」

唯「むぐぐ……」

澪「どうした?なんか言いたいのか?」

唯「と、とめへくらはい……」

澪「だらしないなぁ……ほら止めたぞ」
582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 05:05:43.28 ID:U56BHcFX0
唯「はぁ……!はぁ……!」

澪「ふふ、かなり出たな……もうおちんぽ消えちゃうんじゃないか?」

唯「はぁ……憂との時は、もっと出たよー……」

澪「むっ、そうか……」

唯「だから……もっと手伝ってぇ……」

澪「あぁ、まかせろ……何してほしい?」

唯「わかんない……」
583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 05:09:20.74 ID:U56BHcFX0
澪「おいおい、わかんないじゃ何にもできないぞ?」

唯「おちんぽ……直接触ってほしい……」

澪「……わかった」ニギ

唯「ふぁ……」

澪「こうでいいのか?」シコシコ

唯「んん……おっぱい使って……?」

澪「お、おっぱい?」

唯「そう……パイズリしてぇ……」
585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 05:13:50.44 ID:U56BHcFX0
澪「こ、こうかな?」

唯「うん……・柔らかくて気持ちいいよー」

澪「そ、そうか……こんなのが気持ちいんだな……」

唯「んあ……澪ちゃん、おちんぽの先っちょに、乳首ぐりぐりしてぇ」

澪「こうか……」クリュクリュ

唯「そ、それ!んん……!」

澪「んっ……これ、私もムズムズする……」

唯「あぁう」ドビュルピュ
587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 05:23:57.47 ID:U56BHcFX0
唯「うわぁ、澪ちゃんえろい」

澪「……?ぬるぬるするよー……」

唯「髪にもついちゃったね」

澪「もう、洗うの大変なんだぞ……」

唯「ごめんね、でも気持ちよかったよ」

澪「そ、そうか……ほ、他にして欲しいこととかあるなら、言えよ?」

唯「ホント?それじゃあね~」

澪「無理に考えなくてもいいけど……」

唯「アレがいい!」
591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 05:31:56.01 ID:U56BHcFX0
唯「もっとおっぱい触りたい!」

澪「おっぱい?まぁいいけど……」

唯「やったぁ、えへへ」ムニムニ

澪「お、女でも……おっぱい触りたいのか?」

唯「おっぱいは人類の宝だよ~、触りたくない人なんていないよ~」

澪「そ、そうなのか……私は別に……」

唯「私の触ってみる?」

澪「え、う、うん……」サワ
592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 05:35:55.56 ID:U56BHcFX0
唯「えへへ、どう?」

澪「う、うん……柔らかい……」

唯「でしょー、おっぱいおっぱい!」ムニムニ

澪「ん……ゆ、唯……もうちょっと激しくていいぞ……」

唯「ホント?それじゃ……」ガシッ

澪「くぅ……!そ、そう……」

唯「澪ちゃん……」ペロペロ

澪「あっ……!舐めちゃ……」
593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 05:42:23.67 ID:U56BHcFX0
唯「ふふー」ペロペロ

澪「はぁ……ムズムズするよう……」

唯「それじゃあ……これでどう?」カリッ

澪「ひぐっ!?か、噛んじゃだめ……!」

唯「でも、気持ちいいでしょ?」カリカリ

澪「ちょっと痛いけど……」

唯「両方の乳首つまんでひっぱると気持ちいいんだよー」グイー

澪「ぐ……と、とれちゃう……」
597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:01:08.24 ID:U56BHcFX0
唯「そして……ほら、私と澪ちゃんの乳首スリスリしたら気持ちいいでしょ?」

澪「す、すごい……」

唯「ほら、澪ちゃんも動いて!」

澪「う、うん……」スリスリ

唯「ふあ……お腹におちんぽも擦れていいよー……」

澪「ゆ、唯……イきそ……」

唯「おっぱいでイっちゃうの?いいよ、イって」

澪「ふあぁあ……」ビクビク
600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:08:14.09 ID:U56BHcFX0
澪「ハァハァ……」

