※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

562 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 21:58:00.63 ID:Tpvf3mAn0
【SUMMER★ROCK】


夏のある日。軽音部の5人は練習の合間に唯が買ってきたポッキー(いちご味)を食べていた

「サンキュ!唯」

ぽりぽりと軽快な音を立てて、律が一本食した

「あら、澪ちゃんって面白い食べ方するのね」

「ほんとだ!おもしろ~い」

「べっ、別にどんな食べ方してもいいだろっ」

澪が端から少しずつポリポリ食べているのを見て、みんな笑い出した

(澪先輩・・・可愛い・・・!)

と、梓が心の中で呟いていると、目の前にポッキーが飛び込んできた

563 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 21:59:08.10 ID:Tpvf3mAn0
「ほら、あずにゃんもっ!」

「あ、ありがとうございますっ」

一口かじってみると、いちごの味が口の中一杯に広がった

「お、おいひですぅ」

と、感想を言うと

「あずにゃんはやっぱり可愛いなぁ」

と、梓は唯になでなでしてもらうのであった

564 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:00:10.66 ID:Tpvf3mAn0
軽音部はこの前夏合宿に行ったばかり。まだまだ夏休み真っ盛りである

外ではセミが鳴いているのが聞こえる。風情だが、やっぱり暑い


「あぢ~、、音楽室にはクーラーないのかよ~」

思わず律が文句をもらす

「しょうがないだろ、この学校には職員室にしかクーラー無いんだし」

「ホントに女子高かよっ?!呆れるぜ~」

565 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:00:56.55 ID:Tpvf3mAn0
「わ~!どうしよう!」

突然唯が大声を出したので、みんな驚いてしまった

「ど、どうしたんですか?唯先輩?」

「ポッキーが、溶けちゃったぁ」

どうやら唯はまだ開けていなかったもう一つの袋を開けたらしい

この暑さでは無理もない。無残にも袋の中はドロドロになっていた

567 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:01:52.25 ID:Tpvf3mAn0
「うぇ~ん、これじゃ食べれないよぉ」

「大丈夫よ、唯ちゃん」

「え、ムギちゃん、どうするの?」

不思議そうに唯が見ていると、ムギは袋を裂き始め、近くの上にあった皿の上に広げた

そして、どこから持ってきたのか食パンとバターナイフを取り出した

「ほら、こうやって塗って食べれば、大丈夫!」

「ちょ、ちょっと無理があるんじゃ~」

他の4人の心配をよそにムギはぺロリと食べてしまった

「ごちそうさま」

4人は唖然としたままだった

568 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:02:48.18 ID:Tpvf3mAn0
「そういやさ~この近くにライブハウスあるの知ってるか?」

ムギが食事の後片付けをしているのを横目に見ながら、律が切り出した

「ああ。駅の近くにあるやつか?」

「そそ」

「それなら私知ってます。たまに行ったりしますよ」

梓はよく色々なライブハウスに出入りしているので、その手の話はよく知っていた

571 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:03:50.28 ID:Tpvf3mAn0
「もしかして、夏フェスのことですか?」

「あったりぃ~!梓、よく知ってんじゃん」

「今年は結構参加団体多いみたいですよね」

「だからさ、たまにはうちらも演奏するだけじゃなくて、聴きに行くのもいいかなって思って」

「面白そうだな。それ」

珍しく澪が律の話に乗り気だ

573 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:05:22.61 ID:Tpvf3mAn0
「なつふぇす?なにそれっ!」

「私も初耳です」

どうやら唯とムギは夏フェスについて知らないようだ

「夏フェスってのは夏に全国各地で行われる音楽フェスティバスの愛称ですよ」

「ようするに、音楽のお祭りってわけだ」

澪が分かりやすく言い換えた

「音楽のおまつりかぁ~たのしそーだね!行ってみたい!」

唯もさっそく乗り気になったようだ

「私も生のロックを体感してみたいですわ!こう!ソウルというものを!!」

ムギも違うところで乗り気のようだ

「じゃ、明日の朝9時に駅前に集合に決まりっ!」

なんだかんだいって律が一番張り切っていた

574 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:07:29.46 ID:Tpvf3mAn0
翌日


「やっほ~!みんな~」


「唯、遅いぞぉ!」


他のみんなはもう集まっているようだ

唯はちょっと小走りでみんなのところへ駆けていった

577 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:10:17.96 ID:Tpvf3mAn0
「ごめんごめん。ちょいと寝すぎてしまってごわす」

