※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 03:18:27.45 ID:lH1MP75N0
作品プレビュー

平沢唯・元ギターリスト

唯「みんなひさしぶりだね」

憂「ごめんね…お姉ちゃん…」

唯「新聞見たけど死んだって本当!?」

澪「怖い怖い怖いともだちコワイコワイコワイコワイコワイ」

唯「じゃあ・・この子の父親は・・・」

聡「俺も参加させてくれよ!!いいだろ、姉ちゃん!」

???「久しぶり、懐かしい・・けどあれから随分変わったわね、日本」

唯「この人殺し!卑怯者!その仮面を外して顔を晒してみろ!」

律「私達が人類の救世主!かっこいいじゃん!」

唯「あなたが・・・ともだち・・・・?」


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 05:18:31.97 ID:lH1MP75N0
20世紀少女~

放送部「演劇部、ありがとうございました。

それでは続いての演目は、桜高軽音部の登場

です。それでは、どうぞ」

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 05:29:42.29 ID:lH1MP75N0
唯「どうも~、軽音部です!」

澪「あ…今日は私達の演奏聞きに来てくれて

あ…ありがとう!」ヵァァ…

律(澪顔真っ赤だぜ…へへ…あがってんなあ)

紬「(アイサインで)澪ちゃん、落ち着いて」

澪「!!(アイサインで)す、すまない!」

梓「唯先輩、私があわせてきます、メインどうぞ」
433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 05:35:50.89 ID:lH1MP75N0
唯「いいの、あずにゃん!?」

梓「OKです、唯先輩がボーカルしていく

最中のギターは任せてください!(澪

先輩はあの様子だし、唯先輩はギター

とボーカルの両用は無理…!ならばここは

後輩の私が支えなければ…!まかせてください

唯先輩、フォローはばっちりこなしてみせます…)

435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 05:49:22.35 ID:E9liwNEe0
唯「わかった!私歌うよ!」

律(…どうやら唯がボーカル一拓みてーだな…)

澪(うう…相変わらず人前は苦手だ…

どうしても慣れることはできない…すまない、唯)

紬(でもいいのよ…人にはかならずできることと、

どうしてもできないこととがあるんだから…)

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 12:54:32.99 ID:E9liwNEe0
唯「それじゃいっくよ~

まずはじめの一曲~」

~2020年~

まだ夏の暑さが残ったある日のこと

唯「ん~暑い、暑いよ~」
520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 12:59:21.59 ID:E9liwNEe0
私、平沢唯は暑さから動くこと

ができず、今日も自堕落に

寝転がっていました。

?「おぎゃー、おぎゃー!」

唯「うわわ、起きちゃった」

私はだるさを感じながら、彼女

の元へ急ぐ。

唯「どうしたの、累!」
521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 13:04:09.59 ID:E9liwNEe0
累?「おぎゃー、おぎゃー」

唯「う~ん、もうミルクの時間

かな、自分の子供じゃないし、

よくわからないよ~」
522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 13:13:32.91 ID:E9liwNEe0
累はミルクを飲ませたら

泣き止んだ

唯「よかった~、おとなしくなったよ」

唯は1つの写真立てを眺める。

そこには彼女と、そしてもう一人

彼女によく似た(少し顔立ちは幼い)

2人の少女の姿があった。

唯「どこいっちゃったんだよ~、

早く帰ってきてよ~、憂~」
523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 13:27:44.77 ID:E9liwNEe0
また、彼女は寝転がった。

携帯電話の呼び出し音が鳴り響く。

唯「もお~、今度は何~?」

唯は携帯電話を取る。

唯「はい、もしもし平沢唯です。」

??「!おっ唯か、久しぶり」

唯「誰~?」
524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 13:32:14.94 ID:E9liwNEe0
??「誰っておま・・わかんないのか~!?

悲しいことだ、私はすぐにおまえだと分かった

ってのにさあ~」

唯「だって私名乗ったじゃん!」

??「まあそうなんだけどさ~、

わかってほしかったぜ~わたしとしては」

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 13:38:13.37 ID:E9liwNEe0
唯「ごめ~ん、でもわかんないや」

??「まあその方が唯らしいっちゃらしい

けどな~、でも2年もクラス一緒で、同じ

部活だったろ、私ら」

唯「へ?」


541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 15:34:29.46 ID:E9liwNEe0
部活――――――

懐かしい響きだった。

瞬時に思い返される高校生活。

それはカメラフィルムのように

唯の頭を駆け巡る――――――

唯「ていうか、いまのってさり気なく

私を馬鹿にしたよね。その言葉に私

傷ついたよ、「りっちゃん」!!」

??「何だ唯、お前私のことわかって

たんじゃねーかー!」

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 15:45:06.30 ID:E9liwNEe0
唯「へ?」

唯は今確かに彼女の名前を呼んだ―――

しかし彼女には確信どころか、名前を

言ったことに驚きすらしていた。

唯(私、無意識の内に――――?)