唯「澪ちゃん起きてよー、私まだ出してないのに……」

澪「ま、まって……」

唯「……いいもん、澪ちゃんの髪使っちゃうもん」

澪「か、髪……?」

唯「そうだよ……ん、サラサラで気持ちいいー」

澪「ちょ、や、やめて!」

唯「澪ちゃんが起きてくれないからだよー……」シュッシュ
602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:11:05.03 ID:U56BHcFX0
澪「うそ!やだぁ!」

唯「んぅ……髪の中に出すよー」

澪「だめだめ!やめて!」

唯「あ、も……おそ」ドビュルル

澪「……!そんなぁ……」

唯「ふぅ……初めての感覚だったよー」

澪「ひどいよ……髪べたべた……」

唯「えへへ、ごめんね」
607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:31:25.97 ID:U56BHcFX0
澪「もう、最低だ……」

唯「許してよー、こんどケーキおごるよ」

澪「む……まぁ、許してやる……」

唯「よかったー、次はなにしようか?」

澪「ま、まだやるのか?」

唯「憂とはこんなものじゃなかったよー?」

澪「おちんぽを消すにはそれくらいやんないといけないわけか……」

唯「そうだよ!」
617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:48:16.64 ID:U56BHcFX0
唯「シンプルに出していくよ」

澪「う、うん……乱暴はやめてくれよ」

唯「いくよ……」ズプル

澪「あっ……」

唯「3度目かな……やっぱり気持ちいい~」

澪「いいから……早く出してしまえ」

唯「楽しませてよー……えいっ」パコパコ

澪「ふあ……んっ……!」
618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:52:19.05 ID:U56BHcFX0
唯「気持ちいいよー……澪ちゃんは?」

澪「ふ……んっ……!ま、まぁまぁ……だな……!」

唯「むー、よがらせてやるんだからー」ズンズン

澪「あう……!ちょ、はげし……!」

唯「ほら、マングリがえされて上から突かれるのいいでしょ?」

澪「し、るか……!ふっ……!」

唯「憂ならこれやったらすぐトロけちゃうのになー」ズッポズッポ

澪「ふやぁ……」
619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:55:13.81 ID:U56BHcFX0
唯「えいえいっ」

澪「あはぁ……!」

唯「ふっ……そろそろだよー」

澪「な、ならそこの……!ご、ごみ袋にだせ!」

唯「うん?ゴミ袋……澪ちゃんのことだねー」

澪「なぁっ……!?唯っ、おま……!」

唯「だすよー」ドビュルルル

澪「やぁ!」ビクビク
621 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 06:58:14.99 ID:U56BHcFX0
唯「ふぅ~……」

澪「唯……お前私のこと……」

唯「ご、ごめん!そんなこと全然思ってないよー!ホントだよー!」

澪「どうせ私はゴミ袋だよ……ハハッ」

唯「根に持ってらっしゃる!?」

澪「うぅ……グス」

唯「み、澪ちゃん元気だしてよー、ほらもっとやってあげるから」パコパコ

澪「ひゃぁ!?」
624 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 07:05:21.47 ID:U56BHcFX0
唯「私頑張るよー」

澪「い、いいから!私……イったばっか……!」

唯「ほら、気持ちいいでしょ?」

澪「だ、だめぇ!」

唯「ふふ、まぁまぁなんて言わせないよ!」

澪「わ、わかった!すごくいいから!もい……やめてぇ……!」

唯「気持ちがこもってないもん」ズッコズッコ

澪「ば、バカ唯ぃ……!」
626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 07:09:11.88 ID:U56BHcFX0
唯「2回目いくよー」

澪「ちょ、せめて外に……」

唯「あんっ」ドビュルルル

澪「く、くるし……」

唯「ふぅ……あは、またぽっこりだー」

澪「い、一回休ませてぇ……」

唯「だめだよ、いっぱい出さなきゃおちんぽ消えないんだもん」

澪「そんな……」
628 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 07:15:40.79 ID:U56BHcFX0
澪「くっ……はっ……!」

