※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

325 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/31(金) 23:15:10.53 ID:r2FOWV61O
唯「エキセントリック少女ユイ」



痴漢「ぐへへ、パンツ何色?ねぇパンツ何色?」

さわ子「キャー、誰か助けて!」
エーキセントリック エーキセントリック
痴漢「む…このテーマソングは!」

さわ子「まさか…ああ、来てくれたのね!」

唯「とおぉーーーっ!」バキィ!!!

さわ子「あいたっ!?」

唯「落ち着いて、あずにゃん二号…ちょ、まだ早い、まだ早いから」

あずにゃん二号「ニャーン」ガションガション

唯「ああ、いいから!まだ装備出さなくてもいいから!うんうん、充実してるよね!はいやめ!」

痴漢「お前らいつまでやってんねん…て言うか何もんや」

唯「えっ」

痴漢「えっ」

329 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/31(金) 23:23:45.16 ID:r2FOWV61O
唯「私のことを知らないなんて…許さないんだから!あずにゃん二号!」

痴漢「何それこわい」

あずにゃん二号「ニャーン」ポイッ

唯「フフフ、このボールで…って何でボール!?さっきやってた物騒な装備は何だったの!?」

痴漢「もう帰っていい?」

唯「ま、待って!?私には仲間がいるんだから!いでよ、犬ドッグ、鳥バード、エテモンキー!」

澪「ワォー…って待てや!」

紬「ホロッホー!」

律「ウッキー!」

唯「はい澪ちゃん失格!ノリ悪すぎだよ!」

澪「いや待て、そもそもなんだこの格好は?ムギも嬉しそうにするんじゃない!」

紬「ひどいわ澪ちゃん!私精一杯頑張ってたのに!」

律「そうだぞ澪!何だお前は、わがままばかり言いやがって!そんなだから差し歯なんだよ!」

澪「お、お前らもだろ!」

痴漢「…あの、もう帰らせてもらいますね」

333 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/31(金) 23:29:09.89 ID:r2FOWV61O
数分後
カァーカァー
澪「へへ…ま、負けたよ…」ボロッ

律「何言ってんだ、私の負けだよ」ボロッ

紬「もう、みんな負けでいいじゃない。ね」ボロッ

律「はは、そうだな…悪かったな澪」ガシッ

澪「へへ、こっちこそ…ムギもすまねえ」ガシッ

紬「いいのよ…気にしないわ」ガシッ

唯「ええ話や…」ウルッ

律「よーし!みんなあの夕日に向かって走るぞ!」

みんな「おおーーーっ!!!」







さわ子「あれ?私殴られ損?」

335 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/31(金) 23:34:27.21 ID:r2FOWV61O
その夜
唯「ただいまー」

聡「おかえり唯姉」

唯「まだいるの?早く私お母さんと暮らしていなくなればいいのに」

聡「うっさいな、こっちもワケありなんだよ。じゃあホストクラブ行ってくる」

唯「いつまでその仕事やってんだか」

聡「もちろん、ずっと続けるつもりだが?」

唯「もう早く行ってよ、ウザイ」

337 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/31(金) 23:41:08.65 ID:r2FOWV61O
唯「……ふぅ、やっと行ったか」
ピンポーン
唯(この感じ……あずにゃん!また金を借りにきたのね…)

梓「開けてくださーい、今日は味方ですよー」ドンドン

唯「開けたらダメだ…奴はウチに来るときだけは敵…関わってはいけない!」

唯「そうだ、もう寝ちゃおう!すぐいなくなるだろうし!」ガバッ
ピリリリリ
唯「電話!?誰よもう…ってお母さん!?顔も見たくないって言ったじゃない!やめてよ電話するの!じゃ!」プチッ
ドンドン
唯「………寝ようか」
ドンドン

338 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/07/31(金) 23:43:20.78 ID:r2FOWV61O
翌朝
唯「ふぁ~、今日はやる気でないや頑張れ地球」

唯「お腹すいた…謎の小袋80袋食べたいなぁ」