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 16:00:42.69 ID:E9liwNEe0
??=律「さてはおまえ、本当はわかってて

わたしのことためしたな~!?」

唯「え!?う…ああ、えと、ごめんねりっちゃん」

律「やっぱり~」

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 16:04:52.44 ID:E9liwNEe0
律「でもまさか唯に一杯

食わされるとは…意外だ」

唯「もお~、りっちゃんったらあ~

またそうやって私を馬鹿にする~」ぷんぷん

律「へっへ~、ごめんごめん~」

このしゃべり方で、自分のペースに巻き込む。

時折すこし早とちりし、勝手に勘違いしてしまう。

それは確かに高校時代の、彼女の性格を思い出させた。

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 16:12:59.73 ID:E9liwNEe0
でも何だろう?

いきなり電話してくるなんて。

ここしばらくは、連絡とってなかったな。

なんてことを考えながら

唯「そういえば、何で電話してきたの?

私に何か用があったんでしょ?」

律「ああ、そうだった。いけね―いけね―」

律「ところで唯さ―」

唯「何?」

律「お前今月末って予定なんかある?」

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 16:22:49.29 ID:E9liwNEe0
唯「う~ん、何もなかったと思う

けど~~何で?」

律「いやさ実はな、今月終わりに

10年以来の同窓会でもやらないか、

って話があってな~」

唯「同窓会!?」

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 16:45:38.30 ID:E9liwNEe0
律「ああ、そうなんだよ。

それでいま高校時代の連中に

声かけてるとこでな。」

唯「へ~、すごいね。」
573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 16:54:00.73 ID:E9liwNEe0
律「で、どうなんだ?これそうか?」

唯「う~んわかったよ!行くよ!」

律「ん、そっか!じゃ唯参加…と!

ところで唯もさ、電話かけんのに

手伝ってくれないか?」

唯「え?」(う~ん、累のことはあるけど、

さっき泣いたばっかりだし…りっちゃんの

ことも断わっちゃだね…!)

623 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 18:50:32.25 ID:E9liwNEe0
一方、場所が変わり、

とある建物内

ここでは今日セミナーが開かれていた。

モブ1「ええい、あの人は出てこないのか」

モブ2「早くでてきてくれえ」

モブ3「今日もあなたの奇跡が見たい」

幹部「くっまだか……」

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/23(日) 22:21:50.24 ID:JTUpHlp60
唯サイド

唯「うん、いいよ」

唯「それで、誰に電話すればいいの?」

律「んーとな、○○と△△△、@@@や***には

もう連絡とったから…そうだな…唯には×××と¥¥¥

&&に%%%とか…、あと澪にも連絡とってみろよ」

755 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 00:31:42.01 ID:Lw08pEpL0
唯「澪ちゃん?りっちゃん連絡しないの?」

律「ん?ああ、別にわたしから電話しても

いいけどさ、あいつとはこの間また会ったからな

それに澪もお前とはずいぶん会ってないって言ってたし」

761 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 00:52:37.98 ID:Lw08pEpL0
唯「ああそうだっけ、澪ちゃんとは

卒業後に1,2度だけあったきりか~」

律「そうらしいな、澪もお前に少し

会いたがってる様子もあったしな、

電話したら驚くだろうぜ!」

768 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 01:05:32.86 ID:Lw08pEpL0
唯「そっか~、そうだね、じゃあ

澪ちゃんに連絡は任せてよ!」

律「任せたぞ、唯隊員!」

唯「ラジャー、お任せあれ

りっちゃん隊員!」

律「了解!じゃあ唯隊員にはその5人

の捜索・交渉を頼む!わたしはまだ

$$$とか##やムギのところへ

電話かけてみるから!」

唯「!ちょっと待って!りっちゃん隊員」
769 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 01:12:27.63 ID:Lw08pEpL0
律「な、なんだね唯隊員!」

