※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

217 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 18:40:04.85 ID:kzePfTvg0
【けいおんねっとわーく!】

①ログイン

おでこ隊員さんがログインしました

アイスさんがログインしました

たくあんさんがログインしました

あずにゃんさんがログインしました

うさちゃんさんがログインしました


220 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 18:42:41.35 ID:kzePfTvg0
その夜、5人はあるチャットルームに集っていた

「アイスってゆいだよなっ?」
「あちゃ~ばれちった?」
「そう言う律もおでこ隊員とか、最近は自虐がブームなのか?」
「うっさいっ!これはチャームポイントの増長だッ!うさちゃんに言われたくないわッ!」
「あずにゃんはそのまんまなんだね」
「特に思いつかなかったので・・・」

全員、テーブル席に向かって動き始めた

「え・・・私は?」

ムギがつぶやく

「ノーコメントで」
「ひどいですわ!!」


221 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 18:46:23.70 ID:kzePfTvg0
5人のいるチャットルームは音楽室の教室を模した仮想空間である
言いだしっぺは澪で、それに興味を持った4人がここに来たという訳である

「それでは、第1回秘密のネット会議を始める。諸君、よろしいか」

唯が気難しい言葉で発言する

「なんかゾクオクするなぁ」
「エヴァみたいですねっ」
「おいおい・・・ただの炉端会議だろ・・・・」

澪があきれるのを横目に会議は進んでいった
曲はどうするか、次の本番はどこでやるか・・・などなど

「ほい、とりあえずここら辺にあるライブハウスの情報だ」

かわいらしいうさちゃんが、地図を投げてきた
そのまま天井にそれが表示される

「お、あそことかいいじゃん」
「でも、ちょっと高いかもっ」

天井を見ながら5人は話していた


228 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 18:58:07.01 ID:kzePfTvg0
だが、突然、アラームが鳴り始めた

『サーバー障害が発生、全員ログアウトしてください』

「な、なんだなんだ?」
「たまにあるんだよ、こういうの。ほら、早くログアウトしないと戻ってこれなくなるぞ」

5人はすぐにログアウトした

「何か、嫌な予感がしますわ・・・」


232 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:02:17.24 ID:kzePfTvg0
②再びログイン

数分後、再び5人はログインした。警報が解除されたためだ

「ふぅ。それにしても最近は多いな、サーバー障害」
「頻繁にあることなんですか?」

梓が尋ねる

「いや、ちょっと前まではホントにたまにあるかないかぐらいだったんだ」
「サーバー障害ってどうして起きるの?」

唯が無垢な目で澪に問いかける

「ん~・・・使う人が多くなったりとか、サーバーが攻撃を受けたりとか・・・原因は様々だな」
「こ、攻撃っ?もしかして戦争してるのっ?」

画面越しに澪が笑う


234 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:05:28.42 ID:kzePfTvg0
「いやいや、リアルな戦争じゃなくて、たとえばリロードしまくったりとか、ウイルス送ったりとか」
「りろーど?ういるす?」
「・・・と言っても唯には分かるはずもないか」
「ウイルス、戦争なんて…おそろしいうさぎッ!」
「うるさいぞ、でこっぱち」
「ムキー」

おでこ隊員はおでこをピカピカと光らせた

「それにしても、サーバーが落ちると、本当に困りますわ」
「だよな、ムギ」
「先輩方の気持ち、分かりますっ」

おでこ隊員とアイスには何が何だか分からなかった

「で、なんの話をしてるんだ?」
「おでこにはまだ早い話だ」


236 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:08:10.99 ID:kzePfTvg0
うさちゃんにたくあんが耳打ちをする

「うさちゃん、あれ…」
「どうした、たくあん」

どうやら、5人のほかに誰か潜んでいるようだった

「入口近くの物陰に誰か潜んでいるわ…」
「そんなはずない。この場所は私が作った部屋だ。他の奴はパスワードと認証の時点で入ってこれないはずだ」
「…どうやら相手にはそんなもの関係なさそうよ」
「ちっ、…目的はなんだろう?」
「わからないわ…ってあ~っ!!」

物陰に潜んでいた誰かはおでこ隊員に向かって走り出した
…正確にいえば飛んで行ったというのが正しいだろう

「お、おでこ隊員っ!」

アイスがおでこ隊員を押し倒す

「あわわわわわ~っ!」

アイスは弾き飛ばされてしまった


238 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:13:38.41 ID:kzePfTvg0
そのまま、アイスは壁にぶつかり、消えてしまった

「き、消えた…?」

消えた跡には『アイスさんがログアウトしました』と書いてある

「なんなんだ、アイツは。アイスを、アイスを~っ!」
「落ち着けおでこ。今はとりあえず、みんなであいつから逃げたほうがいい」
「そうですわ。とにかく、あのドアの近くまでみんなで走りましょう!」

たくあんが走り出したのを皮切りに、4人は一斉にドアに向かって走り始めた

「な…なんだあれ…!!」

アイスを蹴散らした誰かは、黒いスライムのような形をしていた


239 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:15:29.38 ID:kzePfTvg0
「き、気持ち悪い・・・!」
「やばそうだな・・・よし、みんなであいつに一斉攻撃してから、すぐにログアウトするぞ」
「らじゃ!」

律が返事をしたと同時に黒スライムは4人に向かって、凄いスピードで飛んできた

「せ~のっ!」
「おりゃああああああああああ」

うさちゃんの両手から、ふでペン・ボールペンがミサイルのように飛び出す

ババババッバババ

「ぐぐぅッ!」

見事に黒スライムに命中し、黒スライムはひるんだ

「今だ!ログアウト!」

4人は一斉にログアウトした
はずなのだが・・・

「こ、ここは・・・?」


240 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:17:25.87 ID:kzePfTvg0
③お化け屋敷?

