※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

153 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:38:46.63 ID:II/RIJOO0
【懐かしの公園】

「なぁ、澪」

律と澪はいつもの帰り道を歩いていた。

「なんだ、律」
「あれ、見てみてなよ」

律の目線を追うと、そこには公園があった。

「懐かしいなぁ。小さい頃、2人でよく遊んだ公園じゃないか」

澪は公園を見渡した。その目には、幼い時の光景が蘇っていた。

「そうなんだけどさ、これ見てみてみなよ」

律は澪にも分かるように、公園の入り口近くに貼ってあった紙を指差した。
そこには、この公園がマンションになるということが書いてあった。


157 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:43:47.62 ID:II/RIJOO0

「ここ、無くなっちゃうのか…」

澪はぽつりとつぶやいた。

「寂しいよなぁ…」

律もそれに応えるようにつぶやく。

「なぁ、ちょっと中に入ってみないか」
「えっ、いいのか律」
「ちょっとぐらいいいじゃんか。もう無くなっちゃうんだぞ、ここ」

澪は律につられて公園の中に入った。
そこは、幼い頃に遊んだ時と何も変わっていなかった。
2人は近くにあったブランコに腰かけた。


159 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:45:48.55 ID:II/RIJOO0
律はそれとなく澪に話しかけた。

「澪が滑り台滑れなくて泣いてたの、よく覚えてるぞ」

澪は少し照れくさそうに顔を赤らめた。

「しょ、しょうがないだろ、怖かったんだから。律だって、よくブランコから落ちてたじゃんか」
「あれ、そうだっけ」

律は思わず首をかしげる。

「おっちょこちょいなのは昔から変わらないもんな」
「そう言う澪だって」
「はは、お互い様だなっ」

2人はゆるやかにブランコをこいでいた。


164 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:49:00.97 ID:II/RIJOO0
「なんか、思い出が消えちゃうみたいでやだよなぁ」

律は空を仰ぎながらつぶやいた。

「なぁ、律。写真取らないか?」
「えっ?カメラ持ってきてんの?」
「私はいつも持ち歩いてるぞ」

澪は少し得意げな顔をした。

「何かストーカーみたいだな」
「ばかっ。シャッターチャンスを逃したくないだけだっ」

2人はブランコを降りると、滑り台に向かって歩いて行った。


166 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 21:50:54.50 ID:II/RIJOO0
澪がカバンからカメラを取りだした。
2人は肩を組む。
律がカメラを構えた。

「これからも、ずっとずっと、仲良くいられますように」
「なんか、くさいなぁ」
「照れんなよっ、澪」
「うっさい、律。…これからも一緒だぞ」
「分かってるって」

律はシャッターを切った。

Fin