唯「すごいよ澪ちゃん~」

澪「は、はは……梓の言ってたこと……わかったよ……」

唯「……?」

澪「やっぱり……おちんぽのついてる唯は変だ……!」

唯「……そうなのかな……」

澪「あぁ……だから、そんなもの……はやく消すんだ……」

唯「うん……澪ちゃんごめんね……もうちょっとだけ付き合って?」
629 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 07:18:57.49 ID:U56BHcFX0
そして

澪「はっ……おちんぽ……しゅごい……」

唯「澪ちゃんが壊れちゃったよー……」

澪「唯ぃ……」

唯「ここにいるよ、澪ちゃん」

澪「ふあ……」

唯「安心して寝ちゃったのかな、ふわ……私も眠い……」

唯「……zzz」
630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 07:21:24.47 ID:U56BHcFX0
唯「うーん……寝ちゃってたよ」

唯「ん?あ、あぁ!!」

唯「澪ちゃん起きて!!」

澪「ん……もうおちんぽやぁ……」

唯「そうだけど違うの!見て!」

澪「んん……?あ……」

唯「おちんぽが!」

澪「また小さくなってる……!」
633 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 07:24:27.98 ID:U56BHcFX0
澪「か、かわいくなったなー……」

唯「最初のときとはずいぶん違うね、この調子なら消えるよ!」

澪「よ、よかったな……でも私はもう無理……」

唯「うん、ありがとう澪ちゃん!今日はゆっくり休んで?」

澪「あぁ……おやすみ……」

唯「さてと、次は誰に報告しようかな?」
645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 07:57:24.50 ID:U56BHcFX0
唯「ムギちゃん今日は出るかなー……」

プルルルルルr

紬『もしもし』

唯「あ、ムギちゃん!実は見せたいものがあるんだ~」

紬『あら、なに?』

唯「ふふ、直接見せたいから今から行っていいかな?」

紬『ごめんなさい、今日家空いてないの……』

唯「えー!そうなの?」
646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:00:56.86 ID:U56BHcFX0
紬『そうだ、それなら唯ちゃんの家に行こうかな?』

唯「お、ナイスアイディア!じゃあ家で待ってるよー」

紬『わかったわ、それじゃあまたあとで』

唯「うん、ばいばーい」

ピッ

唯「さて、まず部屋片付けて……お茶とか用意しとかなきゃ!」

唯「ってここ澪ちゃんの家だ、帰らないと!きっと憂も心配してるよー」
647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:03:22.33 ID:U56BHcFX0
唯「ただいまー」

憂「お姉ちゃん!もう、帰ってこないから心配してたんだよ」

唯「ごめんねー、でも見て!」スル

憂「あ、またちっちゃく……」

唯「澪ちゃんに協力してもらったんだよー」

憂「そ、そうなんだ……澪さんに……」

唯「そして今日はムギちゃんに見せるんだよ」

憂「そうなんだ……お茶、用意しておくね……」
650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:06:10.33 ID:U56BHcFX0
唯「さて、部屋片付けないと!」

ピンポーン

唯「む、ムギちゃんかな……早いな」

紬「おはよう、唯ちゃん」

唯「早いねムギちゃん」

紬「車で送ってもらったの」

唯「そ、そうなんだ……とにかく上がって!」

紬「うん、お邪魔します」
654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:11:55.92 ID:U56BHcFX0
唯の部屋

紬「見せたいものってなにかしら?」

唯「えへへ、これです!」スルリ

紬「まぁ……!」

唯「ちっちゃくなったんだよー!」

紬「かわいい……」

唯「1日で大量に出せば小さくなるって発見したんだよ」

紬「皮まで戻っちゃったのね」
656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:21:52.78 ID:U56BHcFX0
唯「あともうちょっとで消えると思うんだー」

紬「ふふ、協力するわ」

唯「うん!お願いするね」

紬「それじゃあとりあえず……」

唯「う、うん……」

紬「お菓子食べながら相談しましょ♪」

唯「へ?あ、そうだね……憂にお茶持ってきてもらうよー」

紬「わかったわ」
662 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:26:41.28 ID:U56BHcFX0
紬「それにしても見違えるほど小さくなったわね」