「こんな場所、見たことない・・・」
「不気味なところですわ・・・」

4人はさっきの音楽室とはまるで違う、お化け屋敷のような所へ来ていた

「こ・・・こわいよぉ」
「うさちゃん先輩っ!」

あずにゃんがうさちゃんに駆け寄る

「大丈夫ですよ。ここはチャットなんですから」
「こわいものは、こわい…」

うさちゃんが怖がるのも無理はない。辺りは真っ暗で、一寸先は闇状態だったからだ

「しゃーないなっ、えいっ!」

おでこ隊員はおでこをなでた。たちまち辺りは光に包まれた

「こんなもんだいっ!」
「すごいですわ…」
「ありがとう…おでこ」
「おでこ言うな」


242 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:20:06.26 ID:kzePfTvg0
明りで照らされたそこは、お化け屋敷というより、廃れた遊園地のようだった

「こんなところがあったなんて・・・」

人っ子一人いる様子もない

「そういえば、私、さっきから気になっていたんですけど」
「どうした、たくあん?」
「私たちの元の名前ってなんでしたっけ…?」
「え、たくあんでしょ?」
「あたしはおでこ隊員」
「うさちゃんだぞ」
「あずにゃんです」

4人は顔を見合わせた

「あれ…何かおかしいような…」

243 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:21:57.09 ID:kzePfTvg0
「もしかして、私たちはこのネットワークに取り込まれてしまったのかも…」
「おいおい、私たちはずっと前からここにいたぞ」
「あれ?そう言えば自分の部屋にいたはずなのに」
「私はずっと前からあずにゃんです!」

どうやら、4人はバラバラに記憶を失いつつあった

「お、落ち着いてください!私たちは、確かに自宅のPCでチャットをしていたはずです!」
「…そうだっけ?」
「うさちゃんっ!」
「なんか、おぼろげに…」

(ま、マズイわ…何とかして、あの黒スライムとアイスを見つけ出さないと…)

たくあんは3人の前に立った

「ここに、さっきの黒スライムがいるはずです!そいつをまずは倒しましょう!」

その時、物陰から黒い物体が飛び出してきた


246 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:27:47.33 ID:kzePfTvg0
どうやら、さっきの黒スライムのようだ
だが、それは形を変え、人の形になっていった

「…ここで倒さないとまずそうな感じだな」
「そうみたいですね」

うさちゃんはニンジンを
おでこはスティックを
あずにゃんはニボシを
そして、たくあんはたくあんを構えた


250 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:31:17.77 ID:kzePfTvg0
だが…構えたまま、4人は固まってしまった

「な、なんだこれ…」

人の形に姿を変えたと思った黒スライムは、こんどはどんどん大きくなってゆくのである

「も、もしかしてこれは…」

段々と輪郭がはっきりしてくる中で、あずにゃんは呟いた

「アイス…先輩…?」

だが、大きすぎて顔が見えない
あまりにも大きい、そう、大き過ぎたのだ


253 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:36:44.43 ID:kzePfTvg0
「あ~い~す~」

巨大アイスはうなりながら、ゆっくりと歩き始めた

「やばい!こっちにくる!」

慌てて跳ねたうさちゃんのすぐ横を、巨大アイスの足がかすめる

「くそっ!どうすりゃいいんだ!」
「アイスの弱点で攻撃するんですっ!」
「じゃ、弱点ってなんだよ!」

たくあんは立ち止まった

「それは…光です」
「おい、まさかあたしのおでこを磨きまくれっていうんじゃ…」
「その通りですわ」
「な…なぁ、もうちょっとかっこよくいこーぜー、ムギぃ」

4人は固まった

「あ」


254 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:38:54.35 ID:kzePfTvg0
「も、もしかして記憶が戻りつつあるのか?」
「そうみたいですね…」

あずにゃんは巨大アイスを見上げた

「きっと、唯先輩もあの中に…」
「なら、なおさらやるしかないな!」

すでに、おでこ…じゃなくて律はおでこを磨き始めていた

「おりゃおりゃおりゃおりゃおりゃおりゃおりゃおりゃ」

255 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:41:38.11 ID:kzePfTvg0
「…!光が集まってきてるわ!」
「その調子だ律!頑張るんだ!」
「律先輩っ!頑張ってください!」

律の手はすでに早すぎて見えない

「おりゃりゃりゃりゃりゃ……よぉし、行くぞぉ!」

律はおでこに手を当てた

「たいよーけんっ!」

まばゆい光が、おでこから飛び出した


257 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:46:49.64 ID:kzePfTvg0
「あいすぅううううううううううううううう」

巨大唯はまばゆい光をもろに受け、バランスを崩した

「とけるぅううう」

見る見るうちに唯は小さくなっていった
そして、空間自体が白く白く光り始め、5人は再びまばゆい光に包まれていった…


259 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/18(火) 19:47:30.63 ID:kzePfTvg0
気がつくと、そこはさっきのチャットルームだった

「ほえ?何してたの?わたし」
「アイス食べてたんだよ、腹いっぱいにな」
「やだ~りっちゃん、太っちゃうよ~」
「唯は太らない体質なんだろ」
「あ、そうだった」

音楽室を模したチャットルームからは、笑い声が聞こえ続けていた

Fin