※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

325 :あとがき :2009/08/17(月) 22:43:26.06 ID:WHe+GH1Q0
 恋はいつだって唐突だ。
 ありきたりなセリフだと思う。使い古された言い回しだと感じる。
 それでも、当時の俺にはぴったりの文言だ。

 昔の話。あるクラスメイトのこと。
 あいつは、いつでも人の先を行っていた。
 まぁその、なんだ。「一を知って十を知る」という諺があるだろう?
 あいつはまさにそれを体現していた。
 基本中の基本を知るだけで、それをありとあらゆることに完璧に応用できちまう。

 まさしく、「神童」。あいつはいつしか周りの人間からそう呼ばれ、畏怖
 されるようになった。
 しかし、当時のあいつはそう呼ばれることを嫌っていた。
 なぜなら――
「私は、できることしかできないから」
 これが、あいつの信条だった。
 この台詞を聞いた時、俺はガンと頭を殴られたような気分になったね。
 越えられない壁、ってのをひしひしと感じたもんだ。

 前置きが長くなっちまったな。まあ、こんな完璧超人がいたわけだ。


333 :あとがき :2009/08/17(月) 22:52:02.15 ID:WHe+GH1Q0
 さあさ、ここまで来て俺がどんな人間か分かっただろ?
 なんとも狂った言い回し。空回りしている表現技法。
 そう。彼女の真逆の人間さ。

 あいつが「完成品」だとしたら、俺は「欠陥品」。
 そんな俺とあいつに、だから接点なんて存在しなかったわけだ。

 そう、あの時までは、な。

 あれは彼女の犯した痛恨のミス。
 ひた隠しにしていた彼女の本性。

 偶然がいくつも重なって、彼女と俺はとある秘密を共有しあう仲に
 なっちまったのさ。




338 :あとがき :2009/08/17(月) 23:02:09.16 ID:WHe+GH1Q0
 いやー、今思い返しても貴重な場面だったね。
 「あんなところ」を目撃されるとは予想もしてなかっただろうに。

 俺の存在に気付いた時の、あいつの凍りついた姿。
 そんな彼女の手に抱えられているのは――

 おっと、語りすぎるのは野暮ってもんだな。
 さて、ようやっと本題。こんなイカれた文体で見てやってもいいってんなら、
 しばしお付き合いを。
 まあ、タイトルは――

 ――よしっ!
「有為天変」
 はじまりはじまり……。


348 :あとがき :2009/08/17(月) 23:24:29.37 ID:WHe+GH1Q0
 ガラス窓から覗ける外の景色。
 校庭では、サッカー部がわっせわっせと走っているし、
 中庭では、なんか男と女が戯れてる。
「うらやまし~」
 乾いた笑いを漏らしながら、俺は昇降口へと向かった。

 外に出て、俺は考える。
 このまま帰っていいのか、ということだ。
(なんか、忘れてるような……)
 んんっと首を捻ること数秒。

「おおっ、そうだ!」
 思い出した。
「今日は校舎の鍵を閉めなきゃいけねえんだった」
 実際に言ってみて、間違いないと確信する。

 この前帰りに、ゲーセンへ行ったのがばれたのである。
 んでその結果が、この罰当番ってわけ。

「んだよ、あの頑固オヤジ。太鼓の達人知らねえのか?」
 ブツブツと文句を言いながら、俺は校舎へととんぼ返り。
 言うことを聞かないと、またネチネチ言われちまうのが手に取るように分かるからだ。
 ほんとだったら、絶対にしたくない。当たり前だ。

 もし、この時。後に起こる出来事を知っていたら、嬉々として向かって行っただろうがな。