唯「えへへ、頑張りました!」

紬「触ってもいい?」

唯「うん、いいよ」

紬「すごい、ぷにぷに……」プニュプニュ

唯「前より柔らかくなっちゃったんだー」

紬「皮剥いていい?」

唯「う……怖いからゆっくりね?」
664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:29:34.04 ID:U56BHcFX0
紬「こう、かな」プリッ

唯「ひあ……なんか変な感じだよー」

紬「蒸れて……すごい臭いね」

唯「は、恥ずかしいな……」

紬「唯ちゃんのおちんぽ、すごく臭いわ」

唯「うぅ……」

紬「唯ちゃん?おちんぽ臭いわよ?」

唯「ご、ごめんなさい……」ゾクゾク
667 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 08:35:44.25 ID:U56BHcFX0
紬「こんなもの入れられてた梓ちゃんが行っちゃうのもわかるわ」

唯「ま、前は剥けてたもん……」

紬「今は臭くて被ってるじゃない、関係ないわ」

唯「うぅ……」

紬「見た目はかわいいのに……こんな臭いじゃダメね、恥垢もついてるじゃない」

唯「ご、ごめん……」

紬「お仕置きよね」

唯「……はい」
677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:04:15.12 ID:U56BHcFX0
紬「はむ……」

唯「ふあ……」

紬「ふふ、皮被ってたから敏感なのかしら?」ペロペロ

唯「た、たぶん……あっ……」

紬「ホント、ひどいに臭いよ、唯ちゃん」

唯「ご、ごめんなさいぃ……・」

紬「味も最低……」

唯「うぅ……」
678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:09:25.05 ID:U56BHcFX0
紬「こんなもの舐めさせるなんて、唯ちゃんの頭を疑うわ」

唯「む、ムギちゃんが勝手に……」

紬「口応えしない」ギュウゥ

唯「ひぃん!」

紬「こんなもの生やしてるから梓ちゃんも行っちゃったのね……やっぱり噛み切っちゃおうかしら」

唯「や、やめてぇ……」

紬「冗談よ、血は見たくないもの」

唯「む、ムギちゃん……で、出そう!」
679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:11:40.16 ID:U56BHcFX0
紬「ダメ♪」パッ

唯「え……?」

紬「お仕置きっていったでしょ?」

唯「そ、そんな……もうちょっとで……」

紬「先っちょだけいじってあげる」

唯「ふあ!?」

紬「前と違って綺麗な色ね」キュッキュ

唯「む、ムギちゃん!そこだけじゃでないよぉ!」
680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:15:07.29 ID:U56BHcFX0
紬「そうなの?じゃあこっちもいじればいいのかしら」

唯「そ、そこ!竿もいじって!」

紬「不思議ね、おちんぽって」

唯「こ、今度こそ出る!」

紬「だーめ、言ってるでしょ?」

唯「やぁ……ムギちゃぁん!」

紬「結局バカみたいに射精のことだけ考えて、梓ちゃんに償おうなんて考えてなかったんでしょ?」

紬「私が罰を与えてあげる……」
681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:19:17.83 ID:U56BHcFX0
紬「ほら唯ちゃん、出しちゃだめよ?」

唯「も、もうやだぁ!出させて!」

紬「まだまだ、梓ちゃんの気持ちを考えればこのぐらいじゃすまないわ」

唯「ひ、ひぐぅ……!」

紬「ほらまた、勝手に出そうとするんだから……」

唯「だ、だってぇ……」

紬「言い訳しないの、気持ちいいだけいいじゃない」

唯「出せなきゃ辛いのぉ……!」
683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:23:02.25 ID:U56BHcFX0
唯「ふぇ……ムギちゃんお願いだよぉ……」

紬「まったく、本当にだらしないおちんぽだわ……」

唯「も、もう限界……おかしくなっちゃう……」

紬「なっちゃいなさい、ほらほら♪」

唯「ふぐぅ!先っぽだけはやだぁ!」

紬「涙とよだれでぐしょぐしょよ?情けない顔……」

唯「む、ムギちゃんもう許して……」

紬「……まぁいいわ、ほら出しちゃいなさい」
686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:30:33.88 ID:U56BHcFX0
唯「ムギちゃんやってくれないの……?」