唯「電話するのは今ので全員?」

律「へ?んっと…ああ、そうだけど?」

唯「何いってるのさりっちゃん、それじゃ

一人足りないじゃん!」

律「はあ?何言ってんだよ、んなわけ…

って唯…おまっ、まさか!?」

唯「そのまさかだよ!」

771 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 01:18:57.53 ID:Lw08pEpL0
唯「ひどいよりっちゃん!和ちゃん

のこと仲間外れにするなんて!」

律「いや、待て唯。別に忘れてたとか

そういうわけじゃね…」

唯「じゃあなんで和ちゃんだけ参加

の連絡しないのさ!和ちゃんを除け者

にするなんて、りっちゃんひどすぎるよ!」

律「う…でも唯、あいつはもう何年もずっと…」

唯「やめてよ!それ以上いったらいくらりっちゃん

でも私は怒るよ!」

779 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 02:00:47.28 ID:Lw08pEpL0
律「な、なあ…唯さ…」

唯「もういい!和ちゃん家も入れて

6件に電話翔るね!もう他に用は

ないでしょ!じゃ!」

唯は電話を切る。

唯「ひどいよ…りっちゃん」

787 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 03:05:48.54 ID:Lw08pEpL0
律サイド~

律「おい、ちょっとまてよ、唯!」

律は大声で唯の名を呼ぶ。

しかし、電話から聞こえるのは

ツーツーというすでに切られた音だけだった。

律「ちくしょう!何だってんだ!」

律は壁を殴る。

律「何やってんだ…わたしは…!」

788 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 03:28:59.37 ID:Lw08pEpL0
律「…唯…畜生…生きてるなら

いいんかげん出てきやがれってんだ……和…」

律は名簿を握り締める。その腕筋には

血管が浮かび上がっていた。

~律サイド終わり

791 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 03:51:28.79 ID:Lw08pEpL0
%%%サイド~

%%%「は~い、いまからみんな

で絵を描きましょ~」

園児たち「は~い」

園児1「……」
792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 03:58:38.85 ID:Lw08pEpL0
園児2「え~絵書くのつまんね~」

%%%「そんなことな~いよ、園児2君

はお絵かき嫌い?」

%%%は園児2にぐいっと

顔を引き寄せる。

園児2「っ!(近い近いっ!)好きで・・す・・」

%%%「そう、良かった~」
793 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 04:06:33.76 ID:Lw08pEpL0
%%%「ん~と、じゃあみんなの好きなもの

を絵に描いてみてくださいな」

%%%(これなら園児2君も楽しい気持ちで描ける

よね・・・」

園児3「お~い、園児2」

園児2「な、何だよ」

園児4「お前さっきの好きって

何のことだ~?」

園児2「っ!?はっはぁ!?そ、そんなん

絵描くのにき、決まってんだろー!!」
794 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 04:11:31.17 ID:Lw08pEpL0
園児3「ホントか~?」

園児2「あ、ああ、ホントにきまってんだろーが!」どきどき

園児5「でも俺知ってるんだ~、園児2、

お前%%%先生にホの字だってことさ~」

園児3&園児4(ああ~、やっぱり)

園児2「!!、な、何だってそんなこと・・」

%%%「何の話をしてるの~?」

園児2,3,4,5「!!」
795 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 04:16:18.00 ID:Lw08pEpL0
園児2「あ、ああ、いや・・別にな園児5「いや、園児2が

%%%先生のことが好きかって話」!!」

園児2「てってめー!園児5!」

園児5「うわー逃げろー」

園児2「まちやが・・!?」

%%%「待つのはあなたの方、園児2君」
796 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 04:21:36.43 ID:Lw08pEpL0
%%%「るりがけんかは嫌いだと

いうことは覚えてるよね?」

園児2「は・・はい・」

%%%「じゃあ、けんかはしないのよね?」

園児2「も・・もちろん!約束します!」

%%%「そう、良かった・・。それに

何も怒ることなんてない・・、るりも

園児2君のことは大好きだから・・」
797 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 04:24:54.43 ID:Lw08pEpL0
園児2「!?(か、からかわれてる!?

