※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/27(月) 00:24:18.59 ID:6DPMg60J0
唯「ムギちゃん、今日のおやつはなに?」

紬「ふふふ、今日はね――」

パカッ

紬「――これよ!」

唯「おぉっ!」

澪「……何だこれは」

梓「ごきぶりっぽいですね……」

紬「失礼ね! ごきぶりじゃないわよ!」

律「それじゃ、これはなんなんだ?」

唯「はいはい! 私知ってるよ!」

澪「言ってみろ」

唯「いなごっていうやつでしょ?」
652:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/27(月) 00:27:14.64 ID:6DPMg60J0
澪「いなご?」

律「確かにそう言われてみれば……」

梓「そう見えなくも無いですね」

唯「でしょでしょ? 合ってるよねムギちゃん?」

紬「え、えぇ……正解よ」

唯「や、やったぁ!」
659:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/27(月) 00:29:45.13 ID:6DPMg60J0
紬(い、言えない……。ほんとはネタでごきぶりを焼いたものでしたなんて言えない……)

唯「それじゃ、早速食べよう!」

梓「そうですね」

澪「早く食べて早く練習しないとな」

律「それじゃみんな――」

紬「ちょ、ちょっと……」

唯梓律澪「いただきます!」
664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/27(月) 00:32:38.33 ID:6DPMg60J0
 結局、私の制止も聞かずにみんな食べてしまった。
 ……のだけれど――
「これおいしいね!」
「そうですね」
「表面が硬いのが気になるが……」
「ムギーおかわりくれー!」
 なぜだかみんなには評判でした。