※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

256 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 22:59:28.24 ID:II/RIJOO0
【ゆいういタイム】

「おねぇちゃん…」
「どうしたの?うい」

唯が自室のドアを開くと、そこには憂が枕を抱いて立っていた。
恥ずかしそうに、憂が口を開く。

「一緒に寝たいな…」
「いいよっ!」

即答し、唯は憂の手を取り、ベッドまで誘った。


263 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:04:29.37 ID:II/RIJOO0
「今日、テレビで怖い映画見ちゃったんだ」

2人でベッドに入り込み、唯と向き合いながら憂が話し始めた。

「どんなの?どんなの?」
「呪音っていう、とっても怖い話なの」

憂は怖い感じで喋ったつもりだが、唯は目を輝かせ始めた。

「聞きたいなっ!どんな話なの?」

唯の質問攻めに諦めた憂が話し始める。

「ある呪われた音を聞くと、人がおかしくなっちゃう話なの」


267 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:06:40.68 ID:II/RIJOO0
「どんなふうにおかしくなっちゃうの?」
「それはね…」

憂が唯にキスをする。

「こんな風に、かなっ」

唯は顔を赤らめた。
憂はニッコリと笑う。

「それから?それから?」

唯が再び憂を急かす。


270 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:10:36.32 ID:II/RIJOO0
「その音をたくさん聞いてるとね、その音を欲しがって、探すようになるんだ」

そう言って、憂は何かを探すような仕草をした。

「じゃぁ、音を見つけたらどうするの?」
「見いつけた♪」

突然、憂は唯に抱きついた。

「って、するんだっ」

再び唯は顔を赤らめた。


272 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/22(土) 23:13:27.58 ID:II/RIJOO0
しばらくの間、憂は唯に抱きついていた。
そして、唯が可愛い寝息を立てていることに気付く、

「すやすや…」
「お姉ちゃん…」

憂は唯の頭を軽く撫でた。

「やっぱり、私はお姉ちゃんが一番好きだよ」

間もなく、憂も眠りについた。

Fin