いや、この人がそういう人じゃないのは

俺もよく知ってる・・、じゃあ…)

せ、先生、それって・・)」

園児1「ふわあ~ん」


798 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 04:31:46.59 ID:Lw08pEpL0
%%%「あら、どうしたの園児1ちゃん?」

園児1「クレヨンがくだけた~」

園児6「ご、ごめんよ~まちがってふんじゃって!」

園児1「え~ん」

%%%「そうなの、じゃあ園児1ちゃん

にこれ!」

%%%(るり?)は園児1にクレヨンを手渡す。

園児1「えっ?貰っていいの!?わーい」

%%%「園児6君・・」

園児6「はい」

%%%「もっと周りには気をつけましょう♪」

園児6「は、はい!」
799 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 04:40:41.78 ID:Lw08pEpL0
園児2(そう、この人は、誰にでも

好かれる、そういう人だ・・・

子供たちと笑い、子供たちと泣き、

俺は、そんなこの人が、たまらなく

大好きだ・・でも、この人にとって

おれはその他大勢の1人・・

ええい、もっと男を磨かねば!」

ふわり、と一陣の風が吹く。

その風に煽られ、先生の腰まで伸びた

髪の毛が舞う。

その先生の胸には高見沢留華

(読み、たかみざわるりか)と記された

名札が付いていた。

%%%=留華(るりか)サイド終わり~

883 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 13:39:31.72 ID:Lw08pEpL0
唯「ん~と、それじゃ電・・」

その時だ。家のベルが鳴った。

唯「わっ!誰か来た!」

私は玄関へと向かっていく。

唯「(誰だろ~)は~い、今出ま~す。」

私は玄関を開けた。

894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 14:19:57.93 ID:Lw08pEpL0
それでは正解発表!

唯は扉を開ける。

するとそこにいたのは――

???「あ、どうも。唯先輩!」

唯「ああ、よく来たね。

どうぞ上がって上がって~」

???「はい、ではお言葉に

あまえて…累の様子はどうです?」
895 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 14:25:13.17 ID:Lw08pEpL0
唯「ん~、特に変わらないよ~」

???「そうですか」

唯「ただ、やっぱり累の傍には

母親がいたほうがいいかなって思う」

???「そうですよね…私の家も

母親一人なんで、やっぱり時折

父親恋しくなる時があるんです・・」

唯「そっか・・」

897 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 14:32:45.92 ID:Lw08pEpL0
彼女は遠くを見上げていた。

その場が少し冷たい感じになる。

???「あっ…、すいません

こんな話しちゃって・・・、

そうだ、累ちゃんの様子見てきて

もいいですか?」

唯「いいよ、そんなの気にして

ないし。ウェルカムだよ!

累もあなたにはきっと

会いたいはずだし。

だから・・さ、面倒みてきて」
898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 14:39:16.69 ID:Lw08pEpL0
唯は彼女の手を握る。

???「(先輩、ありがとう・・)はい、累ちゃんどこ

です?」

唯「ん~、今奥のおもちゃ部屋に

いるよ~」

???「それじゃちょっと見てきますね」

タッタッタッタッタ
899 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 14:45:06.55 ID:Lw08pEpL0
彼女は奥の部屋に辿り着いた。

???「こんにちは累ちゃん。

またお姉ちゃん遊びに来たね」

累「だー、だー」

???「ふふっ、やっぱり

子供はかわいいな~、

これが憂の子か~」

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 14:57:32.62 ID:Lw08pEpL0
???「でもやっぱり先輩は

強い…自分の子じゃない

幼子をこうして面倒見てて…、

わたしも見習おうっと・・」

彼女の中で何らかの決意があった。

906 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 15:06:19.67 ID:Lw08pEpL0
累「う~、う~」

累が何か叫んでいる。

???「何、どうしたの累ちゃん!?」

彼女が累に駆け寄る。

累「あー、あー」

909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 15:14:10.76 ID:Lw08pEpL0
累は一点をみつめていた。

彼女もそれに気づく。

累「あーあー」

累の目線の先は、バスケットボール

がおいてあった。

910 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 15:17:37.48 ID:Lw08pEpL0
???「な、何!?あれが欲しいの?」

累「だーだー」

???「ちょっと待っててね、いま

取ってあげる…」

そう言い、彼女は立ち上がり、

届かないので背伸びしようとする。

と、その時

累「らー、らー」

912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 15:23:32.17 ID:Lw08pEpL0
累は叫ぶ。すると

???「むぐっ!?」

???が倒れてどんっと尻餅ち

をついた

???「痛ったたあ~、何だ、ボール

が転がって落ちてきたのか。

顔に赤く跡になってる~」

彼女は鏡を見て、鼻をさする。

914 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 15:37:04.65 ID:Lw08pEpL0
???「でも何で急にボール