「唯どん。もしや憂ちゃんに起こしてもうたんでごわすか?」

唯のボケに律が変な日本語で返す

「おいおい、どこの方言だよ」

やれやれ・・・と澪があきれている

「げげ!そのとおりでごわす!どうしてわかったんでごわすか!?」

「唯のすることは、するっとまるっとお見通しだっ!」

「あひゃ~」


律がトリックおなじみのキメ台詞でとどめをさした

580 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:13:02.05 ID:Tpvf3mAn0
「あはは。おもしろいですねっ。トリック、私も見てましたよ」

「もう、二人とも、漫才はそこまでにして、早くいくぞっ」

澪が二人の頭を軽くコツンとたたく

「そうですよ、もう始まっちゃってますよっ」

梓も足踏みをしてせかせかしていた

「じゃ、行くとしますか!SAKURA ROCK FESTIVALに!」

五人はこじんまりとしたライブハウスの中に入っていった

582 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:15:33.73 ID:Tpvf3mAn0
ライブハウスの中に入ると、早くも演奏している音が聞こえた

「うぉ!凄い熱気だ!」

「むんむんだね、りっちゃん!」

二人はすでにノリノリのようだ

奥のほうにステージがあるようで、そこではすでにどこかのバンドが演奏していた

「そういや、思い出すよなぁ、澪」

「んっ?なんだ律」

「中学生のころさ、二人で夏フェスの中継見たじゃん」

「あぁ、そうだったよな」

「やっとこれたぜ!我等が聖地!」

「おいおい、大げさだなぁ」

はははっと澪は苦笑いする。だが律の目はマジだった

586 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:17:48.84 ID:Tpvf3mAn0
「よぉし!明日はあたしたちもここでライブだぁっ!」

「おーっ!」

思わず勢いで澪も掛け声に参加していた

5人全員の掛け声に周りの観客が目を丸くする

「・・・って、恥ずかしいっ・・・」

澪は自分たちのやったことに気付き、顔を赤らめた

「って、手続きとか大丈夫なのか?」

「だいじょ~ぶ!ほら、ココみてみ!」

律が目の前に突き出したSAKURA ROCK FESTIVALのチラシには

『飛び込み大歓迎!』

と書いてあった

589 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:20:35.36 ID:Tpvf3mAn0
「飛込みって。。。ますます恥ずかしいじゃないかっ!」

あわあわと澪が慌てる

「まぁまぁ、モノは試しですから、やってみましょうよ」

梓が目を輝かせている

「ロック!そしてソウルで人を沸かせたいですわ!」

どうやらムギは完全にライブハウスの空気に酔ってしまったようだ

「こういうところでやるのも面白そうだよねっ!やろうよっ、澪ちゃん」

唯がかわいらしい目で澪を見つめてくる

590 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 22:22:05.91 ID:Tpvf3mAn0
(うっ、可愛い・・・)

「文化祭の練習にもなるし、一石二鳥だぞっ!なぁみおっ、やろうぜっ!」

「うぅ、しょうがないなぁ~」

さすがの澪もここまでくるとNOとは言えなかった

明日の参加も決まり、5人はその日の夜まで、心ゆくまで夏フェスを楽しんだのであった


第1部 完


606 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/06(木) 23:41:47.22 ID:wgfxqLOc0
第2部

次の日

「昨日はすごかったねっ!」

昨日と違い、5人はそれぞれの楽器やスティックを持ってきていた

「あぁ、コーフンして寝れなかった!」

唯も律も昨日の興奮がいまだ冷めぬようだった

673 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:17:16.14 ID:sSgiu8T40

唯「ねむいよぉ」

憂「おねぇちゃん、頑張って!」

676 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:20:36.23 ID:sSgiu8T40
「ぎゅいーーーーーーんっ!ずばばばばば~んっ!!!おりゃりゃ~っ!!」

「ムギ・・・何があったんだ・・・」

どうやらムギはさらに加熱したようである

「テクニックとかだけじゃなくて、場の雰囲気の盛り上げ方とか、色々参考になりましたね」

「あぁ、やっぱり経験豊富な人たちは違うよな」

うんうんと頷くようにして梓に澪が答えた

そして昨日の事をふと、思い出していた

677 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:21:41.47 ID:sSgiu8T40
昨夜

(あぁ、律も言ってたけど、確かにここは私たちの聖地だったのかもしれない・・・)

澪は感慨にふけっていた

その時律が後ろから抱き着いてきた

「あわわっ」

「みお~、もっと楽しもうぜ」

「楽しんでるよ」

「いやいや~、周り見てみ?」

そう言われて澪は周りを見回した

跳ねている人もいれば、絶叫している人もいた

678 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:23:07.32 ID:sSgiu8T40
(みんな、自分の思い思いのカタチで音楽を表現してる・・・)

「あそこまでとは言わないけどさ」

律が澪の瞳を見つめた

「もっと音楽、楽しもうよっ!」

気がついたら返事を返していた

「あぁ、そうだなっ!」

そこからは澪も自然に楽しむことができたのだっつた


679 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:24:39.62 ID:sSgiu8T40
(感謝しないとな・・・律に)

「お~い、みお~っ!こっちこっち!」

「あ、あぁ、今行くから!」

どうやら澪の回想中に、みんなもう先に行ってしまっていたようだ

(今日のライブ、絶対成功させてみせるっ!)

