※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

498 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 06:53:51.54 ID:qq08YQ6g0
【いつもの朝】

「朝ごはんできたよーっ!おねーちゃんっ!」

私はいつものようにお姉ちゃんを起こしに行く。もう、何年も続けていることだ

「ほら、おねーちゃんつっ!」

そして、大抵はベッドの数メートル手前まで近づいても起きない
何度見ても可愛い寝顔…じゃなくて、今ははまず起こさないと
私にも学校あるんだし

「ほらっ!おねーちゃんっ!おきてぇ!」
「むにゃむにゃ…あずにゃぁん」

まさかのまさか、お姉ちゃんの口からは梓ちゃんの名前が飛び出した
一体お姉ちゃんは軽音部で梓ちゃんとどんな関係なんだろ…いやいや、早く起こさないと

「もうっ!しょうがないなぁ」

私はお姉ちゃん愛用のギ―太を小型アンプにつないだ

499 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 06:55:18.77 ID:qq08YQ6g0
ちなみに、この小型アンプは、少し前に私とお姉ちゃんのお小遣いをためて買ったものだ

「これで家でもライブできる!ありがとぉ!唯!」
「近所迷惑にならないように気をつけてねっ」
「うんっ!小さめの音でやるからっ!」

お姉ちゃんの満開の笑顔見れて満足だったけど…
さらば私の半年分のお小遣い…そして安眠…
家は一応防音工事はしっかりとしてるから、近所迷惑は無いと思うんだけど
って、回想にふけってる場合じゃないっ!

「えーいっ!」

私はギ―太を構え、ボリュームを半分まで上げて、渾身の力を込めて

「おはよ…うい」

何も弾かなかった

Fin


505 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 07:31:20.88 ID:qq08YQ6g0
【いつもの朝2】

「え…?」

私は目の前の状況に当惑していた
確かに今、お姉ちゃんはむっくりと起き上った
私は何も弾かなかった。そうしたら、お姉ちゃんはまた寝てしまった…

「何だったんだろう、今の」

(お姉ちゃんには、まだまだ隠された秘密があるのかな…)

そう心のなかでつぶやきながら、私はまたギ―太を構えた
こんどこそ…

「えーいっ!」


506 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 07:32:49.72 ID:qq08YQ6g0
「あ、あれっ?」

音が鳴らない。何を弾いても音が鳴らない

「どうしてっ?どうしてっ?」

私は必死になってギターを弾いた。でも、鳴らない

「ならないギターを、ひくんだじぇ~」

ハッとして声のした方を向いた。お姉ちゃんだ。いつの間に…
なんか手には、抜いたコード握ってるし…

「お姉ちゃん、起きてるなら言ってよ~」
「ごめんごめん。ごはんにしよっか?うぃ」
「そうだね、おねーちゃんっ!」

はぁ、やっぱりあの可愛い笑顔には勝てないや…
幸せだなぁ、私

Fin