が落ちたんだろう・・・?」

累「らーらー」

その時、累はボールのあった

棚目掛けて手を伸ばしていた。

???「累ちゃん!?まさか今のは

…そんなこと、あるわけないよね…」

累「むーむー」

917 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 15:47:47.21 ID:Lw08pEpL0
彼女はその事を頭から掻き消す

???「いったたた・・よっこいしょっと」

彼女はボールを手にとる。

???「じゃあボールでお姉ちゃんと

遊ぼうかー」

累「やー」
918 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 16:00:01.48 ID:Lw08pEpL0
???はしばらくボールで累

と遊んでいた。

そこに、唯がやってくる。

唯「おまたせ~、お菓子準備

してたら時間掛かっちゃってさ~、

ってどうしたのさ、純ちゃん!

その鼻!」

920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 16:07:27.99 ID:Lw08pEpL0
純「え?ああ、これはさっきそこの

バスケットボールがわたしの顔

に当たってしまって…」

唯「ええ~、それは大変だよ!

ちょっと待ってて、鼻血も出てるし

手当てするよ~」

938 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 18:06:33.91 ID:Lw08pEpL0
唯は隣部屋から救急箱を持ってくる。

純「すいません、お世話になります」

唯「良いよ~別に、気にしないで~」

唯は言いながら、純に近づく。

唯「ちょっとじっとしててね~」

純「は、はい。どうぞ!(ち、近い)」

唯「えいっ!」

唯は純の鼻に絆創膏を貼る。

純「あ、ありがとうございます(よく見てる

とこの人って、結構かわいいとこあるな・・・、

憂の言ってたことが分かる気がする)。」

唯「鼻も任かしてね!」

960 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 19:10:24.99 ID:Lw08pEpL0
唯は純の鼻につめものをする。

唯「もう大丈夫だね!」

純「はい、ありがとうございます(優しい人)」

唯はボールを持ち上げる。

唯「このボール…」

純「?(何だろう)どうしました先輩?」

964 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 19:21:51.47 ID:Lw08pEpL0
唯「純ちゃん、このボール、どうしたの?」

純「ん、ああ、そのボールは

累ちゃんがほしがってたんです。

それで取ろうとして、失敗しちゃって

この顔です」

唯「そっか~えへへ、ごめんね

純ちゃん」

唯は両手を合わせて、頭を下げる

純「構わないですよこのくらい。

それにわたしも累ちゃんのこと好きだし

一緒に遊びたかったから・・」

970 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 19:28:08.01 ID:Lw08pEpL0
純「だからいいんですよ・・

累ちゃんもやっぱり母親

いないとあれだろうから・・

だから代わりでもいいから

わたし・・・・」

唯「純ちゃん!」

唯はじょろじょろ涙を流す。


989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 19:50:34.77 ID:Lw08pEpL0
唯「うう・・ありがとう!

ありがとう純ちゃんんん!!」

純「わ、そんなおおげさな、先輩!」

唯は純の手をぶんぶん振り、上げ下げする。

唯「良かったね~、良かったね、累、憂」
158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 22:22:37.79 ID:Lw08pEpL0
唯「わたしも累の傍にいつでも

いられる訳じゃないし助かるよ~」

純「で、でも先輩、わたしはあくまで

母代わりですよ?」

唯「それでもありがとう~、

憂が帰ってくるそのときまで

あの子に母親と呼べる

ような人物がいることは

きっと幸せにつながるから」

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 22:53:06.09 ID:Lw08pEpL0
純「そうですか・・わたしなり

にもがんばっていきます!」

唯「そのいきだよ!」
172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/24(月) 22:58:33.30 ID:Lw08pEpL0
その話の後、私と先輩は累ちゃん

と3人で遊ぶことにした。

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 03:00:30.17 ID:YG8iN6860
唯はバスケットボールを見つめる。

純「どうなさったんです、先輩?」

唯「ああ~、このボール見てたら

昔のこと思い出してね~」

純「昔?」

唯「うん、このボールはね、

私と憂が2人が使ったボールなんだ」

純「そうなんですか」

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 04:04:11.92 ID:YG8iN6860
唯「思い出すな~、あの時のこと」

唯は回想に入る

~20年前~

唯8歳

憂7歳

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 12:08:05.80 ID:YG8iN6860
クリスマスの日

唯「わ~い、プレゼントだ~!

