※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

642 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 19:52:07.69 ID:NRdf7GFR0
【LOVE!FASTFOOD】

唯と梓は2人で駅前のファーストフードに来ていた。

「ご注文はお決まりでしょうか?」

店員の声にはっとして、唯が慌てて注文する。

「えっと、チーズバーガーセットで」
「私はてりやきバーガーのセットでお願いします」

注文を終えると、唯が梓に荷物を預ける。

「あずにゃん、先に席取っててもらってもいいかな?」
「いいですよっ」

快諾し、梓は階段を登って行った。


644 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 19:57:20.64 ID:NRdf7GFR0
窓際のテーブル席が空いていたので、そこに梓はちょこんと腰を下ろした。
ほどなく、唯が階段を登ってきた。
梓は唯に手を振る。

「唯先輩っ、ここですぅ!」
「今行くよっ!あずにゃんっ!」

唯は軽い早歩きで梓のテーブルへと急いだ。

「はいっ、てりやきセットだよ」
「ありがとうございます」

唯は2つのおぼんをテーブルの上に置き、座った。


645 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 19:59:29.92 ID:NRdf7GFR0
「ポテト、開けちゃおっか」
「そうですねっ」

唯はポテトの袋を裂くと、テーブルの真ん中に広げた。
梓もそれに従い、ポテトを広げた。
そして、2人は食べ始まった…のだが。

「あっ、唯先輩ずるですぅ!」

唯がポテトを3本ずつ、しかもかなりのペースで食べるのを見て、梓が言った。

「いいじゃん、いいじゃん、もぐもぐ」

唯は梓の言葉に耳を貸さず、どんどん食べる。

646 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 20:02:57.83 ID:NRdf7GFR0
「先輩がその気なら…」

梓は一度に4本ずつポテトを取り始めた。

「むむっ、負けないぞっ」

いつの間にか、2人はポテトを囲んで睨みあっていた。
最後の一本。2人は同時に手を伸ばす。
そして、それぞれポテトの端をつかんだ。

「唯先輩、私が早かったですぅ」
「いやいや。あずにゃん、私の方が早かったからね」

2人はしばらくポテトをつかんだまま見つめあっていた。


648 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 20:06:59.01 ID:NRdf7GFR0
梓から視線を外さず、唯が口を開く。

「なんか、恥ずかしくなってきたね」
「唯先輩の瞳って、きれいですね」
「そうかな?」
「すごく……純粋な色してますぅ」

梓は唯の瞳に吸い込まれそうになった。なんてキレイなんだろう。
この奥には何があるんだろう。そう思った。


649 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 20:10:33.38 ID:NRdf7GFR0
「あずにゃん、顔赤いよ」

唯に言われてはっとした。思わずポテトから手を離しそうになった。

「唯先輩、その手は食いませんよ」
「えへへっ。でも私、あずにゃんの瞳もきれいだと思うよ」
「…恥ずかしいですぅ」
「もっとよく見たいなぁ」

いつの間にか、2人の顔の距離は縮まっていった。

650 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 20:13:01.83 ID:NRdf7GFR0
「あ、唯先輩。UFOが飛んでます」

梓は空いていた手で窓の方を指差した。

「えっ、どこどこっ」
「隙アリ。ですぅ」

唯が窓を向いた瞬間、梓はポテトをするりと取った。

「あっ、ずるいっ、あずにゃんっ」
「油断禁物ですよ、先輩っ」

おいしそうにポテトをもぐもぐと食べながら、梓が自慢げに言った。


651 :ギ―助 ◆CvdBdYFR7. :2009/08/23(日) 20:16:39.69 ID:NRdf7GFR0
「なんだか唯先輩の味がします…」

食べながら、梓はぽつりとつぶやいた。

「あずにゃん、私にもちょうだいっ!」

唯はテーブルから身を乗り出して、梓の肩を掴んだ。
そして、そのまま口を重ねた。

「んッ…」

しばらくして、2人は口を離した。

「ぷはぁっ。あずにゃんの味がしたよ♪」
「おいしかったですか?」
「もちろんっ!」

顔をほのかに赤くした唯が、ニッコリと笑った。

Fin