※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

568 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 16:10:30.63 ID:hOTfj7LY0
【カレーとけいおん】

澪は駅近くのスーパーに来ていた
今日は親が家にいないので、自炊しなければならないのだ

(カレーにでもしよっかな…夏だし)

『とろけるカレー』をカゴに入れ、レジに向かって歩き出した
すると、すぐそばの曲がり角から唯がひょっこりと出てきた

「あ、みおちゃんっ!」
「どうしたんだ唯、こんなところで…」
「ばんごはん買いに来たんだっ!」

嬉しそうに言う唯の後ろには憂の姿が見えた

「あれっ、憂ちゃんもいっしょなんだ」
「あ、澪先輩っ。お姉ちゃんがお世話になってます」

そう言って憂はペコリと頭を下げた


569 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 16:12:58.10 ID:hOTfj7LY0

「いやいや、そんな大げさな・・・」
「ねぇねぇ、澪ちゃん、よかったら家でごはん食べない?」
「えっ?」
「今日カレーにするつもりだからさっ、ねぇ、一緒に食べようよ」
「なんか恐縮なんだが…憂ちゃんはいいの?」
「えぇ、歓迎しますよっ!ぜひいらしてください!」

(相変わらず良い妹さんだ…)

そう思いながら澪は2人に着いて行った

「そうだ!どうせだったら軽音部のみんなも呼ぼうよ!」

結局、夏休みということもあり、唯は他の3人も呼ぼうと言い始め、憂もそれに賛成した

「隠し味に板チョコいれよっ!」
「おねーちゃんっ、それホワイトだよっ!」
「ちょっとマイルドなのいれてみようか」

そう言って澪はブラックを取った


571 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 16:15:14.95 ID:hOTfj7LY0
いきなり沢山の人間が家に来て、大丈夫なものだろうかと澪は思ったが

(楽しそうだし、まぁいっか)

と、気楽に考えてみたのである

「おーい、みんなぁ」

スーパーの前で待っていると

「おいーっす!」
「憂、元気だったぁ?」
「バイトがちょうど終わったんで来てみました」

相変わらずの3人がやっきたので

「じゃ、いこっか」

と、6人は唯の家に向かって歩き始めた


572 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 16:17:23.25 ID:hOTfj7LY0
ほどなくして家に着くと、唯が玄関のカギを開けた

「そういえば唯、お父さんとかお母さんは」
「第20回新婚旅行に出かけてるよっ!」
「…ラブラブなんだな」
「うらやましいですわ」

憂がリビングの電気をつける

「じゃぁ、みなさんはここでくつろいでいてください。カレー作ってきますね」

そこで澪が立ち上がる

「今日はみんなでカレー作らないか?いつもいつも憂ちゃん大変なんだし」
「そうだよ、うい。今日は私たちに任せてちょ~だいっ!」
「おねぇちゃん…」

憂は少し目に涙をためてから

「ありがとう」

とつぶやいた


573 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 16:20:55.18 ID:hOTfj7LY0
「た、玉ねぎ目にしみるぅ…」
「な、夏合宿以来ですなっ、りっちゃん隊員っ!」

二人は大粒の涙をすでに流していた

「カレー作りなんて久しぶりですわ」
「お肉炒めるの楽しいですっ」
「ご飯も炊かなきゃな」

澪は炊飯器をセットした

「みなさんっ、テーブルのほうはもう準備完了しました~っ」

憂はすでに食器もすべて並べ終わっていた

「は…早い!」
「うれしかったんで…テヘ」
「さすがは…ういだぁ…ひぐっ」
「泣かないでっ、おねーちゃん」
「…まだ玉ねぎ目にしみるのか…」

574 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/19(水) 16:23:12.05 ID:hOTfj7LY0
「できた~っ!」

唯が鍋ごとテーブルに持ってきた

「すごいいいニオイが…って、なんか入ってる?」

律が鍋の中を覗き込む

「ちょ、チョコそのまんま?」

鍋の中には黒くて平べったい正方形の塊が浮いていた

「あれ、溶けてないのか」
「…澪が入れたのか?」
「そのままじゃまずかったかな?だめ?」

澪は苦笑した

「いいわけないだろ~っ!!」

澪はカレーをもう一度しっかりと煮込む羽目になったのであった

(でも、なんか幸せだ…)

煮込み直したカレーは、とてもとても美味しかったそうである

Fin