何かな何かな~?」

憂「あけてみようよお姉ちゃん」

唯「そうだね、さすが憂だ」

唯は憂に擦り寄る。

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 12:19:20.99 ID:YG8iN6860
憂「(お姉ちゃん・・かわいいな・・・)

さ、開けちゃおう」

唯「いっくよ~」

2人の姉妹は箱を開ける。

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 14:15:20.51 ID:YG8iN6860
中を見てみる

唯「わあ、バスケットボールだぁ」

憂「ほんとだ」

唯「ぴかぴかだぁ」

憂「そうだねお姉ちゃん」

唯「(これはバスケットボールだから)

ん~と、名前はケー太でおっけーだね」

憂「お姉ちゃんって何にでも名前つけるのね」

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 16:22:50.08 ID:YG8iN6860
唯「見て見て和ちゃ~ん」

和「何?どうしたのそれ?」

唯「サンタさんから貰えたんだ~」

和「そう、よかったわね」

唯「和ちゃんもあとで遊ばない?」

和「そうね・・、別に今日は

何の予定もないし、いいわよ」

唯「やったー」

媛子「(何を話しているんだろう)」
342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 16:30:33.34 ID:YG8iN6860
わたくしの名前は、桜井 媛子。

読み方は(さくらい ひめこ)

彼の有名な桜井商事の跡取りですわ。

成績優秀、クラスの華であり、

まとめる存在でもあるわ。

もちろん学校の中でわたくし

を知らぬ不届き者などいませんことよ

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 16:41:51.79 ID:YG8iN6860
そして名門校で首位の成績を取り、

エリートコースをまっしぐら

やがては両親の会社を

引継ぎそしてさらなる

発展をとざしていくことでしょう。

まあ、このクラスでのわたくしの

ポジションはその名に恥じぬまさしく

ひめそのものでしょう。

媛子「おーほっほっほっほっほ!」

媛子は高らかに嘲笑う。

クラス一同「(うわぁ・・また笑ってらァ・・・)」

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 16:48:23.96 ID:YG8iN6860
唯「ん?今の声・・」

唯は声の主を見る。

唯「(あ、そうだ)ヒメちゃん!」

媛子「!!?(ひ、平沢唯!)」

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/25(火) 22:33:04.85 ID:YG8iN6860
媛子に近づく唯

媛子「何、なんですの!?」

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/26(水) 01:34:32.18 ID:NsS1HHlC0
唯「ん~とね、媛子ちゃんも

一緒に遊ばない?」

媛子「はあ!?よ、よしてくださいまし、

なぜわたくしがあなたとともに遊ぶなどと

しなければ…」

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/26(水) 01:58:54.47 ID:NsS1HHlC0
唯「え~だめなの

媛子ちゃん?」

媛子「ッ!?(な、何ですの・・

その潤んだ瞳・・、まるでわたくし

が悪いかのような・・・)」

593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/26(水) 02:37:30.57 ID:NsS1HHlC0
媛子「(し・・しかたありませ

んわ、・・ここはあなたたちよりも

はるかに広く大人なこころをもつ

わたくしが折れて差し上げますわ…)
614 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:17:43.44 ID:NsS1HHlC0
唯「媛子ちゃあ~ん」

媛子「まっまあ・・どうしてもと

いうなら考えて差し上げないこと

もないことも無くって…」
134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 01:15:07.03 ID:QobLaVHn0
媛子「(まったく・・なぜこの

わたくしがどぎまぎせねば

なりませんのっ!)」
136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 01:23:32.09 ID:QobLaVHn0
唯「やった~媛子ちゃん

とも遊べる~」

媛子「!!(何ですと!?)他に誰かいらっしゃるの!?」
138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 01:27:40.79 ID:QobLaVHn0
唯「え、、ん~とね、女Aちゃんに女

Bちゃん、あとね~和ちゃん!」

媛子「和!真鍋和ですか!(なら

なおのことこの誘い断わることはできない

……何故なら!)
153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 03:12:58.80 ID:QobLaVHn0
媛子「彼女はこのわたくしを

差し置いてクラス委員長に

抜擢されましてよ!ありえませんわ

、こんなこと!」」
267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 12:39:06.29 ID:QobLaVHn0
媛子「(我がライバル真鍋を

出し抜きわたくしが頂点に

立ち上るチャンスですわね

…これは!)」
730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/28(金) 23:52:04.20 ID:T8IP7CHu0
唯「じゃあまた放課後ねー」

媛子「よ、よろしいですわ」

と、唯にクラスメイトが近付く。