紬「当たり前でしょ、出したきゃ自分でやりなさい」

唯「そんな……お願いだようムギちゃん……」

紬「射精させてくれれば誰でもいいのね?最低だわ」

唯「そ、そうじゃないよぉ……」

紬「まぁいいわ、特別に足を使ってあげるから、感謝しなさい」

唯「あ、ありがとうムギちゃん!」

紬「足なんかでそんなに喜んで……本当におちんぽのことしか考えてないのね」
687 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:37:23.36 ID:U56BHcFX0
唯「は、はやく踏んで!」

紬「そんなに踏まれたいの……じゃあ踏んであげるっ」グニィ

唯「あぐぅ!い、いた……!」

紬「前はつぶせなかったから、今度こそ潰してあげる♪」

唯「ひ、あぁ……!痛いよぉ!」

紬「踏んでっていったでしょ?ほらっ」グリィ

唯「あ、あぁ……!」ドプッピュ

紬「……こんなに強く踏んでも出しちゃうのね」
688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 09:39:57.67 ID:U56BHcFX0
唯「ごめんさひぃ……」

紬「……私こそ、悪かったわ、許して?」

唯「ムギちゃん……ううん、ムギちゃんは……」

紬「中途半端だったわね」

唯「へ……?」

紬「もっと徹底的にお仕置きしなきゃ♪」

唯「そ、そんな……」

紬「なにがいいかしら……道具はもってきてないし……」
699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 10:08:01.68 ID:U56BHcFX0
紬「そうだわ、唯ちゃんお尻こっちに向けて?」

唯「た、叩くの……?」ドキドキ

紬「違うわよ……えいっ」ズプ

唯「うひ!?ゆ、指……?」

紬「すぐ気持ちよくなるわよ」ズブズブ

唯「う、うーん……」

紬「どう?」クニクニ

唯「な、中で動かさないで!」
701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 10:20:50.52 ID:U56BHcFX0
紬「ほら、またおちんぽ大きくなってきたわよ?」

唯「な、なんで……」

紬「お尻で感じてるのね?」

唯「そ、そうなのかな……あうっ」

紬「ほら、声上げてるじゃない」

唯「だ、だって……うんっ……!」

紬「女の子なのにお尻だけ非処女だなんて……」

唯「い、言わないでよぉ……」
703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 10:33:09.13 ID:U56BHcFX0
唯「あっ……んん……!」

紬「さ、今度はすぐにイかせてあげるわ」シュッシュ

唯「あう……!お、お尻とおちんぽでイっちゃう……!」

紬「ふふ、おまんこは使わないのね、女の子やめちゃう?」

唯「いや……ふあぁ!」ビュリュルルル

紬「かわいい唯ちゃん……今日はいっぱいかわいがってあげる……」

唯「はぁ……ムギちゃん……うん、いっぱいいじめて……」

紬「いじめるのは得意なの♪」
722 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 11:04:57.03 ID:U56BHcFX0
紬「澪ちゃんの家ではどれくらい出したの?」

唯「うーん、ごみ袋2つ分くらい?」

紬「そう……1日かかるわね、急がないと」

唯「うん……なにするの?」

紬「これを持ってきたの」ゴソゴソ

唯「これは……」

紬「TENGAよ」
725 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 11:08:36.29 ID:U56BHcFX0
唯「て、てんが?どう使うの?」

紬「オナニーよ」

唯「え……やだよ……」

紬「贅沢いわないで、じゃあ私は帰るから頑張って搾ってね」

唯「そ、そんなぁ!」

紬「はぁ……じゃあ見ててあげるから、さっさとして」

唯「……わかったよう」

紬「そこの穴に入れるのよ」
728 :すごく……迷走中です……:2009/07/25(土) 11:15:31.90 ID:U56BHcFX0
唯「ここ、かな……」ヌルン

唯「ふわっ!?す、すごい……!」

紬「これなら緩くなることもないし、いいでしょ?」

唯「う、うん……ちょっと寂しいけど……」

紬「じゃあさっさと出しちゃいましょ」

唯「うん……!」ヌップヌップ
732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 11:21:24.79 ID:U56BHcFX0
そして