澪はそう心の中でで決心した

680 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:25:51.46 ID:sSgiu8T40
昨日と変わらず、ライブハウスは活気に溢れていた

「相変わらず、すごい熱気だなぁ」

「も、もう、早く演奏したいです。がっ、がまんできませんっ!ほっほ~っ!!!」

(ムギ・・・実は素はこんななのか?)

さすがの律も内心、怪しがり始めていた

681 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:27:03.14 ID:sSgiu8T40
「でもりっちゃん、飛び込みってどうやるの?」

「わかんないっ!チラシにも書いてなかったし!」

律はあっけらかんと言い放った

「まぁ、実際、なんでもありですからね」

「え、そうなの?」

「最終日ですから、ここに来ている人たちもなんらかのサプライズを期待してますよ」

そう言って、梓はニッコリと笑った

「さぁ、行きましょう!」

682 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 05:28:56.29 ID:sSgiu8T40
すでに演奏していた団体も、そろそろ終わりそうな雰囲気だ

「じゃぁ、この次に入るぞ。みんな、準備はオッケーか?」


「はいッ!」「ほほい」「っしゃぁッ!!」「ひいッ!」

なぜかムギの周りに青白い炎が見えた・・・・気がした

「がんばりますッ!」

(あ、やっと元に戻った)

683 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 06:04:17.36 ID:sSgiu8T40
前の団体の演奏が終わったようだ。歓声が轟いている

進行をやっている人も5人に気づいていたようで、MCを始めた

「ありがとうございました~・・・おっと!次は飛び入り参加みたいですねっ!!!」

ライブハウスの熱気が一気に上昇する

「こんにちは~っ!!」

5人はどたばたとステージの中央へ走り出した

684 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 06:05:16.88 ID:sSgiu8T40
すでに唯はギターを出してあり、他の4人がセッティングをしている間にMCを始めた

「放課後ティータイムで~すっ!」

わぁ~っと歓声が返ってくる。まずまずの手ごたえだ

「じゃぁ、みなさん、盛り上がっちゃってくださ~いっ!!」

いつにも増して過激な唯のギターソロが始まる

(唯先輩・・・夏合宿から急にうまくなりましたね)

梓が感心している暇もなく、律がドラムをたたき始める

(いいビート感・・・!気持ちいいっ!)

澪も律のドラムにノりはじめていた

686 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 06:06:47.11 ID:sSgiu8T40
すでに唯はギターを出してあり、他の4人がセッティングをしている間にMCを始めた

「放課後ティータイムで~すっ!」

わぁ~っと歓声が返ってくる。まずまずの手ごたえだ

「じゃぁ、みなさん、盛り上がっちゃってくださ~いっ!!」

いつにも増して過激な唯のギターソロが始まる

(唯先輩・・・夏合宿から急にうまくなりましたね)

梓が感心している暇もなく、律がドラムをたたき始める

(いいビート感・・・!気持ちいいっ!)

澪も律のドラムにノりはじめていた

687 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 06:07:46.61 ID:sSgiu8T40
演奏は大成功に終わり、観客にせがまれ、アンコールもやることとなった

5人が終わると、すぐ後にもまだ団体が控えていたので、引き続き夏フェスを楽しんだ

のであった

「いや~今日はホント楽しかった!」

「ロック!!ソウル!!ひゃっほぉいい!!」

(ムギがまた戻ってる・・・)

688 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 06:11:58.37 ID:sSgiu8T40
「今日はホントに楽しかった。みおちゃんがあんなに楽しそうにやってるの始めて見たよ!」

唯にそう言われ、思わず澪は顔を赤らめる

「そっ、そうかなぁ」

「私も、久々に楽しめましたっ!」

梓もとっても嬉しそうだ

(みんな・・・ホントに楽しかったんだな・・・うれしいっ)

澪は胸がカーッと熱くなるのを感じた

「文化祭もがんばろうねっ!」

唯に言われて、ハッとする

「そうだなっ!」

自然と返していた

「私はここにいるみんなが大好きだっ!」

澪はそう心で叫んでいたつもりだが、声に出してしまっていたようだ

みんな笑っていた。だけど、悪い気は全然しなかった

689 :ギー助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/07(金) 06:13:07.64 ID:sSgiu8T40

夏のライブハウスは5人にかけがえない宝物をくれた

音楽の絆という宝物を


Fin

支援ありがとうございました