唯「ま、また出る!」ビュルルル

バキン

紬「嘘でしょ……射精の勢いでTENGAが……!」

唯「3回ももたなかったよー」

紬「……」

唯「ムギちゃん、どうしよう?」

紬「そ、そうね……次は」
748 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 11:49:28.83 ID:U56BHcFX0
唯「ねぇムギちゃん……私ムギちゃんに入れたいなー」

紬「え?嫌よ、そんなおちんぽで処女奪われるなんて」

唯「むぅ……お願いだよー、あずにゃんの為だと思って!」

紬「……わかったわ、やらせてあげる」

唯「ホント?やったぁ!」

紬「そのかわり、唯ちゃんは動いちゃダメよ?」

唯「え?よくわかんないけど、わかったよ」
750 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 11:56:35.63 ID:U56BHcFX0
紬「じゃあ横になってね」

唯「うん……」

紬「はぁ、まだ前の状態だったらまだしも、こんな汚いおちんぽなんて」

唯「ごめんねー……」

紬「感謝してよね、澪ちゃんや憂ちゃんにもよ?」

唯「してるよー、おかげでここまで小さくなったんだもん!」

紬「もう使わないために使わなきゃいけいなんて皮肉ね……それじゃあ入れるわよ……」

唯「う、うん……」
754 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 12:04:40.34 ID:U56BHcFX0
紬「んっ……」ズプ

唯「ムギちゃん……大丈夫?」

紬「小さくてよかったかな……そこまで痛くない」

唯「小さくてもキツイ……ムギちゃんすごいよー」

紬「これで消えればいいわね……」

唯「今度こそ消えるよ!」

紬「そうだといいけど……じゃあ動くわね」ヌプヌプ

唯「な、中で皮が……!」
755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 12:11:58.27 ID:U56BHcFX0
紬「はっ……唯ちゃん……まだ出ないの……?」

唯「うーん……小さくなってからなかなか出なくなって……」

紬「このままじゃ……私が先にっ……!」

唯「ま、待って!」

紬「も……むりぃ……っ!」ビクビク

唯「ムギちゃん……」

紬「ちょ、ちょっとだけ休ませて……」

唯「……」
759 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 12:22:53.30 ID:U56BHcFX0
唯「ムギちゃん……ごめんね!」

紬「ひぅ!?ちょ、動かないでって……!」

唯「だって……もう少しででそうなんだよー!」ズポズポ

紬「む、無理ぃ……!」

唯「んっ……で、でそう!」

紬「や、うそ……」

唯「むぎゅうううううう!」ドピュルルルル

紬「あっ……唯、ちゃん……」
762 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 12:25:15.43 ID:U56BHcFX0
唯「ごめんね……」

紬「……許しません」

唯「うぅ……」

紬「今度……また、お仕置きです」

唯「うん……」

紬「おちんぽが、消えたあとにね……」

唯「……うん!」

紬「少し、寝ます……」
763 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 12:31:37.76 ID:U56BHcFX0
唯「私も寝よう……お仕置きか~、怖いような楽しみなような……」ゾクゾク

唯「……zzz」


唯「はっ……ん~、おちんぽ消えてるかな……」

唯「あ~、また小さくなってるけど……消えてないや」

唯「ムギちゃん!起きて!」

紬「唯ちゃん……?今何時……」

唯「それよりほら!だいぶちっちゃくなったよ」

紬「ほんとだ……でも消えなかったのね……」
767 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/25(土) 12:35:31.93 ID:U56BHcFX0
唯「もう小学生低学年くらいになったよ」

紬「皮も完全に被っちゃってるわね……」

唯「そうだね……剥こうとしたらちょっと痛い」

紬「無理に剥いたら血が出るかもよ?」

唯「えぇ……怖いよ……」

紬「ふふ、冗談よ……それよりお股が痛い……私今日は帰るわ」

唯「うん、ありがとう!ばいばい!」

唯「あとはりっちゃんかな!見せてないの」